みんなやってる、不断の(&普段の)努力

自分の周囲には、驚くほど真剣に真摯にヒーリングに、とりわけシータヒーリングに取り組んでいる方が多く見受けられます。

たとえばプロのミュージシャンであれば、特に仕事や用事がない日でも最低3~4時間は楽器の練習に費やすのがアタリマエなわけですが、それと同じくらいの練習量を日頃から積み重ねている方が大勢いらっしゃいます。

そこまでやる方の大半はさすがにプロであったり、あるいはプロ志望であったりするわけですが、特にヒーリングを仕事にしようと思うわけではなくとも、自分の人生をクリアにするツールとしてよりいっそう使いこなしていきたいと、不断の努力を重ねている方は少なくないんですね。

プロから受けたセッションをすべてノートにとり、どういうときにどういう手法(掘り下げ/リーディング/筋肉反射テストetc)を選択するのがよいかを模索して何度もノートを見直して復習する方、通勤時間などの細切れ時間を有効活用して、その時期ごとの「myイシュー」とでもいうべき“解消すべきタイミングが訪れたイシュー”をコツコツ解消していかれる方、不定期ではあるものの練習会の企画&開催を1年以上も続けているグループ……。

どの方も本当に、頭が下がります。今の私がここまでの“基礎練”をあらためてやれるかと聞かれたら「無理!」と言うしか無いくらいの努力を、皆さんなさっています。

そして、(方向性の軌道修正を見誤ることなく成果が出るほうに正しく努力を続けるとはどういうことかをちゃんとわかったうえで努力を続けている方は)努力すればするほど、見違えるほど素晴らしい方になっていくんですね。人格面でも、ヒーラーとしてのスキルの点でも。

自分自身がシータヒーリングやセラフィムブループリントに関してはインストラクターであるためか、インストラクター同士の交流もどんどん増えてきているのですが、私と交流する機会のある方というのは皆さん本当に真摯に

「ヒーリングを他人に伝えるとはどういうことか」

をテーマに取り組んでおられて、私としても目からウロコがぼろぼろ落ちるような参考意見を拝聴することも多々。

私にセッションを申し込んでくださるクライアントの方のほとんどが、ご自身の魂と向き合い、目をそらさず真実を見ようとする方ばかりなのもありがたい限りです。そのひたむきな姿勢にはこちらが感服させられます。

私個人にとっても、とても励みになります。

私の目に映ってきてくれる、不断の努力を続けておられる方々に感謝感謝です。
関連記事
スポンサーサイト