やっぱりスピは日常生活で使ってなんぼですよね

マルチプルアバンダンス特級「マッハGOGO!」と「風になる」を受講いただいた方からの感想です。

この2つの講座を通して、もっと軽やかに、客観的に、広い視点で物事を全方位で感じ取ることの大切さを改めて実感しました。

マッハGOGO!のタイムラインの可視化で、色んな人のタイムラインを拝見してみて、流れのスピードや太さ(情報量など)にこんなにも違いがあるのかと、驚きました。その違いは良い悪いではなく、くせっ毛か直毛かのような個性の違いに過ぎないし、そして、その人の生き方や思考の仕方をも感じ取れるようで、より人を理解する助けにもなるなぁと感じました。

私はどこか時間にのまれている面もあるけれど、受講したからには、もっと時間の流れの長さなどの変化を渡り歩けるようになって、日常生活にメリハリつけて主体的に生きていこうと思います。

風になるでは、風のエレメントが個人的にあまり馴染みがなかったのですが、風とつながるプログラムをかけたら、すごく軽やかで楽しくて、クールで、仲良くなれそうな気がします。
実習中に上位精霊の名前を聞いてみたら、「○○○○よ」とクスクス笑いながら教えて貰えました。
外を吹く風もゴウゴウいっていたのが、心なしか柔らかく聞こえるようになりました。
楽しい魔法が使えるようなった気持ちです。

マッハGOGO!も風になるも、とても便利なので、日常生活に活かして、もっと主体的に望む現実を創るのにどんどん役立てていきます。

本日はありがとうございました。

p.s.「風になる」を使いこなすと、世の中のトレンドをキャッチする能力、感度がいい感じに上がりそうですね。
そこから派生して、今の流れに合った在り方やセルフプロデュースなどにも役立てることが出来そうな気がします。
可能性無限大でワクワクします。
やっぱりスピは日常生活で使ってなんぼですよね(笑)
私も色々組み合わせたりして、楽しみながら使いこなしていきたいと思います。

あざっす!!

マルチプルアバンダンスは、1つの単独の使い方オンリーというのは1つもなくて、
「なんなら〜〜にも使えるよ」
というものになっています。

しかも、意地悪ではないけど、いちいち「こういうふうにも使えます」とは、言いません。
醸す程度のことはテキストに書いたり講義で言ったりもするけど。
で、ピンと来る人とそうでない人がいて。

やっぱりね、
「もしかして〜〜にも使えるんじゃ?」
「これって〜〜に活かせるってことだよね?」
と、ひらめくかどうかなんですよね。

手取り足取りの教え方って、初心者のうちは大事だったりもするけど、
いつまでもどこまでも「さぁ、教わるからには手取り足取りでしょ」と
思ってると決定的な何かを見過ごすことになるような。そうでもない?

まぁなんにせよ、記事タイトルのとおりですわな。ボツワナ。
関連記事
スポンサーサイト