多少なりとも不安な事もありますが、それに打ち勝てるわくわくがあり、その狭間だからこそ、上を目指せると感じました。

半年ほど継続して、シータヒーリングのレッスンを受けてくださっている方からの感想いただきました。

基礎〜応用DNA講座の受講を通じて、どうしても思考のワーク、掘り下げカウンセリング主体になってしまっている面があり、肉体的な疾患をヒーリングすることについて漠然としたイメージしかないので詳細を、との内容でレッスンしました。

ここはシータヒーリングのテキストではほとんど詳細な解説はされず、また実際
「シータヒーリングといえば掘り下げ。思考の土台を変えたり、感覚感情だかをダウンロードするってやつでしょ。最高最善とかいって」
みたいなイメージで広まり、セッションもお悩みカウンセリング的なものとして提供されることが多いのではないでしょうか。
(それが悪いわけではないのですが)

なので、基本中の基本でありながら、肉体のヒーリングって意外と苦手というか、そもそもそんなにやったことない人いるんですよね。

いつもお世話になっております。

先日はシータヒーリングのレッスンを、
ありがとうございました。

自分で自分の乾癬を治すというレッスンでしたが、
ヒーリングの最中、これまで自分が許さなかった
「自分を受け入れる」が感じられ、気付くと涙があふれていました。

直後の肉体の変化は、炎症がひどかった箇所の赤みもひいており、
じんじんする痛みが無くなりました。

今回のレッスン、掘り下げしかしてこなかった自分には、
直接的なアプローチをする事で何が起こるのかが実感でき、
とても大きな一歩になりました。

また、レッスンが進むにつれ、
今まで苦行でしかなかった練習が、純粋に楽しくなっていき、
さらりと当たり前のように、始められるようになりました。。

よく視えない時でも、現時点で視える事や感じられる事を
受け入れる事ができたり(今までそれが出来ず苦しかった)、
できないなら、どうすればできるようになるかにシフトできた事も、
ありがたかったです。

多少なりとも不安な事もありますが、
それに打ち勝てるわくわくがあり、
その狭間だからこそ、上を目指せると感じました。
うまく自分をコントロールしていきます。

シータのレッスンとしてだけでなく、
はまっていた「ダメな人間で居る恩恵ループ」から
引っ張り上げてくださったusamimiさん、
そして毎日前進させてくれたマルチプルアバンダンスには、
心から感謝しております。

長期に渡り、本当にありがとうございました!

おやっ、末尾にはマルチプルアバンダンスの恩恵の話まで。

この方が書いておられる、「ダメな人間で居る恩恵ループ」は、よほど何か大きな責任を自分が果たさないとどうにもならないというような(稀有な)シチュエーションにいる人でもない限り、メリット甚大です。

ぶっちゃけ、そんなたいした人間でなくとも、この世は渡っていけます。
日本のような衛生的な国ではとりわけ、たやすいです。

誰かしっかの好意に甘えて依存して、自分では責任をとらず、下っ端で何かを命令されたりして不服な点があるにせよ、そこは耐えるのにも慣れてるから、我慢する。
その、ちゃんとしないから耐える羽目になるつらいことを
「生きるのがつらい。ラクになりたい」
と嘆きつつ、そうやって嘆きながらも日々を生きるということを大人だと十数年、数十年してきてしまっているから、なんだかんだいって自殺もせず生きてはいる。生きてはいける。
恨めしくどんよりと暗い有様で自分勝手にいろんなものに不満を感じて嫌ったり怨んだり憎んだりはあるけれど、1日3食かそれ以上のおやつや買い食いもして、着る服にも住む場所にも困らず、冷暖房のきいた部屋ですごして、あったかいお風呂やシャワーを浴びる毎日を送っている。

そういうもんです。

しっかりした人間になるメリットは、味わった人にしかわかりません。

だから、ダメ人間でい続けるメリット甚大な人は、めんどくさいけど綺麗事としてそう言わなきゃいけないような心地で
「しっかりしなきゃ」
と捉え、同時にうんざりげんなりして
「私には無理。責任とるの怖い」
のままでいたりします。

本当に責任をとったり、上達や成長していくことがどんだけ有利で面白い充実したことかを知らないんですね。

この方はレッスンの半年間を通じて、シータヒーラーとして一人前になりたいという目標を通じて、人としてダメダメな有様から回復・改善したいということも意図しておられました。

頭でっかちに意識高くなっては心が折れて、心が折れて目標どおりに行動できない自分を責め、今度は「どうしてしっかりした人間になんて、ならなきゃいけないんだ!」と(べつに誰かから強制されたわけでもなく自分で思い立ったことのはずなのに)漠然と他人のせいにして責め、怒り、しばらくしてやっぱり今のままじゃ嫌だと思って頑張ろうとする……というようなことを、揺れに揺れまくっておられました。

で、いただいた感想にあるように、「ちゃんとできるようになる(ための練習をする、練習した能力を発揮してみる)」とはどういうことかを把握した途端、それまで面倒で怖いものでしかなかった成長やそのための練習が、楽しく面白いものに感じられるようになったというわけですね。

ここね、ヒーラー志願者だけじゃなくて、「私なんて弱くて出来そこないだからダメだよぉ、もぉマヂ無理」と思ってる人全般に、知ってもらえたら面白いんじゃないかなと個人的には思っています。
(同時に私は、その面白さを知らず、100%めんどくさくて怖くて損することばかりだという先入観に呑まれて、何かでしっかりすることから逃げ回ってる人を見るのも面白くて好きです。弱者を演じつつ面倒なことからうまいこと逃げおおせてると内心ニンマリしてる、その勘違いプライドと歪んだ自尊心が滑稽で)

感想あざした!!

あ、シータヒーリングのレッスンやってますんで気になる方はドゾー。
(やる気のない営業)
関連記事
スポンサーサイト