コーネルメソッド

アメリカのコーネル大学で開発されたノートです。

4905426924373_2.jpg

なんてことはない、普通の大学ノートに「見出し(B キーワード・エリア)」と「まとめ(C サマリー・エリア)」を線引きしてつくっただけなんですが、

便利極上

だと感じます。

(もちろん、既存の普通の大学ノートに自分で1ページずつ線を引いてコーネルメソッドノート化してもいいんですがw)

罫線や方眼、ルーズリーフ版など、いろいろシリーズが出ています。

私が調べた限り、楽天のこのお店で買うのが、送料等を考慮しても、店頭販売・ネット販売ぜんぶ対象にしたなかで一番、安く買えます。
 ↓
B5罫線ノート


B5方眼ノート


B5ルーズリーフ


なにが便利って、

「このページは何についてメモしたノートか」
が一目瞭然だから


なんですね。

ノートって、あとからパラパラめくると、いつどの項目について書いたページがどこかを探すのに手間どる印象があります。

また、こまかく全面にノートをとると、しっかり読み込まないと頭に入ってこなかったり、しかもびっちり細かい字で書いてあるノートって往々にして「しっかり読み込む」気がおきなかったりw

そこへ来てコーネルメソッドでノートを取ると、キーワードエリアのところだけを目で追うだけで、ノートをとった日付や単元名が検索しやすくなりますし、サマリーエリアを一瞬、見るだけでそのページの趣旨がすぐにイメージできるんです。

学校や資格試験の勉強はもとより、セミナーや講演会のメモとしても秀逸だと思いますよ。

文具店では、よほどの大手や先進的な品揃えのところじゃないとまだ売ってないっぽい。
ネットで送料が安いor無料のところで仕入れるのが吉かと。
関連記事
スポンサーサイト