人生いつでも「ドタバタ、バタバタ」がデフォルト(=基本設定)

いま、アストラルリーディングのインストラクターたちで、主にチャットワーク上で、モニターセッションイベントなどの企画を実行に移しています。

アストラルリーディング公式サイト「お知らせ一覧」

みなさん本業などがあるなかで精力的に取り組んでおられて頭が下がります。
(私が命令してやらせているということではなく、インストラクターたちが自発的に企画立案して活動をしてくれています)

ただ、主婦経験などが長くてビジネスの経験があまりない方や、逆に経営経験しかないためにこまかい実務面について疎い方などいわばビジネス面では素人的な方々が烏合の衆的に集まって試行錯誤をしていることもあり、いろいろな試行錯誤的ポカミスが出たり。
(それもちゃんとお客様を迎える本番までには解消して、イベント自体はつつがなく運営できているようですが)

たとえば、お金はいくらと設定しておいて振り込み口座について考えていないとか、画用紙などを経費で買いましょうということだけが決まっていて「経費って誰負担?(←会社など団体として成立しているわけではなく、参加者がお金を出し合って資金をつくっているわけでもないので、どこにもない財布からいつのまにか経費という概念だけが一人歩きするw)」という点を決めていないとか、申し訳ないけどギャグかよと思う点も多々。

でも責めているというよりは、ビジネス的な素人って最初はそうなんですよね、誰でも。
実際にやってみないと、頭の中で(しかも実務経験0の人間の頭の中で!)考えていることだと、どうしても抜けや漏れが生じます。

だから、ヒーラーをプロとしてやっていきたいという人も含め、アマチュアとしてお金は介さず交換セッションだけという人でもいいから、

とにかく、実務経験を積む

ことを私は個人的に推奨します。

ヒーラーでも、その他の仕事でも、実際にやってみると、本来の業務以外の周辺としての、連絡やお金のやりとり、場所の確保、そういった付随的な業務がわんさか生じます。

それをいかに処理するか(すべてを一人でやる必要はなく、外注したり他人にボランティア的に協力してもらうのもアリでしょう。ただその場合も、人に協力を申し出て説得して承諾してもらうとか、なにかしらの作業・手間は生じるものです)。

あるいは、そういう手間の一切を省きたいならば、「これこれこういう条件をすべてお客様のほうで負担していただける場合にのみ、対応します」といった条件を提示して、お客様となる他人に承諾してもらう必要があります。
条件が厳しければ厳しいほど、承諾してもらえるだけの信用なり尊敬なり付加価値なりを、他人に知らしめるだけの実績やその実績アピールが事前に必要となります(それなしで厳しい条件を呑んでくれるお客様がいるとしたら、そういう人との縁をたくさんつくっておく仕込みがいずれにせよ必要です)。

それを、家のことや現時点での本業としての会社の業務、学生であれば勉強や試験。そういった諸々と並行してやっていくことになります。

それ1本で食えるようになる、それだけしかしないで日々を生きる(生きていけるだけの境遇を具現化できている)わけではないなら、とにかく、何かしらとの両立は避けられません。

頭がパニックになるでしょうし、時間に追われてあれもこれもどれも中途半端で嫌気がさすということもあるでしょう。
(キャパシティが少なくてすぐテンパって、もうどうでもいいやとすべてを投げ打つというのも、実務経験のない初心者にありがち。死にものぐるいでこなしていくと、だんだん慣れていくものです。これはどんなアルバイトとかでも同じですよね)

以下に、アストラルリーディングのインストラクターたちが打ち合わせで使っているチャットワーク上に、私が思いっきり上から目線で独りよがりにアドバイスぶっていい気になってるだけの投稿を転載してみますね(笑)。

実際に他人を相手にイベントなどを進めていくと、抜け・漏れがわかりますよね。

頭でだけ考えてたり、いざとなったら動き出そう、まずは実力を、とだけ思って他人相手の実務を何もしないと、実務面での勘所や気を配るところなどの経験則が育ちません。

特に初心者?は、どの分野でもそうですが、崇高な理念ややる気のほうに気がいってしまい、肝心のお金や場所、時間の確保、連絡のタイミングや手段といった現実的な面で至らない点が多いです。

対・他人となった場合は、理念やセッションスキルといった中身を評価してもらえるのは、お金や時間、場所、連絡など物理的かつ基本的な面をきちんと問題なくクリアしてはじめて成立します。

せっかくのヒーラーとしての実力を、そうした基本的な面でのポカミスで信用をなくすというのが一番もったいないし残念なので、こういう場を通じてみなさんにスキルというか勘というかを培っていただけたらと思います。

上からぽくてすいませんが、実務で食ってる側から言わせてもらうと、
「いつか腹が据わったら動き出そう」
といって何ヶ月も何年も動いてないままでいつまでも
「まだ未熟、もっと実力を。いろいろ環境が落ち着いたら、やろう」
といってるうちに老けてきちゃう&もしそれまでの年月に活動していたら
得られたであろう利益や実績の確立、出会えたかもしれないお客様、
実務をしてこそ伸びる自分の能力などをすべてフイにすることになります。


なにもかも落ち着いて、さぁ今が動き出すベストタイミングだ!という瞬間は、
おそらくですが、誰にも一生、訪れません。常になにかしらドタバタです。

そのなかで動き出せない人は、一生なにもできずに終わるでしょう。

しっかり準備したいのに、あれもこれも同時並行でバタバタで。
実はそれは、どんな人も同じです。大成功できているかに見える大物各種のみなさんも誰でもそう。

(経験値のないショボい人ほど、『全身全霊で落ち着いて集中し続けられる環境がいつか整ったらできるんだろうな。成功できてる人はそれができているんだろうな』と勝手に想像している傾向があるようです)

いろいろあるけど、動きながら処理する。
ベストでなくても、実際にちょいポカミスがおきても、大惨事になる前に謝ったり改善策を実行したり、取り繕いながら、動き続ける。

こうしたイベントを通じて、参加する方それぞれがそういう、デキてる人あるあるを体得していかれたら嬉しいなと勝手に上から思ってますw

うっわぁ、何を偉そうに。
関連記事
スポンサーサイト