おすすめペットシッター“ストローラーカンパニーの藤村さん”

「しょっちゅう海外とか地方に行ってるみたいだけど、その間ペットはどうしてるの?」

と、よく聞かれますので書いておこうっと。

私は留守中、

ストローラーカンパニー

の藤村さんに、飼っている動物の世話をお願いしています。

藤村さんは非常にきめ細やかに動物の世話をしてくださる方で、契約の際には事前に動物を世話する場所(私の場合、私の自宅)に来てくださり、実際の家の構造や飼っているペット、ケージや餌など世話するのに必要な状況をきちんと見てくださいます。

世話する期間と世話内容を詳しくリストアップしたうえで見積書を作成してくださり、私が合意したら家の鍵をお預けして契約書にサインして契約締結。

留守中はお預けした鍵を使って藤村さんが自宅にお越しになり、世話をしてくれます。
料金は1日あたり3000円前後(動物の種類や匹数により異なる)と、ペットホテルに預けるよりはるかにリーズナブル。

このとき、郵便受けに溜まった郵便物の取り込みや植木の水やり、部屋や動物のケージの掃除といった軽作業も併せて行ってくれます(軽作業のお願いに関する追加料金はありません!←良心的!!)。

さらに、世話をしたときのレポートを、ペットの画像つきでメールで逐一、報告してくれます。
(レポートには、簡潔ながら動物の食欲や排泄物の様子、前回来たときから変わった点など、飼い主が留守中に心配する事柄に答える内容が的確に含まれています)

契約期間が終わって飼い主が自宅に戻って来た後で、再度、藤村さんが世話場所にお越しになり、鍵を返却してくださいます。このとき、料金をお支払いして晴れて契約満了、と。

そんなわけで私は旅行や出張で家を空けるたびに、藤村さんを信頼していつもお願いしているというわけ。

藤村さんが世話をしてくださるのは東京都練馬区とその近隣の区内のみなので、この記事を読んで
「あー、お願いしたい」
と思っても地理的に無理な方もいるかもしれませんが、藤村さんに限らず、「留守中はペットシッターを頼む」という選択肢があるんだということを知っていただけたら本望です。

P.S
よく、「貧乏なので」「まだ学生なので」「たった2泊だし」など、なんでもいいから理由をつけてペットシッターを頼むことなくホテルにも預けず、多めに水と餌をやって動物を放置して家を空ける飼い主がいるみたいですが、一言、

どうかと思う

とだけ、私の動物との触れ合い・飼育についてのスタンスを表明しておくことにします。
(地味~に私、愛玩動物飼養管理士2級というマイナーな資格を持っているのです)
関連記事
スポンサーサイト