マッサージや整体+シータで細胞記憶クリアリング

エネルギーワーク一辺倒になって以来、その根本的な有効性を否定するつもりは毛頭ありませんが、

「マッサージや整体といったボディワークは、一時の気休めにすぎない」

と思うようになったフシがありました。

治療用のマッサージはまた別なのかもしれないし、ボディワークがとても有効な症例または体質をお持ちの方にとってはエネルギーワークよりもより効果的に作用するのかもしれませんが、私自身の心身の健康状態は少なくともそうではないという自負があり、特にリラクゼーションを目的とした整体は「気休めに他ならない」という認識に収まっていました。

が。

先日、何をどうやっても全身がどうもだるくて、かといって病気という感じでもなく、単にストレス(多忙w)とかそんなのが体に一時的に来た程度、という状態になりました。

べつに酷い状態になっていくわけでもないだろうけど、どうにも気分が優れない、体がなまっている。エネルギーヒーリングを自分に積極的にかける気も起きない。

あと、なぜか財布のなかに入っているお金を、いますぐスパッと使って流したほうが良いという直観が(←大事!!過去の経験則からいって、この直観を無視すると、思わぬ無駄ふうな出費で結局、金をドカンと使うハメになるので、ケチらず流すことにしています)。

で、なぜかオラクルカードを引いたら(私の場合、iPhoneに入っているアプリ版を使います)、「マッサージを受けろ」と。

迷わず近場の「高井戸温泉 美しの湯」で整体の予約を取りました。

風呂とサウナで汗を流して予約時間になったので揉みほぐし開始。

と!

整体師さんが私の体を揉んだり押したりするたびに、脳裏に、自分でも忘れていた記憶のワンシーンが突如として蘇りはじめました!!

トラウマからはほど遠い、ほんとにどうでもいいけど思い出すと腹が立つ、こっ恥ずかしくなる出来事が、グニグニと背中のあちこちを揉まれるたびに、まるでテレビのチャンネルを変えるように次々に浮かんでくるのです。

「うわ、これ、細胞に溜まってたってこと?そうでなくても、ようするに肉体のどっかにエネルギー的に蓄積されたままで、ようやく浮上してきたってことだよな」

そこで、四の五の言わず、浮かんできた出来事で癒したい、手放して解決したいことを片っ端から光に送ることに終始。
そのまま光に送ろうとしても引っかかって送れないものは瞬時にセルフ掘り下げ。うわ、こんな土台が引っかかってこの記憶に固執してたんや、と体揉まれながら感心しつつ、土台と記憶のネガティブエネルギーをまとめて光へ。

そうやって終えた整体は、かつてないほど爽快で、体のなかの余分なものを残らずバキュームで吸い出しきったように体が軽い!!!

「ボディワークもエネルギーワークも一長一短。でも、両方を上手に組み合わせたら、無敵やんか」

そんなことを思いながら幸せな気持ちで家路に就き、ここしばらく覚えがないほど深く、泥のように眠りましたとさ。
関連記事
スポンサーサイト