図解 悪魔学 & 錬金術

本屋でみかけて「プハハッ!変なのー!!」と思ってウケてパラパラと立ち読みしてみたのですが、内容が存外に興味深くて役立ちました。

図解 悪魔学 (F-Files No.027)図解 悪魔学 (F-Files No.027)
(2010/06/25)
草野 巧

商品詳細を見る

自分のところには魔女系・悪魔系の呪縛がかけられたクライアントさんがわりと多くいらっしゃるのですが、私自身は顕在意識では魔女やら悪魔召還やら魔術やらというのがどういうものなのか、知識として知らないのです。

もちろん、シータヒーリングを使えばワークをするのに必要充分な情報は得られるので、その都度、(知識としては知らないことであっても)

「私にはこういうふうに見えています。こう創造主から告げられています」

というスタンスをとっていました。

自分自身がワークしていて、これまで知らなかった魔女や悪魔の実態を知り、

「へー、そういうことするのが魔女ってもんなんだ?」

と感心(?)したりしてw

で、この本を読んだら、「納得!」というか、自分がセッション時に見えたことがそのまままとめてあるのでびっくり。

ヒーラーであれば、特にシータヒーラーであれば、知識として入れておいて損はないかもしれません。

本のタイトルに「図解」とあるとおり、イラストでわかりやすく悪魔憑きとは何かといったことがわかりやすく述べられていて、まるで中学の参考書のようですw

このシリーズの他の巻もみてみたのですが、わりとどれも内容が充実してます。
(ただ、やはりこのエントリーに挙げた本の完成度は抜群だと思います。最新刊だけに編集者がこなれてきているのでしょうか、著者のプレゼン能力が高いゆえでしょうか。どっちにしろ、ありがたい本を執筆してくださったものです)

シータヒーリングのセッションをするうえでは以下に紹介する「錬金術」の巻も役立つと感じました。

図解 錬金術 (F‐Files No.004)図解 錬金術 (F‐Files No.004)
(2006/02/17)
草野 巧

商品詳細を見る


よほどオカルトに興味があって自分から調べてる人でない限り、錬金術の集団や秘密結社の名前と特色、そういう団体がなぜ錬金術と関連するのかといったことは知らないですよね。
私自身、そうなのですが(セッションで創造主に言われてとりあえずその場ではワークして後で調べたら当たっていたというケースが大半)、顕在意識での知識は、(ヒーラーがチャネリングをするうえでその顕在意識に邪魔されない状態を保てるならば)あるにこしたことはないな、と思います。

ご参考までに。
関連記事
スポンサーサイト