福、喜、楽、笑という文字のイメージも浮かびました

チェアフルネスプレゼンターのアチューンメントを受けてくださった方からいただいた感想です。

お世話になっております。

無事チェアフルネスプレゼンターのエネルギーを受け取りました(^^)

凄いですね!強烈な笑いのエネルギーでした笑

オラクルカードの強烈なマイトレーヤのイメージが浮かんだのですが、
なぜか途中から先日見た御輿を担ぐ祭りのビジョンが混ざり、
掛け声に乗ってマイトレーヤダンスを踊るアチューメントになってました笑

福、喜、楽、笑という文字のイメージも浮かびました笑

流石布袋様なのか、最後はお金のエネルギーを空から降り注いでくれ
豊の文字のイメージとともに、女神様(前に受けたアバンダンティアかな)も
一緒に祝福してくれました!笑

今回は良いエネルギーの伝授をありがとうございました!

先週ブログを初めて拝見し、記事から伝わる仕事に対する姿勢で信頼できると感じ
目についたチェアフルネスプレゼンターを申し込みしたのですが、とても良かったです。

今の自分に必要な、正解なエネルギーだったなと思います!

またお世話になることがあるかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。

今回はありがとうございました!

あざっす!!

思えば10年近く前につくったんですね、これ。

当時は、高次元エネルギーアチューンメントが隆盛!で、ちょうどコンピュータマニアでなくても一家に一台パソコン必須、的になってきた時期でした。
それで「ITに詳しくなくてもパソコンでいろいろ簡単にできるんだ?」といっていろんな人がホームページやブログ(←出てきた当初は衝撃的でした、こんな簡単に個人がWebサイトをつくれちゃうの?と)を開設し、そこで高次元エネルギーの伝授が見知らぬ人同士ででも連絡をとりあって行うという(かつてない)現象が、ブーム的に広まった頃。

それで、いろんな人がいろんなエネルギーを創始していて、
「すごいなぁ、そういうことができる人がこの世にこんなにいるのか」
とポカーンとしていた。

自分は当時、まだ確か臼井式レイキですらサードディグリーまで伝授を受けたか受けないかの頃で、エネルギーを観るどころか、体感ですら「これでいいのかなぁ、ただの自分の勘違いだったりして?」という状態。

だけどよりによって電車に乗ってて(車両と車両の継ぎ目のあのドアがあるらへんに立っていたのを今でも覚えている)、
「なんかこう、いろんな人がいろんなヒーリングエネルギーアチューンメント創始してるけど、どれもしっとりというか、おとなしいんだよなー。ちょっと退屈というか。もっと面白くする、面白くなれるのないのかなー」
と思っており。

それで、マイトレーヤのことを思い浮かべて、エリクサーのアチューンメントを受けたためなのか
「それ、いいんじゃない?」
とマイトレーヤから語りかけられた気がして、白昼夢みたいにそこで延々と?議論というか、アチューンメントエネルギーの設計会議みたいなのをして(でも実際は数分、せいぜい一駅分くらいの時間でしかなかった)、
「じゃあこれで」
と手渡された?組み立てが完了した?感じがして。

「あ、これって創始できちゃったってこと?」
と、現実感なく、そこまでの手応えみたいなものがあったわけでもなく、でも確実にもたらされた感はあって。
その直後に「すげー!」とガキみたいに興奮してダッシュしたくなり。

若気の至りもあり、それをヒーリングサロンの提供メニューとして公開してしまいました。
ら、思った以上に反響があり……で今に至っています。

アストラルリーディングマルチプルアバンダンス、マイティピュリフィアなどがっつりカリキュラムが組まれたヒーリングエネルギーをモダリティ的に創始するようになった今ではなんだそのくらいかという感じではあるのですが、まだギリギリながらも20代?だった自分がよくやったよなァと思います。

高次元エネルギー伝授を始めたときも、
ヒーラーとして独立するときも、
ヒーリングのインストラクターになるというときも、

必ず、

「あなたにはまだ早い」

「どうしてそんな大それたことが自分にできるなんて思うの?現実を見なさい」

「信じられない傲慢な人だね。よくも偉そうに」

「あの凄いベテランの○○さんだってそんなことしないよ?恥を知りなよ、何様?」

などなど、否定しにかかる人は現れます。
(ました、かな? 『そういう奴の言うことは真実じゃないから一切、気にする必要性がない』と学びを得てからは誰からも何も言われなくなったし、やってみて失敗してダメだったということもなくちゃんとうまくいってるし)

