マルチプルアバンダンス再受講の感想

いただきました。

初受講時は豊かさを受け取ることに対して消極的(頭では『できるようになりたいと自分でも思っているよ?』と思っているつもりでも、あとから振り返れば『あのときは全然できるようになろうとしてなかった』と思える)だったためか「?」という感想だったそうですが、その後、大きく変化を遂げて再受講したところ、良さがわかったという内容です。

僭越ながら感想を送らせていただきます。

昨日はありがとうございました。
マルチプルアバンダンス再受講でしたが、今回受けさせていただいて本当に良かったです‼︎

前回受講時は周りの皆さんが凄く楽しそうにテンション上がっていたのを、「(みんなは霊視もできるからキャッチできるものもそりゃそりゃ多いんだろうけど)何がそこまで楽しいの??( °△° )」という感じで、楽しむなんて域に入れず、帰宅してからも「え?スイッチ入れるだけ…?見えない…わかんない…やり方が間違ってる???チンプンカンプン…」となっていて、テキストを読み返したり、マルチプルアバンダンス起動を試みても正直手応えを感じられませんでした。

その後、半年近くいろいろとusamimiさんのセッションやシータヒーリングのセミナー、日常生活を経て、今回はひとつ目のワークから「見える!わかる!おもしろーい!」になっていて、見える景色が何もかも違いました。

この違い。
講義内容も自宅でやってたことも同じ。
やり方も何も、アプリどころか「TVの電源入れたら映る」ぐらいの単純明快さで、「やり方?何をぬかす!」って感じでした。
本当に受け取る側の問題で、何が違ったかと言えば「豊かさを受け取る!」という覚悟というか意思。
雑に言うと今迄の私は、よく言われる「準備ができていない」。
潜在意識と顕在意識の差異による遣る瀬無さは実際ありますが、でもこの言葉ってどこか人の所為的なニュアンスを含んでいて、準備するのは自分なんですよね。
前回の私は、一応「豊かさを受け取りたい」と口では言いながら、受け身で、与えて貰おうとしていたのが解りました。
「獲りにいってなかった」から、手応えも無い筈で。
マルチプルアバンダンスは、この、「準備できてないとアレもコレも無闇に解消してしまわない」ところも、ちゃんと経験すべきは経験できる豊かさを含んでいてとても素晴らしいと思います。

今回はちょうどアレもコレも手放したいけど何から手を付けたら良いか…となっていたタイミングだったので、数十秒で自動的にイイ感じで作動してくれるマルチプルアバンダンスの便利さに感動‼︎
しかも、ご一緒させていただいた受講生の方はスピリチュアルワーク初心者で初受講とのことながら、ちゃんと使えていて、クリアリングされて、さっき伸ばした能力が次のワークの時には反映されていて、ほんの数時間の間で見事に成長されていて、驚きました。

今回受講してみて「(自分の波動や意識が)低いって(前回の私みたいな)そういうことね~!」と客観的に納得することができ、豊かさと貧しさの差異みたいなものがはっきり見えた気がします。
貧しい方が楽だと思えて、本当に第1希望でソコにいたかったんだなぁという感慨です。

まさに豊かで素晴らしい時間でした。
長くなってしまいましたが、改めて、ありがとうございました。

えがったえがった。

マルチプルアバンダンスは、初級・中級・上級ともに今のところ、無期限に何回でも再受講は延々と無料ということにしています。

というのも、今回この感想をくださった方のように、初受講時に受講者側の状態の原因で、よく理解できないとか、意味がわからないとか、使えない、良いと感じないという場合があるからです。
そういう方は初受講したとき、お金と時間をかけて取り組んだわりに得るものに満足できていないといえます。
そこで再受講するときまたお金がかかるとなると、「これでまたつまんなかったらどうすんの?」と嫌になっちゃうのでは。

もちろん、冷静にその人からみて「これは、私にとっては、良くない。合わない」といって見限るならそれはそれで良いと思います。

でもこの感想をくださった方のように、良いと思えない原因が自分のそのときの、学びの途中ゆえの未熟さや反発心、何かができるようになったり手に入ったりすることへの拒絶や怖れといったものにあるなら、ちょっともったいないよね、という。。。

また、上級は「豊かな日常生活の在り方を描く」という実習があります。
これはそのときどきの受講生の状態やライフスタイルにより、何度でも見直してつくりなおす価値があるものだと感じています。
また、初受講の時点だと、この実習は「とりあえず、試しにやってみよう」レベルで終わってしまわざるを得ない側面があります。
マルチプルアバンダンスを使って生活してみてある程度の時間・期間が経ち、いろいろ「あぁ、そうか」と思えるものや状況が改善していくなどが起きてようやく、「豊かな日常生活とは。今の私にとっての豊かな日常生活とは」というのが、おぼろげながら?見えてきたりして。

