「(本来は自分と関係ない)集合意識の身代わりになる」からの脱却

これはねー、私自身、まだ完全には解消できていない課題ですわ。

前々からそのケはあったのですが、DNA3でのペアワークでモロ、目の前に突き出される形となりました。

「(本来は自分と関係ない)集合意識の身代わりになる」

というものです。

ペアワーク中は、私が一身に受けているというサイキックアタックについて相手の方がワークしてくださったのですが、それがなんと
「いわゆるシータヒーリングというもの、に対するサイキックアタック」
でした。

いくら私がシータヒーリングのプラクティショナー&インストラクターとして活動しているからといって、世の中全体からの、「いわゆるシータヒーリングというもの」に対するネガティブな想念を一手に引き受けるいわれは、どこにもないわけです。

なのに、(誰にも頼まれてないのに自分から勝手に)身代わりになって、背負ってしまう。

ムムムムム……。こういう「なんちゃって正義の味方気取り」な要素、子供の頃からあるんだよなぁ。変わってないってことか。げに三つ子の魂百まで。

細かく探ってもらうと、

「自分自身にはそもそもカルマというものがなく、ある意味『背負っているものがなくてヒマ』なので&尽くしんぼうでお人好しなので、『じゃあ他の人の苦しみを代わりに背負ってあげようか、そうすればみんな楽になれるんでしょう?ほかにやることもないのにこの世に居続けるのも退屈だし』と、積極的に周囲の苦しみの身代わりを買って出たがる」

という思考パターンに到達。

ここでも、自分が昔、天使だったことに起因する思考パターン発現かよ!!と、我ながら呆れる気持ちになります。

嗚呼、そんな面倒なこと、引き受けないにこしたことないのに……。
(と、思う傍らで、『でもそれってすげえエキサイティングで充実してて、しかも俺にしかできないことじゃん?楽しいでしょー?そういうことしてるのって』と思う自分がいるのも事実でして……w)

うーん、まいっちんぐ。

誰かこのブロック、解消してくれませんかねぇ。。。
関連記事
スポンサーサイト