「海+運動」の超・浄化力

ようするにダイビングネタなんですが。

ただでさえ美しい景色や海底の地形、魚やサンゴなどの無脊椎動物の饗宴に身をゆだねるだけでも快適なのに、海そのものの浄化力と運動による浄化力がそこに加わるともう、無敵もいいところ。

ダイビング中、ふと、自分でもずっと忘れていた嫌な出来事・トラウマが浮上してきて瞬間的に激怒することがあります。
海と運動の浄化力で、かなり深いところに溜まっていたネガティブエネルギーが浮上して、体から抜け出していくんですね。
そのときにそのエネルギーの記憶が脳に影響して、一時的にそういう心理状態になってしまうのだと思います。

だからそういうときは、
「あー、もういいよ。そういうことあったね。ぜーんぶ水に流すから。じゃ、そういうことで」
と、一切の理屈をこねずに手放して許します。

たった1本(←ダイビングでは潜る回数を『本数』でカウントします)、潜るだけでもそういう瞬間が何度も訪れることがあります。もちろん、まったくなかったり、根深い1つのトラウマが最初から最後まで頭をつきまとって離れないこともあったりと、そのへんは流動的ですが。

そんなわけで、ダイビングはおすすめです。

「シュノーケリングじゃ駄目なの?」

と思う方もいるかもしれませんが(私もそう思ったことがあります)、シュノーケリングにはシュノーケリングの良さがあり、ダイビングとはちょっと違うんですよね(私はシュノーケリングも大好きです)。

なんていうか、水面より深くに潜ることによる水圧の変化が与える心身への刺激と、水中生物の生態(エネルギー)に間近に触れるあたりに、シュノーケリングには無いダイビングの良さの秘密があるような気がしています。

最後にこれからダイビングを始めようかな、という方へ。
日本国内にいながらにして機材も揃えて伊豆でデビュー……となると思いっきり(値段の面でも時間の確保という面でも)ハードルが高いので、たとえば沖縄やハワイ、グアム、サイパンなどいわゆる「南の島」に行ったとき、1万円以下で機材も全部レンタルできる「体験ダイビング」をしてみては、と思います。

それでもし、ハマっちゃったら……。

ハマっちゃったら……。

いらっしゃい(笑)。

ようこそ、スクーバダイバーの世界へ。
関連記事
スポンサーサイト