ラクに苦もなくできるクリアリングなんて、所詮その程度。

タイトル読んだだけで脊髄反射的に「ムキー!」ってなる人いそう。なってろ。

で。(ガン無視)

自分この春からけっこう本気で毎日1レッスンくらいの勢いでホットヨガ続けてます。
動機というかはいろいろあるんですが、形式的にでもなんでも芸能タレントとして事務所所属に(また改めて)なった、というのが大きいです。
自分1人で、自分のために、美しく健康になろう&いようとしたところでドライ?な私は「なんのために?」となってしまい、いまひとつ頑張れなくて。
まあそこは置いておき。

毎日ホットヨガ続けると、毎日続けるからこその変化というのを感じられて面白いです。
単純に体がどんどん柔らかくなるというのもあるし、贅肉が落ちたことでポーズがとりやすくなるのを実感したり、体力も増進するのか途中で苦しくなることもなくなったり、ヨガを終えた後に以前はぐったりしてたのが平気でシャカシャカ動けるようになったり。
それに伴って、ヨガ以外のことでも、「自分の気力・体力では、このくらいが精一杯だろう」と思ってた以上のことができるようになってタスクをこなす能率まで上がったりしていいことずくめ。

って、この記事で言いたいのはそこですらなくて。

実はヨガを続けて、しかもキツめのクラスや実技をやってると、昔のつらい記憶とか、意味不明なトラウマぽいエネルギーが、浮上してくることに気づきました。

運動すると、細胞に溜め込んでいた過去のつらい記憶が抜けていき、その過程で自分があらためてそれを感じてつらくなるというのはエネルギーワークやってる人にはお馴染みかもしれません。
し、もっと物理的に?常識的?にいえば、細胞の中に溜まっていた毒素が抜け出て血流を通るので、その毒素のせいで気分が悪くなったり、それがとっかかりになって?脳が過去の嫌なことをたまたま思い出す?みたいな説明もできるのかな。まぁどうでもいいけど。

それも「うん、当然。べつに普通」という感じでケロッとしてられるようにもなりました。

し。

これが一番言いたいことなんだけど、「意味不明なトラウマ」らしきエネルギーを、(単純にヨガなど運動をするだけではとれないので)明示的にヒーリングエネルギーで取り除いて癒したり、を経験するようになりました。

自分の場合ですが、ホットヨガで今の自分の限界ギリギリ……というポーズをどうにかこうにかギブアップせずやってるとき、自分の内側の深いところから、ちょうど5秒くらいのGIFアニメ映像みたいな意味不明ぽいビジョンが浮かび上がってくるんです。
それも、下品なおばさんが見苦しい感じでうかれて踊って笑っている、みたいなシーン。
ほんとのGIFアニメみたいに、5秒くらいのその、見苦しい映像がエンドレスで再生され続ける感じ。
これといってこれまでの人生で会ったことがある人でもないし、そういう経験をして嫌だと思った記憶もない。
どうやら、「いわゆる見苦しいおばさんがいけしゃあしゃあと不遜に傲慢に独りよがりに自分のことだけ考えて有頂天になってる様子を見るいろいろなシーンの総合&象徴」としてトラウマが形成されていったもののようです。

ほかにも、見るからに運動神経なさそうな頼りない男性が綱渡りをしようかどうかモタモタと迷い続けるとか、だいたい5秒くらいの、実に「象徴的」と呼ぶにふさわしい映像を映すエネルギーが、まるでルービックキューブが心の中から次々に浮かんでくるみたいに、1つ1つ出てくるんです。

(体が、というより気分的に)すごいムシャクシャして、イライラして、今すぐヨガやめて教室から出てシャワーでも浴びたい衝動にかられます。
そこまで別にその意味不明ふうな映像の内容に憤っているとか、その映像自体に対して怒りをおぼえているというわけでもないんですが、とにかく嫌。w

で、運動したとき浮かび上がってくるかつての苦しみの想念とは違って、ただ運動を続けているだけでは抜けていかない。
そこに居座ってる感じ。

なので、マイティピュリフィアなど自分が使えるヒーリングエネルギーを使って、その映像を映す小型テレビというかキューブ型のように感じるエネルギーを、まるまる、浄化して癒して消していくというエネルギーワークを、ヨガと同時並行でやりました。

(もしそれが妄想の思い込みでも)癒せた、消えた!と感じたときのあの安堵!!
それでレッスンを終えて着替えたり、鏡に映った自分の顔を見ると、別人のように感じる。
造作が、というより気配的に。すっきりした感じ。

トラウマについては、他の思考のイシューと比べて掘り下げて云々をせずに、あったらとる(ただし、そのトラウマがない現実の方を良いと思って指向している意図が盤石に成立していればの話。そこが成立してなかったら、なんだかんだいってそのトラウマを必要としている証拠なので掘り下げるが◎)手法でイケます。

トラウマとり放題!

なんか斬新?新鮮?な経験だった。
これ多分だけど、(意味不明な)悪夢みたいのをよく見てうなされる人は、原因の1つにこういう、自分でも理解できないトラウマのエネルギーを抱え込んでるってことなんじゃないかな?

で。

記事タイトルに戻りますけども。

必ずしも甚大な苦しみを伴わないといけない、とは言いませんが、余裕しゃくしゃくでできるクリアリングだかの癒しのワーク、取り組みというのは、やっぱり、それでできる程度の範囲内で留まるもんなんじゃないかなぁと思います。
えぇ、あくまで個人の感慨です。
「そんなことはない!」
という人は、「ほぉ、なるほど!参考になります、ためになりました」とこちらが思えるだけの確固たる資料やプレゼンの準備をして、アポとってください。そのプレゼンを有料で聞かせていただきます。いくら頂戴するかは、プレゼン前の提案書みたいなやつを見せてもらった後で見積もり、お出ししますのでよろしくお願いします。

結論としては、やればやっただけ、それならではのことがある、得られる、ってこと。

やってもやらなくても、どっちにせよ、それを選択して経験したがゆえのことが得られるってことですねー。
シンプルシンプル♪
関連記事
スポンサーサイト