THInK潜入レポ

無事にアイダホフォールズに到着し、THInK(ThetaHealing™ Institute of Knowledge)でのセミナー(超感覚的解剖学インストラクター養成1日目)に出席できました。

ここからはTHInKの模様を、画像でお楽しみください。
(セミナー中の写真撮影は禁止なので、すべて休憩時間に撮影しています)

ShowLetter-1.jpg
THInK外観です(いわゆるアメリカ郊外の店舗物件を借りて内装だけ変えた体裁)

ShowLetter-2.jpg
燦然と輝く石碑(≒看板w)!

ShowLetter-3.jpg
建物正面

ShowLetter-9.jpg
エントランスを入ると受付カウンターが。
左右には、魅惑の巨大アメジストクラスター!!

ShowLetter-10.jpg
サプリなんかも売ってます
(でも『いちおう』といった風情で、ほんとにサプリ欲しいなら
 近くにあるヴァイアナさんのお店『Nature's Path』へ行くのがベター)

ShowLetter.jpg
ちなみにセミナー開催日の朝はこんな賑わい
(人の顔は肖像権の関係で画像処理かけてます)

ShowLetter-13.jpg
受付を済ませると、その印にこのバンドを
手首に巻いてもらいます

ShowLetter-12.jpg
セミナー会場はこんな感じ。

ShowLetter-4.jpg
わりと広いです
(人の顔は肖像権の関係で画像処理かけてます)


ShowLetter-17.jpg
ここでヴァイアナさんが講義します

ShowLetter-6.jpg
いつ誰がトリガーされてもいいように(?)ティッシュはてんこもり

ShowLetter-5.jpg
セミナー会場から直通の給湯室では、
水やコーヒー、ハーブティーなどを
自由に飲めます

ShowLetter-11.jpg
壁に飾られた絵や巨大なクリスタルも素敵

ShowLetter-7.jpg
セミナー中は、みんな裸足です
(強制ではなくて、ヴァイアナは『脱いでも良いわよ』と言っているだけなのですが
 みんなその場のノリで脱いでます。というか、
 『セミナー中は裸足になるものよ!』という、どこからともなく聞こえてくる噂で
 気がついたらみんな脱いでるという図式)

ShowLetter-8.jpg
休憩時間にはセミナー会場の周辺の芝生で寝転ぶ人も。

ShowLetter-14.jpg
午後の休憩時間には、THInKから
裏庭におやつが用意されました。

ShowLetter-15.jpg
こんな感じでおやつを食べながら、受講生同士の交流を楽しみます

アイダホの夏は、その時点から3ヶ月前(つまり春)の日本の1日を、2倍くらいに引き延ばしたような気候。
昼近くまで朝方のように涼しくて(というより肌寒くて)、夕方5時を過ぎたあたりで真昼のように熱く太陽が照りつける。
それから、このまま永遠に昼間のままなんじゃないかと思わせるほどずっと空は明るいままで、夜22時近くなった時分にようやく夕焼けが始まる。1時間以上もかけてゆっくり陽は沈み、はっきりと夜だと認識できる頃には日付が変わっている。

30年以上生きてきてはじめて遭遇する気候のなか、もしかしたら一生に一度しか来ないかもしれない『本場シータ漬けの夏』がいよいよ幕を開けました。

P.S
セミナーからの帰り道、同じくセミナーに出席していたアメリカ人の中年と思しき女性から声をかけられ、シータ歴と、どこまでセミナーを受けるのか聞かれました。
シータ歴が1年半で、セミナーはシータサイエンス認定まですべて受けるつもりだと答えると、その女性は表情は平静なままで、でも少しだけ落胆したようなそぶりで
「私はシータ歴は3年になる。でも今回はレインボーチルドレンのティーチャーまで受講したら帰るわ」
と言いました。

そのまますこし黙って歩いて間があいた後で私は、

「To be certificated as a Theta Science is not so important.The most important thing is how we use and teach Theta Healing correctly and effectively,I think.」

と言ってみました。

その女性は(歩いているので)多少、息を切らせながら、「I agree.」と答えました。
関連記事
スポンサーサイト