その、「そう言ってくるお前のほうが何様だよ」的な人たちの干渉をものともせず、良い意味で撥ね付けて、よくもまぁやれたよなぁ、と我ながら感心します。

それにしても、止めにかかってくる人たち、私の場合はなのかもしれませんが、ほぼほぼ必ず、40代の女性なんですよね。

「あなたは若いからまだ何もわからないかもしれないけど〜」

といって、こちらのためを想って言っているんだよと、親切なつもりで、その実は、年下の、キャリアも浅い、男に抜かされるのが癪に障るだけ。
端的に言えば出る杭であるこちらを打ちながら足を引っ張ってるんです。
もうその時点で、味方じゃないのは明白w

第一、アラサーと呼ばれる年になるまで生きた人間のことを
「若いからまだ何もわからない(だって私がその年齢のときはそうだったもの)」
と捉える時点で、その人自身がどんだけ薄っぺらくショボくトシだけとって中身すっからかんのアラサーだったのかも伺えるし、他人もみんなそんなもんだろと安直に決めつける浅はかさを40代になってもおめでたく引きずってる時点で、人として終わってるわけじゃないですか。
終わってる、という表現が雑なら、
「たしかに失敗する可能性もなくはないけど、うまくすればどうにかなる可能性をちゃんと成功に導くうえでの参考になる存在、アドバイス内容……ではない」
ことは確実でしょう。
(ただ単に不安要素を列挙するだけでその改善策や対応策、どうしたらうまくいくかを一切言わないのは、アドバイスでもなんでもない、いちゃもんつけ、空気ぶち壊し、モチベーションだだ下げの、単なるお邪魔虫だと思っています)

こう言ったら偉そうなのかもだけど、当時の時点で、ショボい大人ほどそうやって人を根拠のない悲観的なコメントで芽を摘もうとしたり、その人自身が生きることができていない成功者の世界に他人が行くのが面白くないから自分と同じく世界じゅうすべての人間を惨めなままで「みんな仲間〜、ワンネス〜」と言っていたいだけの甘ったれだと見抜いてました。
なので、
「うっせえんだよ黙ってろクソが。それ以上偉そうにしゃしゃり出てきたらシメるぞ」
のスタンスを崩さず。

そのスタンスをこちらが表明するとまた、キンキンカリカリいちいち過敏に反応して
「まァーーーーー!!!なんて生意気なんざんしょ!!!!信じられない悪辣な人間だわ。若いといっても限度がある!!!こんな人が業界にいることは、周りの人にとっての害悪でしかない!!!!……ねえ聞いて?こんな酷い人がいるのよ、気をつけてね?ぜったいにあんな人に仕事を依頼しちゃダメよ。ボロボロに傷つけられるよー?悪魔の契約めっちゃ入れられちゃう。あの人、自分は善い人だと信じてるみたいだけど、ほんとは悪魔の使いなの。化けの皮を剥げないと騙されちゃう!だから関わらないのが一番!」
みたいなことを、好き勝手「これぞ正義!」くらいの勢いで言いふらしはじめたりして。

人間って、可愛いね♪
(そしてあの頃に、さんざん人のこと悪く言って、『私はまだ未熟だから』とかなんとかいって、たぶん今頃50代とかにさしかかってるあのオバ様たち、どこ行ったんだろう。興味ないけど。そして未だになんのアクションも起こさず、いつになったら未熟でなくなり、素晴らしい活動だかなんだかを始めるつもりなんだろう)

おっと、余計なことを語りまくってしまった。



いわゆる単独の高次元エネルギーアチューンメントの意味とか意義、価値。
そういったものを、再認識・再評価する時期に来ていると個人的には感じます。
私個人のマイブームなのかもしれないけど。
でもディセンションして人類がまた幼稚になったから、高度な体系だったヒーリングモダリティをしかるべく修めるなんて夢のまた夢ってことで、単発の高次元エネルギーアチューンメントに触れるところから再出発、ってのもオツなもんじゃない?

てなわけで、私はあらためて、高次元アチューンメント、しっかり提供していきたいと思ってマース。

感想ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト