マルチプルアバンダンスはドラゴンクエストの職業システムのよう

マルチプルアバンダンスを受講してくださった方からコメントいただきました。

ドラクエ新作発売のニュースを見かけてふと思ったのですが、
マルチプルのプログラムは、ドラクエのようだなと。

わざやまほうを覚えてスキルを上げて職業を極める。
さしずめ特級は、専科の意味合いがあって、
どのクラスを選ぶかで極める職業が変わってくるような。

ワクワクするようなプログラムを作って下さってありがとうございます。

自分でも思います。

というか、特級はもともと「専科」と命名しようとしてました。

で、べつに上級まで受けた人がいちいち、すべての特級とか、受けていかなくてもいいよなぁと思ったんです。
実情はというと、上級まで受けた方がほとんどすべて?の特級を、折を見て順に受講してくださっている感じになっていますが。

しかも、次々に増やす気もなくて、天上の存在たち1つだけが例外的に特級、というので終わるかもと思ったんです。

でも、まるでシリーズものの小説のように、自分自身がいろいろ学びや気づきを得ていくなかで、ある意味では作品として、結果としてどんどん増えていってます。まぁそれもべつに悪いことじゃないよなぁ、と。

で、当初は、特級は一律千円の受講料にしようとしてました。
が、これ、受講生さんたちのほうから

「こんなに素晴らしいものを、いくらなんでも千円で投げ売りみたいにしてしまうのは、usamimiさん自身の虐待でもあり、マルチプルアバンダンス特級のプログラムのダンピングになりますよ。不当です」

とのお声もあり、また私も、そんなちゃっちゃとラクしてつくってるプログラムでもないことから、お言葉に甘えて、一律1万円に、0を1つ増やさせていただくことで落ち着いています。
(もしそれで『ほーら、本性を見せやがったな!金の亡者め!そうやってズルズルと受講生をカモにして、たいして中身もないクラスを増やして、金だけ稼ごうとしてるんだろう!』とか言う、受講してもいない人が出たらべつにそんなの耳を貸すまでもないと思ってます)

自分で言うのもなんですが、マルチプルアバンダンスに出席される方というのは、そんなに愚かで、迷信や妄想を現実と取り違えたような迂闊な人たちではないと見ています。
(特に『上級の壁』とでもいうべきもの?があるのか、そこまでエネルギーワークに精通していなかったり、単純に高い波動に耐えられなかったり、霊的真実より現実社会にはびこる誤謬のほうを信じることで弱い自分を護っていたい状態・段階の方などは、上級を受講できずに中級を受講して止まってしまうんです)

だから、いくら多少以上、面識のある馴染みの受講生さんとはいえ、迂闊なプログラムや講座を提供したら、一瞬でバレます。
べつに受講生さんたちは私の僕(しもべ)でもイエスマンでもなく、純粋に、もし私が提供するセミナーやエネルギープログラムが良いと感じたら出るという独立も自立もしたスタンスの方ばかりなので、変なものを提供してもおべっかやお世辞で褒めるということは、しない人たちです(だから私も信頼できます)。

顔なじみではあっても、実質的には、会うたびに、初対面の厳しい基準でこちらの仕事を審査・査定・評価する関係性をキープできていると個人的には感じています。

そして、つくってるとき私自身はそんなに意識しないのですが(というかたいてい、『特級にしては小ネタすぎ&内容が簡単で退屈じゃね?あんま意味なくね?』と思って作り始めることが多いのですが)、特級は上級までよりはるかに高度?な内容のようです。講座の内容にしろ、プログラムの働きかけるポイント&働きかけ方にしろ。てへへ、照れるぅ〜。

で、特級同士でいっても、難易度というかには若干?、バラつきがあります。

=マルチプルアバンダンス特級一覧(2017年4月時点)=
・天上の存在たち
・エナジー抵抗値&エネルギー的アレルギー測定
・集合意識的相性診断とヒュプノティックリズムDJ
・ルーツマイニングと倍音共鳴
・太陽光との対話
・王の帰還

