Ole Gabrielsen氏創始のヒーリングエネルギー2020バージョン勢揃い

してます。

⇒Celestie.jp公式サイト「高次元エネルギーアチューンメント一覧」ページ

ジーザスやラント、エイルなど、これまで当サロンでは扱ってこなかったエネルギーも増えました。

聖人や天使などのエネルギーは、個別にはあらためてアチューンメントを受けるまでもないかなと思っているきらいが自分でもあったのですが、ここへ来て単独の誰かや何かのエネルギーで癒すということの恩恵の大きさと唯一無二性?を再確認してます。

1つ1つが、「これじゃないと届かない孫の手、耳かき」のようなもの

なんですよね。

ジーザスは、「おいおいいくらなんでも王道すぎだろ」感すごくて気後れしちゃうところがあったんですが、いざ流してみると、Oh!としか言いようのないエスカレーション感。

ほか、ラントは悪い意味で大人になり、無感動でなんでも頭で「どうせそんなのやったって、〜〜〜でしょ?」と、根拠もないし実際やってみたら違う喜びや面白さがあるかもしれないのに決めつけて、腰が重くてなんでもめんどくさい人が少年少女のような無邪気な明るい好奇心を取り戻すのに最適!お腹の奥にある過去の失敗を悔やむ気持ちや恐れが完全消失の勢い。



ヒーリングのエネルギーって、どれが一番効くかとか、万能なのはどれ?といった、ランキングで測るものじゃないと思ってます。

人と同じように、そのときの状態や気分によって、一緒にいたい人とか、実際一緒にいたときどんな気持ちになるかなどが変わっていくもの。
どの人が一番すごいとか、常に一番好きでどんな場合でも状況でもこの人が一番、というものを決める必要って、ないですよね。
こういうときはこの人、こういう場合はこの人、いつもはこの人がいいけど、今日は○○ちゃんに声をかけてみたい気分……。そういう揺れや変化があるもの。

1人1人が天使やマスター、聖人で、もんのすごい深みなどがある存在なわけで。
いつも同じ効果や感覚というわけでもない。
1つのエネルギーを毎日かけても、毎日毎日、感じや癒され方は違うことでしょう。

そこへきて、2つ以上のエネルギーがあれば、どんなときにどれをかけてみようかなという選択肢が生じる。
それはもちろん、迷いだったり、全部やりたい欲張りな気持ち、あるいは全部かけないと、という強迫観念などにもなりかねないといえばそうですが、ただでさえ高次元エネルギーヒーリングを信じない人や知らない人には一生味わえないものが味わえるわけですよね。

いろいろな癒され体験をしたら、実際に癒えたか役に立ったかとも別に、その体験が素敵な思い出になるんじゃないのかなぁ。違いますかね?

そんな悠長なこと言ってられないって?あぁそうですか、じゃあご縁がなかったってことで。いちいちいろんな体験なんかしてる場合じゃないですよねぇ。
ところでこの世に生まれて「体験をしている場合じゃない」としたら、何をする場合が大切なんですか。やっぱカネっすか?出世狙って権力ヒエラルキーの頂点目指して脇目も振らずにGOGO!っすか?その体験が好きなら全然そっちやればいいですよね。べつにおかしいと思わないしいいんじゃないですか。

それでいいと思ってます。

「あんたがおすすめしたからやってみたけど、たいしたことなかったよ?どうしてくれんの?」

とか言われてもうっせえし、知らんし。

なので私はすべてにおいて他人に「これさえすれば絶対に〜〜できますよ」みたいなことは言いません。
それを保証してもらいたいなら他の方をあたってくださいな。

たいしてアレだった、ってのもそれはそれで一興なんじゃないの?
そんな余裕ないって?ふざけんなよ絶対に失敗なんかしたくないんだ、損をするなんて考えられない、って?
たいそう豊かでいらっしゃるのねぇ。じゃあ住む世界が違うってことでさよなら。

なぁんてね♪
みんな仲良く贔屓にしてね!!
関連記事
スポンサーサイト