2011年のシータヒーリングインストラクター認定セミナー一覧

THInKのこちらのページから確認できます。

日本だけでなく、海外でインストラクターを取得するという手もあるので、それぞれの学びと気づき、タイミングに応じて柔軟にスケジュールを考えてみては。

インストラクター認定コースの受講料金(=THInKの収益)は、たとえば基礎インストラクターで800$、応用インストラクターで600$ですが、そのほかに各国代表(ホスト役)が徴収する手数料があります。
(私が受講したときはホストの手数料が0円だったのでおトクでしたw)

手数料は各国の代表によって異なるので、要チェックですね。
ぶっちゃけた話、日本で受講するより、海外で受講したほうが、旅費を考慮しても安く上がるケースは存在します。
(ただ料金の高い安いだけではなく、日本人参加者の多くと知り合いになりたいとか、日本語通訳がつくかどうか、その国への渡航を安全快適に行えるかどうかなど、様々な点を考慮して決めるべきでしょう)

ご参考までに。
関連記事
スポンサーサイト