「私はダメな人間だ」のイシュー解消の顛末

何度も指摘され、自覚もあり、角度を変えつつ徐々にワークしたがずっとつきまとってたイシュー、「私はダメな人だ」が、DNA3インストラクター養成セミナー最終日についに決着を見る。 理由は簡単で、いまある自分のありのままを、持ってる能力に価値を見出さないようにするというものだった。

その土台は無数にあり、取っても取ってもきりがないほどだったが、最終日にようやく、ありのままの自分がすでに完璧で、自分ならではの人生を生きるうえで必要なものや能力はすべて備わってると素直に認めることができた。

たとえば、女性並に細くて綺麗な男子がイケメンとしてもてはやされる風潮のなか、骨太で体格のゴツい自分を否定して嫌悪してきたけど、こんなに骨密度がしっかりして骨細胞や筋肉細胞が活き活きと元気な人間は何万人に1人いるかいないか。すごい恩恵と幸運だと素直に思えた。

そしてアイドルやバレリーナにはこんな体じゃなれっこないと悲観していたが、よく考えたら私は今回、そういう人生を生きるとは宣言も意図もしてないのだった。 つまり、必要なものがあり、余計な能力は持ってたところで無駄なので持ってきてないというだけなのだ。

常に、いまある自分を否定して別の何かを求めて彷徨い、今ある能力を使って本来なら得られる豊かさや成功を手にするのを後回しにしてきたんだ。 例を挙げると外国語。肝心の英語もままならないのに、ある程度上達すると次々に別の外国語に手を出し、結局どれも身につかずにいる。

そんなことするくらいなら、英語だけでも完璧にして、英語圏の人と触れ合うことで得られる豊かさの収穫に回ったほうがなんぼ有意義で楽しく幸せかわからない。 英語圏以外の人と話すときだって、その国の人が外国語としてでもいいから英語を話してくれればどうにでもなるわけで。

それでも、これまではそれこそ「貧しさに耐えてこそ華」だの「飢え死にする人も世の中にはいるのに自分だけ豊かになったら申し訳ない」とか、ブロックを肯定して真実を否定するほうにメリットを感じたから、そうしてこないことをあえて選んできたわけだけどさ。

でも今、見える限りのブロックというブロックはあらかた取ったところで自分について考えたとき、「これでいいんだ、これが一番良かったんだ!」と素直に思えた。 吉原まさるが吉原まさるであることがどれだけ素晴らしい奇跡か納得できたというか。

メーテルリンクの童話、「幸せの青い鳥」が想起される。 青い鳥ははじめから家にいた。 でも、探しにいくという行動なしでその結論には辿り着けなかった。 だから、探しにいくこと自体は無駄足ではなく、必要なプロセスだった。

これになぞらえるなら、私は自分が吉原まさるであることを否定、拒絶するところから旅は始まり、 無理やりの説得されるなどでは納得がいかないから、シータヒーリングを通じて壮大な自分探しの旅に出たわけだ。

で、私は他の誰でもない、他の誰かである必要もない、吉原まさるなのだ、吉原まさるでいいのだと心底納得して家に帰ってきた。 本当の吉原まさるは、家の中どころか最初から最後までずっと一緒にいたのであるw

これは、「自分が本当に、納得して他の誰かみたいになる必要なく自分のままでいいのか検証ツアー」とでも呼べるのかもしれない。

自分探しの旅というと笑われがちかもしれないけど、一生のうちにある時期、とことん自分を探す、、というか、自分がどんな形でいたいのか、どんな形でいればいいと本当に思えるのかを突き詰めてみるのは無駄ではないと思う。

たまたま自分の場合はそのツールがシータヒーリングだっただけの話で、他のツールやテーマに沿ってそれをしても全然良く、一番自分がしっくりくるルートの旅をすればよいのでは。

私の場合、実はTHINKに初めて着いた日に、いきなり答えは示されていた。それがこの詩。 受付の隣に額縁に入れて飾られている詩だ。
 ↓
163777263.jpg

私の名前は、私である。 似たような言い回しは耳にタコができるほどおそらく誰もが聞いているんだろうけど、その実感というか、意味合いがぜんぜん違う、今は。

これは、本で読んで「ああ知ってる」と言う状態、段階の人にはおそらく決して辿り着けない境地なんだと思う。 この圧倒的な納得感、しっくりくる感は、これまで味わったことがついぞ、なかった。

ずっと抱えてた根本的な悩みに終止符を打つという形で、シータヒーリングの旅にいちおうの決着を見た感じ。 とりあえず第一幕はw これからどんな第二幕が始まるのか、楽しみでもあるし、べつに第二幕なんてなくても全然平気。

自分が自分でありさえすれば、自分が自分であることを心底、肯定することができさえすれば、それだけで充分。何一つ足りないものも案ずることもない。この心と体で、自分がありのままで歩みたい人生を送り、無限に豊かでいられる。 Life is GOOD. なるほどね。

世界がこんなに素晴らしく見える日がこの人生で訪れる日が来るなんて全然信じてなかったよ! いま見えてるものをどうにかして伝えたくて、すぐに伝えられる方法がわからなくて、それでも伝わればいいなと思ったとき、やっぱり自分はシータヒーリングをお教えするという手段を取っていくんだな!!

(出典:2010/9/18のツイートより)
関連記事
スポンサーサイト