Lucifer's Debug、密かに伝授開始

整備しつつも、

「ルシファーの呪いを解く専門のワークなんて、エクソシストみたいで時代遅れかも。誰にも必要とされないんじゃ?」

と冷めた目で見ていたLucifer's Debug(ルシファーズ デバッグ)ですが、部分的に、教えても大丈夫な人にそれぞれお伝えさせていただいてます。

と、意外(?)にも好評でびっくり。

特に、堕落したスピリットを「そのスピリット自身の意向で」光に還ってもらうメソッドや、ルシファーの想念ウィルス(による信念の呪縛)のワクチン接種は想像以上の効果を発揮してくれることが実証できて、個人的にも驚いています。

ただ、単にセミナーでテキストを配布して講義をするだけでは、受講生にとっては雲を掴むような話で、実際にルシファーが見せるまやかしを霊視したときに、それがどんなエネルギーなのか&どこをどう見破ってワークしていくか、自分自身がルシファーのまやかしに囚われかけたときにどう気づくか&どう対処するかは、「実習」じゃないとわかんないかも、という実感があります。

まさかダミーの堕落したスピリットを呼び込む亜空間を用意するのもアレだし(←ミイラ取りがミイラになりかねない)、とにかくセッション中に、「そういう状態」がクライアントのなかで成立してたときに実践で掴むしかないんですよね。
(外科医が、実際に患者が病気になって手術したときだけ実践を積めるのと似てますね)

あと、数学的なセンスというか、理系の要素がある人でないと理解が難しい箇所もありまして……。

でも一部の人たちからは、

「私が本当に欲していたのはこれ!是非とも教えてください!!」

と言われているので、あまり表沙汰にはしないで、内密にお伝えしていこうかと思っています。

お楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト