私は何をしている人になりたい(どんな職業についてどんな仕事をしている人)か、ではなくて、私はどんな人になりたいか。

新年の抱負セッションを受けてくださった方からの感想です。

先日は新年の抱負セッションをありがとうございました。
お礼と感謝の気持ちをお伝えしたくメールを失礼します。

抱負セッションと、その後の身内の死を通じて今年の抱負というより、
今後の人としての在り方をとても感じることがありました。
身内の死から、人としてよくわかっている、知っていると思っていた気がする身内でさえも知らない故人の一面を語ってくれる方もいて、
人は他人や身内や友人にそれぞれ見せる面は異なるかもしれないし、
それぞれ接する人も考え方もそれぞれに異なるから印象や感じ方も異なるだろうし、
故人の全てを知り見ているわけではないし、いい面も悪い面も両方持っていることも当たり前で、でも全てを見せなくても
その人となりはいい面も悪い面もでてくるもので、故人のいい面も悪い面も愛おしく感じたり。

と思った時に、
例えば何気なく歩いていて、見知らぬ人とすれ違った知らないその人は、
誰かの大切な恋人であったり、誰かの大切な子どもであったり、
誰かの大切な姉妹であったり、誰かの大切な親であったり、
誰かの大切な友人であったり、誰かの大切な仕事仲間だったりする、
そんな当たり前のことをまざまざと実感しました。
私はそこに生じる、人に対する敬愛というものがありませんでした。

抱負セッションでさらりと浮き彫りになった、全てにおいて自分本位で考えていて
人を人として思っていないことも、
私は何をしている人になりたい(どんな職業についてどんな仕事をしている人)か、ではなくて、私はどんな人になりたいか。
ということも全く気がつきませんでした。

逃げの言い訳の自分本位でも偽善でもなくて、
人と向き合って隣人を愛せる人になりたいと思います。
その先に、アドバイス頂いたことに繋がるようになれればなと思います。

今年の抱負は
三歩歩いても、
三日経っても、

決して、忘れない

これからの人生の基礎の礎になる抱負セッションとなりました。
長文になりましたが、ありがとうございました。

ただ、ここに書いた感想は、

usamimiさんのtwitterで以前、目の前にいる人は
誰かの大切な人なんじゃないの?って拝見させてもらっていて、
それを今回まざまざと実感したのが
誰かの具体的に大切な人として湧き上がってきて腑に落ちました。

どんな人になりたいかも、
https://www.chubu-gu.ac.jp/about/christianity/chapelhour/talk/2009/090511-01/index.html
偶々見かけたもので、このタイミングで繋がって気がついたという流れです。
それぞれ、発したのは私の言葉ではないので、なんとも言えませんが、
発した主の伝わってほしいものが伝わっていたら嬉しいなというところです。
といいながらも、私の方がその言葉で気がついて、腑に落ちてと、
その言葉を聞いたり、みたり、読んだりしていなかったらと思うと本当にありがたいです。

あざす。

普通にしているとどちらかというと良識的な方なのだと思いますが、出産や仕事など今後のやりたいことについて伺うと、まるで遊園地で

「あれも乗りたい。これも乗りたい。なんだか楽しそうだし」

と言っているみたいに、自分の興味本位ふうな喜びしか考えてないぽさが発言にもエネルギーにも出ており、そこを是正するのが今年のテーマみたいですよというふうにお伝えしました。

例えば自分を雇用する会社の社長からみて、従業員が「この仕事、面白そう」といった独りよがりな様子でいたらどう思うか。
例えば出産を経験できたとして、「私、出産と子育てというものをしてみたかったの」と言ったとして、それを子供が聞いたらどう思うか。

他人の立場に立って物事を考える、というのは、さんざん言われますがなかなか難しいもの。

人はモノじゃないんですよ。

よく言われますし、

「そんなことわかってます!」

と誰もが反論するでしょう。失礼な!とでも言わんばかりに。

でも。

コンビニで買い物するときの店員さんの顔と名前、覚えてますか。
その人にも人生があり、この店で働くまでにその両親や、数千年以上に及ぶ先祖の物語があることを思っていますか。
みたいな話ですよ。
まぁ日常的にそんないちいち考えてらんないというのもわかりますが。
「どの人にも家族とか生い立ちとか、自分がこの世界に生きる主人公なんだっていう視点からみた世界観が、当然あるよね」
ということを、ほんのすこしでもいいから、常に頭の片隅に置いておけるか。
……ってことなんじゃないでしょうかね。

えー、そんなのいちいちやってらんないって?
ねー、そういう人はそういうふうに生きるのも全然アリですよねぇ。いちいちうっせえよ、って。

ブーメランブーメラン♪

誰の歌だっけ。
関連記事
スポンサーサイト