明るい貯金生活

買いました。

明るい貯金生活家計簿2011(日付入り)明るい貯金生活家計簿2011(日付入り)
(2010/10/16)
横山 光昭

商品詳細を見る

ただ単に枠線が引いてあっていきなり「はい、つけなさい」という投げやりな体裁なのが一般的な家計簿だとしたら、これは本の半分以上が、生活のやりくり術や用途別の予算の目安%、貯金を貯めるコツなどについてのマニュアルになっており、マニュアルに従って3ヶ月ごとに1年を区切ってそれぞれ目標を明確にしたうえで家計簿をつけるという、プロジェクト達成型の内容になっています。

もちろん、本に直接、記入できる家計簿としても機能します。

1年ずっと目的もなく家計簿をつけるのって、無理じゃないですか。

だからこそ、細かく期間を区切って、達成目標を設定したうえで、それを目指していく。

そうするほうが、「なぜ家計簿をつけるのか、なぜ貯金をするのか」が明確になって、やる気も出ると思うんですよね。

目標を書く作業が意外と有益で、頭では「よーし、(なんとなく漠然と)がんばるぞー」と思っても、いつまでにいくら、なんのためにどうやって貯めるのか(or出費を抑えるのか)を書こうとすると書けなくて、自分の考えに穴があったことに気づいたり。

そんなこんなで、貯金や節約以外にも、ライフプランを考えるツールの一端としてもとても有益です。

ぜひ今年は、お金のやりくりも無駄を省いてダイエットしましょう!(←一番それが必要なのは私ですがw)
関連記事
スポンサーサイト