ダメージの「補償行為」としてのマニフェストでいいの?

心理学で出てくる概念ですね、補償行為。

私自身、心理学のエキスパートじゃないので厳密な解説をできる立場ではないのですが、「後ろめたさや罪悪感、欠乏感、劣等感といったマイナス・ネガティブな意識を埋め合わせる動機でする行為」と捉えるとズレは少ないと思います。

身近なものだと、緊張したとき(-)に、髪をいじる(+)なんていうのがありますね。
これ、緊張に対する補償行為が、「髪をいじる(ことで得られる安心感)」なんです。

で。

自分のマニフェスト・叶えたい願望/夢、といったものが、「今現在の自分が抱えるマイナスなエネルギー(精神的orエネルギー的な傷、トラウマetc)」の補償行為になっていませんか?というのが、このエントリーの趣旨です。

たとえば「大金持ちになりたい」という願望。

その背景に、

「なぜなら、子供の頃から貧乏でつらい思いをしてきたから。みじめだったから。ずっとそのことを悔やんで、恥じてきたから」

というマイナス要因はありませんか?ってことです。

もしある場合、「大金持ちになりたい」という願望そのものが、貧困による苦しみというマイナスへの「補償行為的マニフェスト」になっているんです。

もちろん、そういう状態で金持ちになることを願うのは勝手なのですが、もし上記のとおり補償行為としての願望になってしまっていると、(本人は無自覚でそのつもりがなくても)

願望の背景にある、「今現在マイナスな状態である」ことをセットで願っている

ことになります。

また、補償行為としての願望には、究極的には、人はメリットを感じていないものなんです。

補償行為として「大金持ちになりたい」と願っている人がいる場合、

「もしあなたが大金持ちになったとして、どんな感じがしますか?」

というと、たぶん「そりゃあ毎日がバラ色で、、、」と嬉しそうな顔をするとは思いますが、こまかく聞いて行くと、「大金持ちではないよりも大金持ちであったほうがいいメリット」が成立していない(何がなんでもどうしても大金持ちでなければいけない理由がない)ことが浮き彫りになるケースが大半ではないでしょうか。

で、メリットを感じてないことを人間は心の底から願うこと自体できないんです。
これじゃ、願望が叶うわけないのも道理だと思いませんか。

ほか、補償行為として代表的な、ありがちな願望を列挙してみましょう。

・有名になりたい、人気者になりたい(≒芸能人になりたいetc)
 ⇒友達がいない、できないという自負&寂しい気持ちの補償行為

・権力を手に入れたい、偉くなりたい
 ⇒他人に相手にされない、蔑ろにされた経験の傷の補償行為

・勉強やスポーツ、芸術で評価されたい
 ⇒能力に対する劣等感の補償行為

ほかにもいろいろあるし、この組み合わせだけじゃない(例:他人に相手にされなかった悔しさの補償行為として勉強で天才だと言われたい場合もある)とは思うのですが、ようするに

自尊心・自己評価・自己価値のイシュー

が解決されずにあると、補償行為を動機として願望を思い描いてしまいがちなんです。

でね。

願望を思い描いたとき、それが補償行為から来ていないかどうかを見ていき、もしそうなっていたら、願望はひとまず置いておいて、その補償行為としての願望をつくりあげたイシューを解消するほうに取り組むのが先決なわけです。

あくまで、願望を思い描くときには、

「いま現在の自分がすでに完全で豊かで満ち足りており、一切の欠乏がない」という前提

であることが重要です。

そう、お金もいますでに何十兆円と持っていてそれを自由自在に使うことができ、どれだけ使ってもなくならず、また鶴の一声で自分が何か言えば世界中のありとあらゆる人間が自分のために尽くしてくれる特権を得ていると仮定するんです。

その状態がいますでに成立しているとして、それでも「やりたい」と思える願望。その願望を叶えることを想像しただけでワクワクして、どんな困難にも立ち向かってアクションを起こして行けると確信できるもの。

それこそ、その人の本来の、この世に生まれてくるときに設定してきた「神聖な計画」に沿った、真の願望といえるでしょう。




なんて言ったところで、まあねー、大半の(というかほとんどの)人は、何らかの傷やマイナスを抱え、それを克服したり改善しようとすることを動機にして頑張るというのが事実かもしれません。

神聖な計画がどうのとか言ってられず、とにかく今の困窮した状態を抜けることにしか頭が回らないという場合もあるでしょう。

だから、すべての人がこのエントリーで述べたとおりのマニフェスト&イシュー解決をすぐに納得してできるか(≒実用的か)と言われればあんまりそうではないのかもなとは思っているのですが、、、。

ポイントは、「イシューの解消」と「願望の確立」は別に捉える、混同しないということです。

ちょっとでもご参考になれば。
関連記事
スポンサーサイト