お腹いっぱい食べて、1週間に20分運動するだけ

原題は「THE CALORIE MYTH(カロリー神話)」という本。



すごく雑に要約すると、食事と運動によるカロリーの足し引きは体格の太る痩せるとは関係なく、脳が定義している

セットポイント体重次第

だという内容です。

つまり、自分の体重は「○kgと設定」している値がある、と。

そのセットポイントこそが人の体重を決める要因で、食事も運動も、すべてはセットポイントの値を変動させる要素にすぎないといったもの。
よくない食事と運動がホルモン詰まりを生み、それがセットポイント体重をあげてしまうという理論です。

だからセットポイント体重が低い人は一時的にドカ食いを続けて何十kgと太ったところで、そのドカ食いをやめればやがて元の体重に戻っていく。逆もしかり。
(一時期の20〜30kgの減量なんて、まるで嘘のように半年もしないうちに元どおりになるのがデブあるあるです)

で、食事や運動は、脳がセットポイント値を変えさせるためにあるという理論から、SANE食と著者が名付けた食材をメインに

大量に食べ、余計な運動をしないのがダイエットの肝

という、まさにカロリー神話に喧嘩を売るような内容。

だれか実践してみて報告ください。(←投げやり)
関連記事
スポンサーサイト