リラクソマート(Relaxomat)を使ってみた

シータヒーリングの実践会で、こちらの装置を使いました。

IMG_2729.jpg
リラクソマートの商品説明&購入はこちらからできます

指先の発汗量から心理状態(緊張してるかリラックスしてるか)を光(1~8までのどの数値か)と音で知らせてくれます。

これは、ジャンルでいうと「GSR(皮膚抵抗)バイオフィードバック」と呼ばれ、自律神経失調症の人のトレーニング(自分の意志で、平静でない状態から自分自身を落ち着かせる能力を培う)に主に使われます。

実際に使ってみての感想は、

ああ、俺ってある程度以上、
自律神経をコントロールできるんだ!?


でした。

たしかに、雑念を振り払って瞑想すると、興奮状態にあったバロメーターがみるみる平静状態へ変わっていくんですよね。

私は実は、瞑想を習慣づけることの意義がいまひとつわからなかったのですが、こういう機械で瞑想の効能を目に見える形で示されると、
「ああ、瞑想って、少なくとも自律神経のコントロール能力向上のために役立つんだな」
というふうに思えます。

実践会でペアワークを終えたあとにやってみると、ペアワーク中はずっとシータ波状態になって平静を保つためか、ペアワーク前にやったときよりも格段に深いリラックス状態になっていることがこの機械でわかって、またひとつ発見となりました。
ペアワークというか、シータ波状態になる(少なくとも、なろうとする)ことそのものが、心身の緊張をほぐすということですもんね。

ご参考までに。
関連記事
スポンサーサイト