究極の身体(からだ)

いまさらながら高岡英夫氏のことを知りました。

古武術とスポーツ、動物研究から産まれた驚異の身体科学「ゆる」の原点ともいえるのがこちらの書籍。
 ↓
究極の身体 (講談社プラスアルファ文庫)究極の身体 (講談社プラスアルファ文庫)
(2009/08/20)
高岡 英夫

商品詳細を見る

「人間の身体の中には魚が棲んでいる」
「腰椎上部から2本の鞭が生えている」
など、一見奇想天外な、しかしその内容を読み解くと至極正当な理論が次々に展開されます。

体をゆるめて、本来の肉体が持つ驚異的な力を回復させよう。

あえて乱暴に本の趣旨を説明すると、そうなるでしょうか。

著者が東大(院)を出ているから、、、と書くと学歴崇拝と間違われそうで嫌ですが、そんじょそこらのにわか理論とはワケもレベルも違う完成度だと感じました。

まさに「完璧にして前代未聞」という表現が似合います。

高岡英夫氏の著作は数多くありますが、以下の書籍もオススメ。

「ゆるめる」身体学「ゆるめる」身体学
(2010/04/23)
高岡 英夫

商品詳細を見る

決定版 身体意識を鍛える (青春新書PLAYBOOKS)決定版 身体意識を鍛える (青春新書PLAYBOOKS)
(2007/03)
高岡 英夫

商品詳細を見る

本番に強くなる!奇跡の「ゆる呼吸」本番に強くなる!奇跡の「ゆる呼吸」
(2006/08)
高岡 英夫

商品詳細を見る

人間の肉体って、どんだけ完璧で精緻に造られてんだよ!?と驚嘆の連続です。

そして、自分がその完璧で精緻な肉体を持って存在していることへの感謝、そしてその無限の可能性を十分に引き出せていないことへのもどかしさというか、「もっと引き出してすごくなりたい!」という好奇心のようなものまで湧いてきます。

これらの理論と実践(トレーニングメニューの実行など)に、たとえばシータヒーリングなど自分の肉体と超感覚的に対話できる能力を組み合わせると、ものすごく面白そう!!てか面白いですw

P.S
「ちょっと、文字がいっぱいなのは……。ていうか、ようするにどんな運動すればいいのかだけ教えて?理論とかどうでもいいから」

という方は、以下のムックが有効かと。
      ↓
1週間ステップアップ「ゆる体操」1週間ステップアップ「ゆる体操」
(2005/01/27)
高岡 英夫

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト