集合意識ラジオ局への感染に注意

人間はラジオみたいなところがあります。

人間の想念は電磁波で、ラジオやテレビの電波と本質的には同じものです。

テレパシーはSFだけに出てくる超能力、と思いきや、誰でも当たり前のように発揮している能力なんです。
コントロールできてる人が少ないだけ。

1対1の人間間のことでいえば、「エンパス(体質)」というのが有名ですね。
近くの人が感じてる想念を拾ってしまい、自分がその人と同じ気持ちになってしまうというアレ。

度合いの大小はあるにせよ、人はある程度、誰でもエンパス体質です。

そして。

タイトルにあるとおり、複数の人間の想念が合わさって集合意識が形成されます。
それはまさに強力なラジオ局。

周波数が合ってると、拾ってしまいます。
拾うなんて生易しいもんじゃない、まるで病気のように感染して、自分の思考をジャックされ、侵食されます。

集合意識に染まっている人は、事実上、洗脳されているので、集合意識ラジオ局が放送する想念そのまんまのことを言うようになります。
そして本人は、自分の思ったり言ったりすることが、自分自身の考えに他ならないと思い込んでいます。
(迂闊に『その思考は集合意識に感染して洗脳されてるね』なんて言おうものなら、統合失調症の異常者扱いw)

で。

ほとんどの人は、いくつかの集合意識ラジオを混線ぎみに受信して自分の思考とごっちゃになって、混乱している状態が「普通」というくらい、当たり前になっています。
(19世紀以降、人口が爆発的に増え、集合意識放送局があまりに強大な電波で放送するので、人間が100年ちょっとではうまくアンテナを調整するに至っていない的な事情もあるようです)

同じアホなら踊らにゃ損損、と思うなら、どうぞ、みんなと同じように集合意識に感染して、社会で孤立しないように、また見なくてもいい真実なんぞは見ないで、みんなと同じように歪んだ考え方を「正論・常識」と信じて生きて行くほうが、精神衛生上は好ましいかもしれません。
たいしてタフでも成熟してもいない人間が下手げに集合意識からの呪縛を克服しようとしてできたとしても、そこには途方もない孤独と、自分の言ってること考えてることを誰にもわかってもらえない苦しみが待っているだけかもしれませんし。

実際、集合意識に感染して、その放送内容をよく聴くからこそ、急速に学習できるというメリット的側面もあります。
「業界のノリ」なんてのはまさにそう。
教科書で真面目くさって勉強したって、そんなのわからない。
ある集合意識に感染した面々、もしくはその集合意識を生み出している、似た波長の人間たちとウマを合わせるには、その人たちに類する集合意識に感染して、染まったほうが、自力でノリをチューニングして合わせていくよりラクだし手っ取り早いです。

なにも集合意識やその放送の干渉を受けることが、100%、害悪だとは言いません。
むしろ、有効に活用できるものはなんでも使ったほうが得策でしょう。

ただ。

無意識なままに呑まれてるというのが、ダサくなーい?というだけ。
ダサいかどうかというと美学になりますが、単純に世渡りという点でいえば、あるノリの波長に感染してそれに染まってしまうと、そのノリが通用する世界でしか生きていけなくなるんですね。
それすらこれまでの牧歌的な時代は、「俺ぁ、○○畑一筋だったからよぅ(他の業界じゃあ、やっていけねえよぉ)」みたいなのが通用したし、ある年齢になって何にも染まっていないというのは逆に、「何もして来なかったダメな奴」と見られる向きもありました。

でもさ。
ここから先、人類がそれまでの時代よりワンランク先の霊的状態に進化していくには、集合意識にノリを合わせるかどうかさえも、主体的に選んで、尻軽なまでにその時々に応じて臨機応変に衣替えしたいもの。

有能な俳優のように、役柄ごとに「ほんとに同じ人?」と見えるほど、外見から雰囲気から話し方、発言内容まで、なんなら変えられるようにしておく。
そして自分の進みたい生き方を実現するうえで発揮すべき要所要所で、しかるべくキャラを発揮する。

べつにスピリチュアルを頑張りたいとか、霊的に成長したいなんて顕在意識で思っていなくても、否応無く、これからの時代に活躍していこうと思えばそういう動き方を要求されます。
ある1つのキャラ、ノリだけですべての局面を乗り切れるほど難易度の低い時代は残念ながら終わってしまいました。

だから。

集合意識ラジオは、必要なときに、自分の主体的な選択によってチューニングして、必要な情報や雰囲気といったものだけ手に入れて、モノにする。それを活用して、自分の生きたい人生を具現化するうえでの便利な道具として役立てる。

これがスマートなんじゃないの、と。

ほんとのテレビやラジオと同じですわ。
テレビやラジオの信者になって、ジャンキーになって、それなしでは生きられなくなってしまい(それこそ家に着いて部屋に入るなり無意識的にテレビのスイッチを入れる習慣がごく当たり前に根付いてるとか)、テレビやラジオのいうことに洗脳され、自分が洗脳されたことにすら気づかず自分は「常識的、まとも」と根拠もなく信じて、マスコミの扇動するとおりの思想や行動を起こす。それって、(テレビ局やラジオ局はニンマリ、でしょうが)賢い消費者とは言えないような?

自分が必要とする情報などを、必要な分だけ賢く利用する。依存しない。洗脳されない。
これって、メディアと接するときの(あまり守れてる人はいないけど)基本あるあるじゃないですか。

それと同じ。
いろんな集合意識があるのは、捉え方によっては、たくさんのテレビ・ラジオ局があるようなもので、とても便利です。
様々な情報を得られます。
情報だけでなく、雰囲気をわかる、ノリがわかるというのが想念放送局の大きな特徴。
自分を主体として、活用すればいいんです。

言うは易し、だけどね〜。

あ、ちなみに言うまでもないことですが、
・肉体が脆弱で
・精神が幼稚で
・霊的に未熟で
・思考が乱れて
・意思が薄弱で
・知能/知識0
などダメな要因の度合いが多ければ多いほど、いろんな集合意識ラジオに集団レイプされます。
ちょうど、台風の日に外出した人みたいなもん。雨で濡らされ、風で髪型とかぐちゃぐちゃになります。
そういうふうに、自分の思考やエネルギー体の組成まで、めちゃくちゃにかき乱されます。

それに、その人が悪徳を持っていればいるほど、その悪徳と類友な思想の集合意識ラジオからの影響を大きく受けがち。
雑〜に例を挙げると、劣等感に苛まれて自分を無価値だと思う思考の持ち主は高慢の悪徳に染まりやすく、その悪徳に染まると、ブランド崇拝や拝金、学歴至上主義、家柄至上主義などエリート意識を肯定する思想の集合意識に感染しやすくなります。

自尊心の低いダメなバカ女ほどブランド物に走る&弱い、みたいな。
(身も蓋もない言い方←でもわかりやすいでしょ)

どれもこれも、自業自得なんだけどね。

この世の経験は何もかもが恩恵、と捉えると、あながち、集合意識に集団レイプされてみるのも悪くないかもしれないよ〜?
集合意識に洗脳されて、自分の意見など何一つ持たず、ひたすらトレンドウォッチャーになって時代に乗れてるイケてるエリート!とふんぞりかえって一生を終えるのも、オツなもんじゃない?
(そういう人生を送った来世にどんなカルマがどう働きかけるか考えるとオジさんは怖くなるけど、それすら冒険心で『やってやろうぢゃん♪』と飛び込んでみるのもイイかもね〜♡)

すべては愛♪
関連記事
スポンサーサイト