国内の移動交通費を安く抑えるコツ

ぜんぜんヒーリングと関係ない話ですが。

シータヒーリングのインストラクターになって以来、これまで訪れたことのなかった地域を訪れる機会に恵まれ(←ていうか自分で行きたくて自分から予定組むことも多いんだけどね←呼んでくださった方もいらしてありがとうございます)、あちこちに行くことが多いのですが、悩みの種は交通費。

日本の国内旅行の交通費の高さは、尋常じゃありませんからw
(韓国の友人から、『なんで日本⇔ソウルを往復する飛行機代は12000円くらいなのに、よりによって日本国内を新幹線で東京⇔大阪往復するだけで2万円以上もするの?理屈が成り立たないよ』と素朴な顔で聞かれて答えられない自分がいましたw)

まあでも現状そうなんだからしゃあないわな。賢く移動せな。

で。

「何いってるの?成功しているヒーラーは交通費のことなんか気にしない。飛行機は最低でもビジネスクラスしか乗らないものでしょう?」

とか言っちゃう系の人はこの場合、除外して。

お安く国内を移動、旅行するコツをちょろっとまとめてみました。
(とはいえ私は旅行の達人というほど詳しくないので、もっとスゲエ技を知ってる人は教えてください。もしくは『バーカバーカ、この程度のテクニックでお安くお得に旅行できたと思ってんのかまだまだだな』とか自己満足的にほくそ笑んでてください)

■飛行機(国内線)

圧倒的に、スカイマークエアラインが安いです。
なかでも、「スカイバーゲン」という価格帯は神!フライトの2ヶ月前から発売になり、安いときは片道2万円近い普通運賃が、5千円くらいまで下がったりします。げに片道15000円(往復で3万円!)の節約!
発売日をあらかじめ調べておいて、発売時刻になったら速攻でネット繋いで予約!が吉でしょう。
スカイバーゲンを逃したとしても、『前割○』(←○には数字が入る)シリーズがあり、普通運賃より段階的に安いです。
詳しくはスカイマークエアライン公式サイトの運賃一覧ページ参照
(子供や障害者の方はさらに安く利用することができます!)

ほか見逃せないのは、株主優待券の活用。
たとえばANAの株主優待券を使うと、普通運賃の50%OFF(半額!)で航空券を購入できます。

「えー、そんなこと言ったって株主じゃないし」

と悲観するなかれ。

オークションで落札すると、そもそも株主優待券そのものを激安で購入できるうえ、それを使って航空券が50%OFFで買えるというウルトラCな購入法を実現できます。

楽天オークションは株主優待券が充実してます。
 ↓


■飛行機(国際線)

国内の話じゃなくて恐縮ですが、格安航空券は「アルキカタ・ドットコム」を使っています。
いわゆる格安航空券サイトというのは、いろんな航空会社の便の情報をネット上でかき集めて表示するわけですが、個人的にはアルキカタ・ドットコムがいちばん検索精度が高い印象。
(ほかの格安航空券サイトで検索して0件ヒットの場合でも、アルキカタ・ドットコムで検索するとシレッと出てきたりする)

ほか、LCC(Low Cost Carrier)と呼ばれる、激安航空会社が続々と日本に参入してきているのをご存知ですか?
X BRAND「LCCの日本本格参入でアジア旅行はこう変わる!」参照

 ・ジェットスター航空

 ・エア・アジア

あたりはまぁ、詳しい人の間では失笑モンの初歩知識なのでしょうが、知らない人もわりといるだろうし、実際安いのでいちおう挙げておきます。

特にエア・アジアは数百円でフライトできてしまったりと超激安なのですが、これまでは日本からの発着便がなく、日本以外のアジア各地のフライトしかなかったので&日本語サイトがなかったので、よほど旅慣れた人でないと利用の敷居が高かったのも確かです。

でも今は羽田発着の便が就航したし、日本語サイトもできたので、わりと予約しやすくなったかも。

あ、ただ激安航空会社は、食事などの機内サービスが一切なかったり、同じ区間でもやたらフライト時間が(なぜか)長かったり、快適さという面ではなにかとアレだったりするので、そのへんは考慮したほうがいいですね。

■電車(新幹線etc)

たいした技ではないですけど、金券ショップを利用します。
いったん金券ショップで券を購入して、あらためてその券を『みどりの窓口』に持って行き、座席を確保した乗車券に引き換えるタイプがおすすめです(←普通運賃で自由席を買うより安く、指定席が買える)。

あとは、ヤフーオークション(カテゴリ『金券』)で“新幹線”と入力して検索すると、わんさと出てきます。めっちゃ安く手に入る可能性が高いです。
(オークションなので取引は自己責任ですが)

移動時間が(のぞみなど停車駅が少ない新幹線に比べて)かかってもいいから安くしたいなら、「ぷらっとこだまエコノミープラン」もおすすめ。
これは乗車券ではなくて「パッケージツアー」扱いになるので、乗る予定の新幹線に乗り遅れたときに全額パァになる(←新幹線の乗車券だと、他の新幹線に自由席で乗れたりと融通がきく)リスクもありますが、金額としては数千円単位で普通運賃より安く新幹線に乗れます。

あと有名どころで言えば、「青春18きっぷ」。これは説明の必要ないでしょう。
今年前半に、「青春18きっぷは今年いっぱいで廃止される」という噂が流れましたけど、デマだと判明しましたねw

■高速バス

夜行バス、という名称のほうが一般的かもしれませんね(意外と昼便も調べるとあるものなんですが)。
業者がたくさんあるので、「高速バス」でGoogle検索して、よさげなところで予約するといいかもしれません。

一度も利用したことがないと戸惑うかもしれませんが、ネット上で予約をどうにか済ませたら、予約確認書みたいなやつを印刷し、指定された集合場所にいくと係員とバスが待っているという算段です。なにげない街角が集合場所になっている場合は、早めに集合場所に行ってもバスもなく「ほんとにここでいいの?」とかなり不安になりますがw

私が利用しているのは、以下の業者です。

 ・高速バスネット

 ・WILLER EXPRESS

WILLER EXPRESSは、新宿住友ビルの1階に立派なオフィス&集合エリアがあり、制服を着たスタッフがとても丁寧に(まるでディ○ニーランドのスタッフ並みに)応対してくれて、電光掲示板でこまかくバスの発着状況が一覧表示されるので、心理的安心感も手伝って贔屓にしています。
飛行機のビジネス~ファーストクラスみたいに、座席がいろいろ選べるのもポイント高い!です。


こんなところかなー。

お役に立てば。
関連記事
スポンサーサイト