そうやって日々の気づきを得ながら、折々に「じゃあ今の自分にとっての豊かな日常生活とはどんなものか、あらためて見直してみよう」という契機として、再受講を活用していってほしいなと思います。
(上級には、何度でも折に触れてやりなおす価値がある実習が多いです)

あと、再受講を無料にしたのは、マルチプルアバンダンスという講座自体が、無限の豊かさについて学ぶ・体現するというものなのに、制度に制限があったらおかしくね?という理由もあります。
(もちろん最低限の規則、たとえばファシリテーターは正式に認定を受けた人だけがセミナーを提供できる、などはセミナーを成り立たせる意味で設けてはいますが)

初受講時に15万円も払ったんだから、せっかく学びを継続しようというのにまたどんどんお金がかかるとか、ケチくさくない?
ってことで。

あ、しれっと文中に出てきましたが、マルチプルアバンダンスのファシリテーター認定講座も整備中。夏前にはお出しできるかな。

これまで、自分の培ったスピリチュアルな能力・整備したセミナーやエネルギープログラムについて、リアルに謙遜する意味で
「おいしくないですよ」(←東京物語の原節子)
と言ってましたが、そういうのやめます。

自分自身、整備してからちょっと経ち、自分で整備したテキストなどを読み返したときに、まるで他人が書いたものを読むかのように記憶が薄れてたんですね。
で、自画自賛の自惚れなく客観的に見て、「これは!」と思ったんです。素直に。

だから、堂々と「これはいいものだ」といって、大々的にお伝えしていきたいと思います。

この感想をくださった方のように、初受講時に「?」だった方が、その方自身の問題を乗り越えてみると「!」と思えたりもするわけで。
もちろん、ある時点で「!」だった方が、逆に時間を経ることで変化し、成長?し、「?」と思うようになってもうマルチプルアバンダンスを使わなくなった、良いと思わなくなったということもあるでしょう。
そりゃ人間、生きてりゃどうとでも変化するわけだから、べつに一生ずっと何が何でも良いと思って必要だといって使い続けなくても良いでしょう。

「私はあなたの少年の日の心の中にいた、青春の幻影」(←メーテル)

でもいいんじゃないかな、と。

一瞬でも一時期でも、ほんのわずかでも、その人の人生においてプラスに感じられることがあるならば、あったならば、それでいいじゃない、という思いで。傲慢でも謙遜でもなく。

ただ、初級~上級まで合計15万円かかるという値段は、今のところ変えるつもりはありません。
「え?無限の豊かさについて伝えたいなら、初受講からして無料で伝えれば?」
と思いますか。

これ、不思議なことに、受講した方のほうが、こぞって首を横に振ります。

「本当に、目に見えない、信頼できるかどうかわからないものに、15万円を出せるか?もし効果は本当だとして、なんとか生活ならできている私があえて15万円も払って意味あるのか?べつに起業して大金持ちになりたいというタイプでもないのに、重要なのかな?」

と、「15万円を払う」というハードルがあることによって、本人の中で、様々な葛藤や決意のプロセスが生じるんですね。

で、それを自分自身の中で乗り越えた人だけがセミナーに現れてくる、という。

これがある意味では、選別というか、中途半端な気持ちの人を排除してくれるいい意味でのフィルターになるんです。

マルチプルアバンダンスは、カリキュラムの内容自体もそうですが、そもそもセミナーの場が、豊かで楽しい、喜びに満ちた雰囲気で展開するのが望ましいと感じています。

無料にしたとき、これを維持できるものなのかどうか、今は呻吟中です。

もしかしたら今後また変わるかもしれませんが。(いや、ここは変わらないだろうな)

そもそも、「教わるんだから、15万円くらいは払うよ」という気持ち(←お金じゃなくて)が受講生側にないとしたら、ファシリテーター(教える側)は、いったい何を動機に教えるんでしょうね。受講する側は、どんな真剣さで学びの場に臨むんでしょうか。

この、お金によって誠実さや感謝などの気持ちを便宜上、測る?という考え方が絶対に正しいベストな解かどうかは、常につきまとう問いではありますが、いろいろ模索した中で今のところ妥当に思えるのがこれかな、という思いがあって。

そんなこんなで運営しております。

初級だけまずは受講してみるというのもありですし、してみて「?」と思ったらそれまででもいいですし。

時期が経って「!」と思ったら再受講でも進級でもすればいいし。

ってことでいいんじゃないでしょうかね、という話。

おすすめはするけど押し付けも強制もしないスタンスで今後も開催していきマウス。

感想いただいた方、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト