アロマキャンドルの『moontree』

オーストラリアのブルーマウンテンズ線(電車のね)にある、Leura(ルーラ)というこぢんまりとした町にあるキャンドル屋さんです。

l__dsc3385.jpg
moontree
※注意:サイトを開くと音楽が流れます

セラフィムブループリントの創始者、ルース・レンドリーが住む町(WentworthFalls)から電車で数駅で、世間的に通用するようにいえば「スリーシスターズで有名なカトゥーンバ駅の隣」という位置関係。

なんていうか、雰囲気がいいんですよねー。ちいさくてすごくお洒落で、洗練されていて。
でもゴージャスすぎず落ち着ける感じ。

フレグランスキャンドルの香りも、人工的な感じがせずすごく心地よいです。
サイズや形のデザインもいろいろあるので、自分のスタイルに合わせたものが買えます。
値段もリーズナブルで、ルービックキューブ(懐かしい!)くらいの大きさの四角いキャンドルであれば300円程度から。
キャンドルを使うための器やお皿などのグッズも充実してます。
どれもスタイリッシュで素敵なものばかり!!

私は先月、訪れたときに大人買いしちゃいました^^

頼めば海外発送もしてくれるそうです。

大手チェーンじゃなくて小さなお店でやってる、というところも個人的にはお気に入り。
(こういうキャンドルショップを経営できたら素敵だろうなぁ、なんて夢みてしまうほどです)

「外国の田舎町でふらっと入った土産物屋だろ?なんでそこまで?」
というツッコミを入れようと思えばいくらでも入れられるはずなのに、どういうわけか愛着があるというか、ほんとにその「佇まい」みたいなものに“胸キュン”してしまったのでご紹介した次第です。

似たような「いわゆるお洒落っぽいこの手の雑貨屋」ならいくらでもありそうなもんなのに、そういうのにはほとんど反応しないんですよね。でもこのお店、とにかく「良い波動」とでもいうんでしょうか(←こういう表現って、浅はかなスピっ子みたいで好きじゃないんですが)、うまく表現できない魅力を持ったお店なんです。

万が一(←って決めつけんなよ)、ブルーマウンテンズを訪れることがあったら立ち寄ってみてくださいね。
関連記事
スポンサーサイト