英霊たちとの交信

いわゆる英霊の類い(≒古今東西に生きた人間たちが成仏したりした姿。シータヒーリングでいう第4層らへんにいるエンティティたち)と交信するという霊媒師からメッセージをもらう。
というか、自分からお願いしたわけじゃないんだけど、なんか勝手にあれこれ呼び出して言ってくれた形。

どうやら英霊たちから見ると私は、その霊的特性を活かして日本古来からの入り組んだ封印や結界、それらエネルギーの乱れや磁場のゆがみ等々を正して光をもたらすのに適した人材なのだそうだ。
そして日本を正すことで世界を闇から救い、混沌を終結させて云々(以下略)。

そのためには不断の努力と鍛錬で人間性を高めて徳を積み、人望を集めて仲間を募り……と、なんだか途方もない体力と精神力その他もろもろが必要らしく。
もしなんなら何度でも転生して目的を達成するまでやりきるべきだのなんだのと。

そのメッセージを伝えてくれた霊媒師の人は、交信を終えると上気して
「すごいじゃないですか!ここまで英霊たちに期待されている人も珍しいですよ。是非ともこの期待に応えるべきです!」
と鼻息荒くまくしたてる。

それを聞いて「へぇ~」と相槌を打って苦笑いしながら、
「付き合いきれねえや」
と思ったw
関連記事
スポンサーサイト