大別すると「診断系」と「エンパワーメント系」になるのですが、診断系のほうが、(霊視のビジョンを見たくないというブロックがあると難しいけど)自分自身の波動の高さや人としてのエネルギーの立派さに関係なく、あれこれ頭でっかち?にでも、アドバイスしていけるようになるという点ではとっつきやすいかもです(その代わり、霊視で観えるビジョンを精緻に読み解けるかというチャネラー・エネルギーワーカーとしての経験則的な能力が大きく問われます)。

ひるがえって「エンパワーメント系」は、自分自身がその時点の限界を超え、これまで踏み込んだことのない境地へ、次の波動の高さへと変化していくので、いろんな意味で、チキンだと無理め。

現時点の特級のなかで、もしほんとにちゃんとやろうとしたら、まずそのクラスに出席できるかという点でも、使いこなし方の難易度、そして使って行った先に自分がどこまで伸びられるか&霊的成長を遂げられるかという点でも、

王の帰還

が最高なのかなぁ。

あ、ただしマルチプルアバンダンスのすべてのプログラムの特徴として

その人が無理と感じるような強すぎる変化や衝撃、霊視ビジョンを与えることはせず、ちょうどいい具合に効果や見せる霊視ビジョン内容がカスタマイズされる


というのがあるので、しょぼめの人でも、王の帰還、クラスに出られるっちゃ出られるし、形だけでいいなら修了できるし、そこで受け取ったプログラムも使えはするでしょうね。

ただそれだと、あんまり効かないことになります。
(その人が今の自分を超えて成長することを拒む心理ブロックなどについては、マルチプルアバンダンスではなくて、別のヒーリングメソッドや心理学?自己啓発?純粋な内省などなんでもいいので気づいて払拭しないと、マルチプルアバンダンスのコマンドだけ何度かけても、空振りし続けます←マルチプルアバンダンスを受けて、プログラムを何度も流してるけど全然効かないという人がいる場合があるようですが、だいたいこれが理由です)

同時に、マルチプルアバンダンスはその人の(霊的をはじめ、能力や霊的事象についての知識などあらゆる意味での)成長度合いに応じて無限に、その人にとって最適かつ最大有効になるようデザインされているので、「ここまで成長したらもうこのプログラムは不要」ということが基本的にありません。いつまでも、なんなら永遠に使えます。
(でもユーザー登録はこの一生だけで、肉体の死を迎えたときにユーザー登録が抹消されるようデザインされています)

我ながら、こんなに有能で使い勝手もよく、また幅広い人、文字通り万人向けにデザインされていつまでも役立ち続けるプログラム、よくもまぁ作れたよなと感心します。

それもこれもすべて、2015年3月のある朝、グラッチェガーデンズ久我山店でモーニング食べながらひらめいたことをその場でメモし始めなければ起きなかったこと。

あの朝が、あの単なる思いつきにすぎないようなことが、振り向けば、すべての始まりという奇跡的なときだったなんてねぇ。

そのあと訪れる、
「こんなくだらないプログラム、講座、いったい誰が受けるんだよ。受けたところで非難轟々に決まってる」
といった無限の、悲観的な自分の声の反響の嵐!脳内で自分を意気消沈させて、なんの変化もない日々をこれからも送り続けるように自分の足を引っ張る、自分自身の一部の本音。

それらをよくもまぁ乗り越えて形にしたなと思います。
そしてよくもまぁ、金とって告知して、人様に広めるなんて大それたことができたもんだ。

でも、それがなかったら、何も始まってなかった。何も変わってなかった。

で。

満2歳になったマルチプルアバンダンスですが、私が相変わらず、こんだけ目に見えず、世間一般の常識では怪しい疑わしいと言われるものを堂々と自信をもって提供し続けられるのも&新しいプログラムを開発し続けられるのも

なによりもマルチプルアバンダンスの効果で、創始者である私自身がどんどん全方向的に豊かになっていってるから

です。

よく、「ヒーリングをビジネスにしてる連中は金儲けのことばっかり考えてる」的な、心無いことを無責任に平気な顔して、さもそれがご立派な正論であるかのように言う人いるじゃないですか。

