マイティピュリフィア使い方Tips 30「減量時に脂肪に蓄積されたネガティブ想念が湧き上がるのを癒す」

私から提案させていただきました。

ジムなどでの運動や、サプリで基礎代謝の上昇による脂肪燃焼の促進などで、脂肪の中に溜まった過去の怒りなどネガティブ(といっても激しい方面のが多い)感情エネルギーが湧き上がってきて、むしょうに人を傷つけて暴力をふるい、大声で怒鳴り散らしたくなるときなどには(←なんだその状態)、マイティで全身をオーラのように包み、湧き上がるなり浄化、じわじわと体内までマイティ浸透して、浮かび上がるまでもなく脂肪から離れて蒸発しかけたら浄化、みたいになる印象です。

ダイエット中の人、減量のためのアクションを起こして最初の戸惑いや基礎代謝上昇の時期にかけるといいみたいです。

何を隠そう、私自身がこれ、顕著なんです。

運動って、ただでさえアドレナリンなど、興奮を促すホルモン出るわけじゃないですか。

そこに加えて、幼少期からの虐待への憤りやそのときの苦しかった思い(なんて生易しいもんじゃない)が、出るわ出るわ。

まだヒーリングの技法を身につけたり、そういうスピリチュアルな知識を得る前の10〜20代は、「?」となってました。

とにかくね、もう、すれ違う人を片っ端から殴り殺しかねない勢い。

理性だけは(生来の凶暴さをひたすら抑えつけるために)人一倍、育っていたので、実際に問題を起こすことは(それほど)ありませんでしたが、運動するたび精神状態が荒れ、また「運動をさせられる」という感覚で怒り心頭。
「誰がするか運動なんざ!」
と、すぐやめて、またしばらくして「もう1回……」と。

一般常識で認められていないからと、スピリチュアルな知識がないために人がこんなに出口のない迷路で延々と苦しむのか、ということを地で行ってました。

運動や減量には、あるいはバルクアップやボディビル、モデル(志願者)が美ボディ化を目指す……などには、世間の常識では明らかにされていないが関係してくる、霊的な変化そしてそれに由来する精神面への影響が多々あります。
(かろうじてスポーツや武道の世界では、トレーニングで自分を変えていくときに起きる精神的な変化やぶつかる壁などについて、同業・同好の人たちの間で精神論的にでもノウハウや対処法が口伝されているようですが)

ダイエットについても、心理的な変化に着目した人が出てきましたね。

たとえばこの本の著者など。


マイティピュリフィアは、理論的に知識として知らなくても、なんかモヤモヤが起きたら、それをめがけてかけると、うまいこと処理してくれます。

よくわかんないけど変、ということがあれば、かけてみてもいいかも。

なぁんてね。

結果が出れば、なんだっていいじゃない。テヘペロ♪
関連記事
スポンサーサイト