スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慣性の法則からのガッタン

オリジナルヒーリングセッションを受けてくださった方からの感想いただきました。

超感覚ヒーリングを習ったけれどあまり観えないと自負しているがもっとできるようになりたいという依頼でした。

昨日のセッションにて観ていただいたことや聴いたことを反芻しながら過ごしております。
帰りの電車にて乗り換え駅と終点が同じでしたので、早速隣の人の降りる駅を観てみたところ当たりました!
確信を得ようとする自分をうまくコントロールしながら霊視の辞書を増やしていきたいです。座禅と、素振りというイメージになりました。

また、本「西の魔女が死んだ」のおばあさんが目指す姿に近い気がするとふと思ったので再読してみます。目指してなれるものという感じではないですが、参考にと思いまして。

セッション中、質問に答えるばかりで、あまり私から発言することは無かったのですが、振り返ってみると私にとってはとても楽な、やりやすいセッションだったように思います。

また自分のブロックについてもとても納得いく流れで説明いただけて安心感がありました。
わー!プロー!って感じでした。
家で壊れた水道管を修理してもらうときに、熟練技術者に原因を説明してもらっている感じでした。
(なぜか羊飼いのイメージもあったりします。ブロック囲い込み??)

慣性の法則からのガッタンがどんな風にくるだろうかと思いつつ、しっかり受けて立とう、と思います。

素敵なセッションを
ありがとうございました。

内容としては、

・人の思考パターンの霊視など、目に見えないもので練習しないこと。
 スーパーの食材の消費期限や、電車で隣の人がどの駅で降りるかなど、
 数字や物理的行動・現象でわかるもので。

・超感覚的にチャネリングや霊視で「観える」というのは方便で、実際は電磁気的な波形のエネルギー。
 だから、「この波動の感じは、こんな意味」という辞書を自分なりに整備していく。
 それがないと、実は霊的エネルギーを感じているのに、「観えない」と認識してしまう。

・対話型のセッションでは、霊視力が高いと相手の問題の土台が一瞬で観えるが、それを
 いきなり指摘しても相手は「?」になる。
 まだるっこしくても、あたかも「家の中の水道管どこかが漏れているので修理に来た配管工」
 のように、家の住人(依頼主)を連れて、「ここではないですね」と、水道管をチェックして
 いく様子を見せる。
 会話で、ここが問題ではない、となると残るはこれということになる……などと、消去法など
 論理的な思考(=霊能力がない人でも理解できる概念や論理の流れだけでの考え方)で確認を
 とっていくと、クライアントの納得度が上がる。

など一般的なアドバイスを中心に。

それに加え、この方はご自身では(いわゆるみなさんあるあるのように)無自覚でしたが、

「(頭で考える『霊視ができたら便利だし楽しいだろうな』という気持ちとは裏腹に、
 内なる神としてすべてを知っているその人の本質的な部分は霊視ができるとはどういう
 ことかをわかっており、実際そうなると怖いと思っているので)霊視できるようになりたくない」


というのが問題の土台らへんのコアでした。

そこでお伝えしたのが、この記事のタイトルです。

電車などで、停まっているときは、動き出すとガッタンとなる。
それは避けきれない、と。
同時に、起きたところで慣れてしまえばどうということはない、と。

この方が今後、霊視ができるようになることを選択すれば、観えるようになるにしたがって、当初想像していたのとは異なる感慨を抱くことがあるでしょう。

えてして、いいことばっかりなんだろうなという夢を見て霊能力を開花させた人は、
あまりに予想と現実が違うことに愕然とし、また観えたことで都合のいい希望が消え、
ある種の絶望を味わうことになります。


こんなに苦しい世界の真実を観て知ってしまうくらいなら、
霊能力なんか訓練して開花させなければよかった


という後悔を抱くのは、万人にあるあるです。
(それがなくニコニコ笑って、実力も大したことないのがお花畑系ヒーラー)

その「ガッタン」が怖くて、みんな、霊能力開発セミナーなどに出て正当な理論と訓練法を知り実践しても、なかなか観えるようにならないという人が多いんですね。
(本人はあくまで『そんなことないですー』と言いますが。そして、ならばといってその人が霊視できるようにスパルタ式にしごくなどしてしまうと、(しごかれたのにできないままだからではなく、霊視ができるようになって生きるこの世界に耐えられなくて)精神を病んでヒーラー引退がデフォルト)

感想をくださった方のセッションでは、そのことをお伝えしたうえで、できるようになる上での心得と、(創造主に尋ねたうえでは)そのサポートになるらしい感覚感情の呼び覚ましなどを行いました。

お役にたてるといいかもなぁ。(←もはやそこもわりとどうでもよくなってきてる)


ガッタン。
あなたは覚悟できてますか?
そのガッタンで傷ついたりパニクったり精神を病んだり死んだりしないでね?(←他人事)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。