体はなんでも知っている

体が健康になるシリーズ(?)の続編。

体は、自分にとって望ましい食べ物の種類と量と食べるタイミング、全部知ってるんですね。

カロリー計算とか栄養の配分の考慮とか、極論すると必要ない感じ。

「食べたいものを、食べたいだけ、食べる」

で充分なんだな、と。

ただここで注意点は必要で、体の機能がちゃんとしてるかどうかに依ると思うんです。
たとえば満腹中枢の感度とか、現代医学がまだ解明しきれてない無数の機能もろもろも含めて。

で、人にもよると思うけど、少なくとも標準体型でない人は基本的に、それができてないっぽい。

実際、私は肥満体ですし、これまでずっと、できてなかったってことなんだと思います。

でもねー、体がどんどん健康になるにつれて、自分にも「食事の適量&バランスセンサー」みたいな(もしかしたら標準体型でいることができた小学5年生くらいまでは持ってたけどそれから太りはじめてずっと失ったままだったかもしれない)機能が、回復してきたんです。

自然と、食べたいものがわかるんですよ。
これは、たとえばストレス解消のために暴飲暴食したくなるような変な食欲とはまったく違っていて。
すごく自然に、野菜とかきのことか、もしくは肉とか魚とか、体が「欲している」ものが食べたくなる。

で、食べるとすごくおいしい。

しかも、ある程度の量を食べると徐々に、その食べ物がおいしく感じられなくなってくる。

適量(←それも、『え?こんなに少なくてたりるの?』という量)を過ぎた時点で、口のなかのものをもう飲み込めなくなる感じ(体が飲み込むのを拒否する感じ)で、さっきまであんなに食べたかったものが、もう一口たりとも食べたいと思わなくなる。

それでも(外食時に『残しちゃいけない、もったいない』などと頭で余計なことを考えて)無理に食べると、即座にお腹ギュルギュル。
でもって出すもの出したらケロリ。なんてシンプル!それでいてなんて鮮やかな健康管理!!

そう、この、自然な体の欲求に素直になるだけでいいんです。
それで、太り過ぎているならば自然と痩せていくし、肌も健康になり、体調も良い。
痩せすぎの人だったら、健康的に肉がついていくんじゃないでしょうか。

このセンサーがちゃんとしてる限り、体型が崩れたり不摂生から病気になるなんて、まずもってありえないなと感じました。
そしてもしかしたら、このセンサーは、ストレスを溜めやすく、心身ともにのびのびと生きるのが困難な境遇にいればいるほど、機能を維持するのがカンタンではないのかもしれない、とも。

ここまできてはじめて、「生きるってカンタンなんだ」と思いました。だって、余計なこと考えなくていいんだもん。
自分は長いこと肥満体で、しかもそれを気に病んでどうにかしたいと思ってあれこれやるけどうまくいかず思い悩むスタンスで生きてきたので、食事にせよ運動にせよ、どうすれば痩せるか、もっと太らずにすむかといったことを無意識のうちにものすごく考えてたんだと気づきました。
だから、常に脳が過剰に働いていて、それだけで疲弊してたんですね。そして疲弊する分、よけいに考えがまとまらなくなるというか。
これは食事以外のことについても言えて、些細なことの1つ1つを、過剰に考えすぎて思い悩んでました。
(そのときは気づかなかったけれど、これはかなりの緊張状態でした。臨戦状態、と言っても差し支えないかもしれません。こんな状態じゃ、体は闘いに勝てるようにどんどん肉を溜め込んで生き延びようとするし、交感神経が優位すぎて、代謝をよくする副交感神経がぜんぜん働くヒマがないですね。太り過ぎてたのも道理でした)

端的にいって、生きるのが非常に難しいと感じていました。

でも、そんなことないんだね。カンタンに生きる方法って、あるんだね。

それだけでもなんか得した気分です。

体はなんでも知っているんだ!!!

P.S
この、食欲のセンサーは、ファーストフード店など味付けが異常に濃かったり、人工的?な調味料を使った食事を食べると、すごく鈍る実感があります。

試しに気まぐれで、某大手ハンバーガーチェーン店に行って食べたときは、日本の都会で普段の食事からして「早食い&食べ過ぎ」だったときと同じように、妙な高揚感でモリモリバクバク、すごいカロリー量をものの数分で胃に流し込んでいました。あんな巨大なハンバーガーにチキンナゲット、それに異常なほどの糖分と脂肪分たっぷりのシェイク、山盛りのポテトをそれはもう大食い選手権にでも出場しているかのような勢いで。

不思議と、個人で経営している、食材や調味料にもこだわった手造りのハンバーガーショップで同じようなメニューを頼むと、もう、入らないんです。満腹になってしまって。

ある意味、背筋がゾーッとしました。

あの、ドラッグじみた高揚感と食欲はどこから来るのか、本来なら吐き気がするほど食べてるのに、満腹センサーが鈍って反応しなくなり、それどころかもっと無制限に食べたくて仕方がなくなる原因は、どこにあるんだろう?って。。。
関連記事
スポンサーサイト