ホームハイポニカぷくぷく

水耕栽培で有名なホームハイポニカシリーズから新製品がでました。



1粒のミニトマトの種から、1000個ほど収穫可能

というウソのようなアレ。
(秘密はどちらかというと本体キットではなく、液肥に使うハイポニカにあります)

うだうだ解説を私なんぞが書くよりも、解説動画をドゾー。


買ったら組み立て。


付属の種を発芽させます。


発芽させたら本体にセット。


本体には水槽みたいに水を入れるわけですが、そこに液肥を加えます。


あとは日当たりのいい場所に設置して、ポンプの電源を入れれば栽培開始。
(電源がとれない場所に設置する場合、最悪、ポンプはなくてもいちおう、どうにかなります。ただ、発育が悪くなる傾向があります)

はじめのうちは1〜2週間ほったらかしても問題ないですが、(ミニ)トマトなどは支柱が必要なほど伸び始めると水の減りが早くなり、実が出来始めると1日に何ℓも水を吸収します。

朝夕にバケツで水補充するくらいの勢いで世話が必要かもw

うまく育つと、こんな感じになります。

ハイポニカによる水耕栽培は、(今は絶版で入手困難ですが)この本を読むのがオススメ(←けっこう感動しました)。




お気づきの方もいるかもしれませんが、べつに何千円も出して、どうしてもこの栽培キットを買わなきゃいけない理由は、実はないんですけどねw

大事なのは、液肥としてハイポニカを使うこと。

だから、容器は、100均とかで売ってる容器(衣装ケースなんかが◯)、それか魚屋とかスーパーでもらえる(かもしれない)発泡スチロールの容器で全然OK。

そこに、これまた市販のスポンジに種まきして、発芽したら容器に入れて水を張ればいい。

それに熱帯魚や金魚用の小型ポンプ(ブクブクと空気を送り込むやつ、あるいは水流をつくりだすやつ)があれば完璧。
(水耕栽培では水に動きを出すほうが格段にうまく育ちます)

お金をかけずに水耕栽培をやるなら、こちらの本がオススメ。


もうすこし詳細に水耕栽培についてノウハウが知りたいなら、この本は定評があります。


なぜか上記の本ではどれも触れていませんが、

ポンプなどで水流を生み出すのが、水耕栽培で発育をよくする(最大の)コツ

です。

逆にいうと、ここさえしっかりすれば、かなり放置しても、

植物が勝手に、オバケみたいに巨大に生長していきます。

育たない心配より、ぐんぐん育つ植物が水を吸いまくって容器がカラカラになる(ポンプを使ってる場合はモーターが空回りして焼け付く危険)ほうが心配なほどw

あとあえていうと、容器の蓋の裏側になめくじが侵入して植物の養分を吸って(いるのに栽培者が気づかず)みるみる枯れる、というのを気をつける程度ですかね。。。

うまく軌道に乗れば、ウハウハな自給自足の家庭菜園生活が送れまっせ!

飽きなければね……w
関連記事
スポンサーサイト