マイティピュリフィア使い方Tips4「某ヒーリングモダリティからの祝福を癒す」

ユーザー様より感想いただきました。

あるヒーリングモダリティとの繋がりをマイティで観ていたら、セミナーを受けた段階でこちらが意識せずに創始者から受け取った【祝福】がありました。ネガティヴな印象ではなかったので(なんで?)だったのですが、マイティで浮上してきたことですし、なんらかの影響はありそうだったので浄化してみました。
浄化後の印象としてはそのモダリティに対して、一歩ひいた視点が得られたようです。

つくづく、色々なエネルギーの影響を受けて生きてるんだなぁと考えさせられます。

なるほどー。

祝福って、いいイメージあるし、実際いい部分もあると思うですが、この方がくださった感想に限らず、マイナスに働いてしまうということはわりとあります。

たとえば、修道院にいて貞淑を神に誓い、悪い虫としての男が寄ってこないようにとの祝福を与えられた人がいるとします。
その人生ではプラスに働くかもしれませんが、たとえば転生して、べつに一生を神に捧げるでもなく、普通に結婚して一般的とされる方向性で生きていこうとなったとき。
以前の祝福が作用し続けると、延々と異性との縁ができず、モテず、結婚できないんですね。それってどーよ、という話。

感想をくださった方がどのモダリティを指しているかはわかりませんし、問い詰めるつもりもないのですが、私が知っている某ヒーリングモダリティでは、創始者がセミナー中に

「私はこのヒーリングの講座ひとつひとつに、それを修了した生徒向けの祝福を設定している。修了すると自動的にその祝福が生徒1人1人に与えられるようになっている」

と発言していました。

それはあらかじめ周知されていたことではなく、

「え?そうだったの?」

と寝耳に水。

そのヒーリングモダリティや創始者のファンは、

「わぁ〜!ありがたい!そんな配慮までして、みんなのことを想って祝福を設定してくれていたなんて!」
「道理でこのヒーリングモダリティの講座をどんどん修了していくと、自然といいことが人生に起こってくるわけだ」

と感激していました。

ただ私は

「え、そんなの初めて聞いたんだけど。つか、この場にいる人は確かにあなたの口から直接、その情報を聞くことができたけど、全世界の大多数の受講者は知らないことなんじゃ。知らないのに勝手に祝福をかけられちゃうのって、人によったら気味が悪いというか、不意打ち的に余計なことをされていたと不快だろうな。どんなに良いものであったとしても、騙されたような後味の悪さを感じるものなんじゃないだろうか」

と思いました(が、態度や表情などには一切、おくびにも出さず、曖昧にニコニコ笑って周囲と合わせていました)。

しかも、祝福を設定したとは言ってくれたけど、それがどんなものかの説明は一切なかった。

得体の知れないエネルギーコマンドを、知らないうちに、かけられる。
それは祝福なのだからいいじゃないか、ということでなし崩し的に容認しないといけない雰囲気。
なんだそれ。

あえてそのヒーリングモダリティや創始者のファンという立ち位置ではなくて引いた目線で考えてみると、そういう方面の捉え方が考えうるなぁ、と思いました。

どこのヒーリングモダリティとは言いませんけどね。
そのヒーリングモダリティが悪いとか、設定され勝手に自動的にかけられる祝福がダメなものだとかも、言う義務もないので、言いません。

ただね。

この方の感想にあるとおり、

つくづく、色々なエネルギーの影響を受けて生きてるんだなぁと考えさせられます。

ね。

ありがたいありがたい感謝感謝、といって深く考えないのが精神衛生上よろしい&周囲からもめんどくさい人だと思われずに大助かり、って?
関連記事
スポンサーサイト