非スピリチュアル人生=修行?

「非スピリチュアル」というのもぞんざいな区分だとは思うのですがw

でもねー、多いんですよねー。

世間でいう“いわゆるスピリチュアル”なことをしていない人を、「非スピリチュアル人間」として、霊的に目覚めていない哀れな人たち、と見下すパラダイムを持ってる人。

もしくは、見下すつもりはさらさらないものの、

「いわゆるスピリチュアルなことをしている人=浄化→解脱、幸せになれる
 いわゆるスピリチュアルなことをしてない人=修行→苦しみのなかでもがく」

という二元論に陥ってる人。

「へぇ、アンタは『幸せになるために』スピリチュアルなことをしてクリアリングをしているのかい」
と、ツッコミたくなります。
裏を返せば、
「クリアリング(と、いわゆるスピリチュアルな領域では言われること)をしないと幸せになれないと思ってるのかい」
というのが私の主張です。

クリアリングをしたらした分だけ、より幸せになれる。

……これって、まるっきり「修行」のパラダイムでしょう。しかも、クリアリングをする動機が、「そうしないと幸せになれないから。不幸で苦しいままだから。より悲惨な人生になっていくかもしれないから」という“恐れ(怖れ)”に基づいてしまっている。

そんなパラダイムに基づくクリアリングなら、いっそやめちまいな!と言いたいです。
(もちろん、本人がどうしてもやりたいというなら好きなだけやればいいとは思うんですが、そういう人とはお友達になりたくないというのが私の本音です……。)

クリアリングってのはさぁ、本人が自由意思で好きでやりたかったら、やればいいわけであって。
やらないのが悪いとか、やらないと霊的に目覚められないとか、霊性が低いままだとか、一生苦しい不幸な人生を送るとか、真実に気づくことができず地面を這いつくばる哀れな存在のままだとか、そんなのただの偏見でしょうよ。
(むしろ、この世でわざわざスピリチュアルなことに手を染める必要がないほど霊性が高い人たちだったりするんだぜ?)

このエントリーを読む方がヒーラーであれば、上記のことがご自分にあてはまっていないかどうか、あてはまっている場合には自分でそのパラダイムを良しとして持ち続けるかどうかを考えていただければ光栄です。
(まぁ、このブログを読みにくる人は該当しない確率が高いんだけどねw
 まさにドンピシャリの人ほど、このエントリーにはアクセスしないような気が。
     &
 『もしかして私のことかなぁ』と自省する人は大丈夫だったりして、
 『あー、そういう人、いるいるー。私には関係ないけど』と思う人ほど(以下略))
あ、持ち続けていたいと心から思える方ならどうぞ持ち続けてくださればと思います。

そして、ヒーリングをクライアントとして受ける方でこのエントリーを読んだ方に申し上げたいのは、
「(ヒーリングを受けないと酷いことが起きる、自分が不幸になるんじゃないかという)恐怖を動機にヒーリングを受けないでほしい」
ということです。

ちまたでは2012年に世界が滅亡するとか、魂のステージが高い人だけが生き残るとか、さんざんなデタラメが横行してるみたいですが、そんなことまったくありませんのでご安心を。

でもって、スピリチュアルなことをしていないことが霊性の低い証だなんてこともまったくありません。
というか、せっかくこの世に肉体を持って生きるという「珍しい状態」にいるのに、「この世を離れればいつでも戻れる霊の世界、真実の愛に満ちたスピリチュアルなもの」をことさらに追い求めるというのも、ある意味では滑稽なものです。

ただ、スピリチュアルなことを「やってはいけない、やるべきではない」とも言っていません。
自由意思でやりたければやればいいじゃない、ということです。

ただそれだけなんですけれども。
とってもシンプルだと思ってはいるんですが。

なんだかそれをものすご~く難しくしてしまっている人、難しく“したい”人が多いんだなァ、不思議~。
という、あくまで個人の感想として綴ってみました。
関連記事
スポンサーサイト