他人の思考パターンを根源まで辿る

ヒーラーとして、あるいはカウンセラーなど全般ではもしかしたら、「自分の価値観で客の話を解釈して受け取ってはいけない」というのがあるかもしれません。

よく「他人の立場になって考えよ」というと、「私ならこう考える」という人がいます。
立場だけ他人に合わせてるんですね。
そのうえで、自分の考え方で物事を見て判断する。
(そしてたいてい、私のほうが賢明な判断ができて、その判断ができない(できなかった)相手のほうが間違っていて愚かである、と優越感に浸りつつドヤ顔したり)

それだと全然、相手の問題を理解したうちには入らないんです。

で。

他人の思考パターンは霊視すると見えはします。
力量ある超感覚ヒーラーだと、自分の思考パターンを傍に置いておき、相手の思考パターンを自分に適用したうえで考えるということをします(できます)。
(これ、迂闊にやると、混乱します。自分の思考というOSを上書きしてしまったようなもので、もとに戻れなかったり、部分的に戻れたとしても今度は相手の思考パターンを完全には取り除ききれないこともあります)

そして、これができた場合でも、傍に置いた自分の思考パターンが
「えぇー?そんなのありえない!バカじゃないの?」
などとツッコミを入れたり、嫌悪感や拒絶感で否定、攻撃したくなるのを抑えられるか呑まれるかも次の関門としてあって。

そこらへんをうまくクリアして、
「確かにその状況になったら、こう思いますよね」
と、相手の思考パターンならこう感じる(であろう)ことを告げて相手から
「そう!それなんですよ!」
と言われるようならOK。

自分の価値観で思う「これがよい、こうなればいいはず(そう思わないあなたが悪い)」という押し付けのではなく、その人の価値観でこうしたい、こうなればいい、これは嫌だという感じ方を踏まえることができたうえで、どうしましょうというのを、探っていく。
(ただし共感だけして終わりだと、それはそれでダメ。それなら友達に同情してもらうなぐさめトークで十分。あくまでも相手の価値観を知っておくという、ヒーリングやカウンセリングのための材料として使います)

そして。


なんとここからが記事タイトルの内容。なんてこった!w

これは余裕あるときにやることですが、ある人の思考パターンをまるまるスキャンして、自分に適用するとします。
そして、その思考ひとつひとつが、なぜ、どのように芽生え、根付き、成長して強い信念と化したりねじれてこじれていったかを逆再生します。

これは可能ならばその思考が発生した出来事などまで含めて霊視できるとベスト。

良くも悪くも、自分が(稚拙で浅はかな思考で)
「どうせ、こう考える奴なんて、これこれこんな体験をして、こう思っただけだろw」
といった侮りが(あれば)裏切られることが多いです。

その逆再生の折々にも、「えー?自分ならこうするけど?」と、自分の価値観でいえば思うことはありますが、そのときは相手の価値観を適用しているので、「そりゃ、この思考パターンならこうなるよな」という考え方ができます。

こう書いてお察しのように、相手の思考パターンを適用しているときにも、メタ認知というか、「相手の思考パターンを適用している自分を見ている客観的な自分」を残しておき、相手の思考パターンを適用している自分と両立させるのが大事なのは言うまでもありません。

これをいろんな人に対してやっていくと、自分の狭量な「これといえば、絶対こうでしょ。それ以外の考え方なんかありえない。もしあったとしても、それはそんなことを考える奴がバカなだけ」といった考え方をしなくなります。
また、「世の中に、どうしてこう考える人がいるんだろう?信じられない!」といったことを思わなくなっていきます。

ある意味では、懐?が広く深くなるのでおすすめ。

その一方で気をつけるべきなのは、適用して体験した他人の思想に傾倒するなどして自分が、他人の思考に洗脳されないこと。
(もしかしたらこれが一番、危険であぶないかも)

自分の場合は常に創造主のエネルギーとともにあることでエネルギー的にバリアとする+創造主の観点から見た観え方を併用します。

これ、ヒーラーとしても役立つかもしれないけど、役者や小説家の人はすごく役立つんじゃないでせうか。
企業の新商品開発でもサービス業でも、お客様の気持ちになって考えるメリットがある人はすべて、やればやっただけの意義があるかと。
(ただしサンプルとしての、どんな人の思考を読むかが大事だったり、観えた結果どうするかしないかの判断は自分側でしないと、他人の考えに振り回されるだけの、コンセプトを見失った事業展開をしかねない)

雑~に書いてきちゃったけど、これ、うまくやらないとすぐ誰でもは、できないのかなぁ。どうなんざんしょ。

ちなみにマルチプルアバンダンスの波動パフォーミングをマスターするとできるようになります。(宣伝かよ!)

なんちって。
関連記事
スポンサーサイト