で、私自身のマルチプルアバンダンスについての本音でいえば

ほんとはいくらカネなんか積まれたって、できれば誰にも教えず自分1人でだけマルチプルアバンダンスの恩恵を独り占めしていたいくらい

なんですよ。w

だってほんとに効くんだもん。

それで妄想じゃなく、絶対に不可能だと思えたようなことが現実に起きる。
どんだけ願ったところで、どんだけ努力したところで、どうせ叶わないまま死ぬんだろうなと諦めていたような夢が、叶ってしまう。
常に常に、予想していた「たぶん、この先に進んだところで、せいぜいこんなもんだろうな」という自分の想像を上回る感動や気づきを、拓けていく現実を生きるなかで実感している。

そういう日々が、何年も続いてる。
たった2年、されど2年で、あの2年前の構想時点から、とても2年でここまで来られたとは自分でも信じられないほど現実が、上向き、お金の流れはもとより、度胸や知恵、魅力そしてその魅力をプラス評価してくれる他の人たちとの信頼や尊敬、感謝に根ざした人間関係……。そういうものが、わんさか、手に入ってる。どんどん増えていく。

自分でいうのもなんですが、セミナーを開催し続けているのは、ひとえに、私自身の

サービス精神

ゆえです。

これまた自分でいうのもなんですが、営業としての勧誘活動として
「マルチプルアバンダンス、受けなよ。受けるといいことがあるよ?」
なんてこと、一度も言ったことありません。
言うつもりもないし、言う必要もない現実がちゃんと成立してます。

マルチプルアバンダンスをできるだけたくさんの人に広めたいかと聞かれたら、
「受け取れるだけのところまで霊的肉体的精神的その他あらゆる点&面でこられて、かつ、マルチプルアバンダンスのプログラム各種が提供するものを良いと思って欲している人、その効果を恩恵と思う価値観を持っている人に届けばいいよね」
というのが本音です。

なんかねー、「いや、いまの時点のあなたがマルチプルアバンダンスのセミナーだけ受講して、プログラムの使用権限だけもらったところで、何も感じないでしょ。そんなブロックまみれでかけても効かないよ?」という人まで、なにか幻としての「すごいんでしょ?効くんでしょ?」という妄想的イメージ目当てに鼻息フンフンで受講に来られても、それはそれでなんかちょっと、ねぇ。。。(←なんだよ)

って感じです。

ちなみにマルチプルアバンダンスは、正式にファシリテーターと呼ばれる、講座を開催する権限を持った人たちがいます。
現在、初級〜中級〜上級までのファシリテーター、それに特級では唯一、天上の存在たちのクラスを開講して参加者にプログラムの使用権限を付与できるファシリテーターさんたちがいます。

ほんとはマルチプルアバンダンスの正式なWebサイト、今年の3月中にでも構築していく予定だったんだけど、いろいろあって延び延びになっててほんと申し訳ないです。

まあでも梅雨があける頃にはサイトも完成しているだろうし、どうやら新たなファシリテーター希望者、なかでもアクティブに講座をばんばん開講してくれて、人も集まってくる素養のあるファシリテーターさんたちが増えていく気配なので、なんか楽しみっスね。

あんまり細かくは言えませんが&言ったところで絶対にそうなるかはわかりませんが、私がこうしてスピリチュアルなことを表立ってできるのは、もしかすると、そう長くないかもしれません。

そのあとになって「講座を開いてください!」とか言われても、簡単には応じられない可能性もあります。

「いつか受ければいいや」

といって、まるで私がこのあと何十年も永遠に、定期的にマルチプルアバンダンスを提供し続けると思ったら、もしかすると大間違いかもね。(←なんだ偉そうに)

いや、べつにマルチプルアバンダンスなんざ受けなくていいんですよ。
そうじゃなくてもどうとでも素晴らしい人生は歩めますからご安心を。

マルチプルアバンダンスは、人の不足感や不安につけこんで金を巻き上げる霊感商法ではありませんので。

そこんとこ、よろしく!(←また若い子がわからないフレーズを……w)
関連記事
スポンサーサイト