ウラはとれてる?

「憶測でモノを言わない」

って、おそらく会社に勤めたら教わると思うんですね。

マスコミの場合、噂を噂のまま扱って出すというスタイルの女性週刊誌やタブロイド各紙を除いて、

「ウラはとれてる?(=その話が事実だという確実な根拠・データはある?)」

ということに信じられないほどの神経を使います。


「だから何?べつにビジネスマンでもマスコミ関係者でもないからいいじゃん」

と思うかもしれませんが、憶測による嘘の思い込みで動いて損をするのはなにも会社員やマスコミ関係者に限ったことではありません。


先日、

「このあいだ、○○地方でセミナーをやりましたよね?そのとき行けなくて残念でした。次は来年になっちゃうでしょう?だから来年を楽しみにしてます!」

という、励ましのコメントをいただきました。
励ましや、私のセミナーに出たいという意向表明はたしかに嬉しくてありがたかったのですが、

・次回は来年になる(それまで開催されることはない)って、どこの情報源?
・来年には確実に私が再び○○地方でセミナーをやるという確証はどこにある?

という点が疑問でした。

事実、私は来年までその地方で再びセミナーをやらないと決めているわけでも、また確実に来年そこでまたセミナーをやると決めているわけでもなかったからです。

憶測で思いついたことを、いつのまにか事実と混同している。

それによって勝手に期待して、もしそのとおりにならなかったらがっかりするのでしょう。もっと酷い場合、私を恨めしく思うかもしれません(←それこそ、こっちは良い迷惑ですがw)。

すべて、憶測から派生する自分の思い込み・勘違いから始まる一人芝居が原因で、悲劇を演じるハメになる可能性があるというわけです。

勝手な憶測は危険です。

山本リンダも歌ってますよね、「噂を信じちゃいけないよ」って。

聴こえてきた噂が本当かどうか、ウラをとるクセをつけることが重要です。

物理的な行動で調査ができない類いの情報なら、せめて、たとえばチャネリングを使って創造主なりに確認するのがよいでしょう。

(たとえばシータマスターやシータサイエンスを取得しておきながら、デマに惑わされて右往左往してる人を見ると、どんな物好きor修了証だけもらったペテン師or日常生活でシータヒーリングをうまく取り入れて賢く生きるという習慣の習得ができていない人なんだろう、と若干あきれてしまいますがw←あ、創造主とのチャネリングは基礎講座を修了するだけで、基本的には完璧にできるようになります。『まだ基礎しか受けてなくてよくわかりません』というのはただの言い訳に過ぎません←もしくはワークさぼりすぎ)
関連記事
スポンサーサイト