私は自分の本質を受け入れられていなかったのかもしれません(魂の波形転写水晶の感想36)

レピドクロサイトのペンダントをご購入いただいた方からの感想です。
魂の波形転写と、コンパスとしての役割の2つのエンチャントを1つの石に併用するという、自分史上初の荒業をした思い出深い品です。


いつもお世話になっております。
昨夜、レピドクロサイトのペンダントを受領いたしましたのでご報告申し上げます。


魂の波形のエンチャントに関して貴ブログの皆様からの感想を拝見していて、
私の魂の波形ってどんなだろう???と、とても楽しみにしておりました。

実際手にしてみると、結構こぢんまりとした印象で。
あぁ…私ってこんな感じなのね、と期待が大きかっただけに正直しょんぼりしてしまいました。

で、面白かったのが
この石を人が見ると視線がいって不思議と声をかけたくなるらしく、こぢんまりと感じてしまった私とは対照的な好意的反応でした。
私は自分の本質を受け入れられていなかったのかもしれません。


エネルギーにコンタクトして中を覗き込むと、遠くにオパールのような多色で揺らめく光が観えました。
この光を目指して進もう!そう思いました。
この石を目標コンパスとしてこれからも進んで生きたいと思います。
素敵なお品をありがとうございました。


あざっす。

魂の波形転写をしたとき、水晶に宿ったエネルギーがどよ〜んとしていたり、みみっちく感じることは、実はそこそこあります。

その方の波形を転写して、転写されたエネルギーを見ているから当然といえば当然なのですが。

自分としては最初、戸惑うこともありましたが、べつに綺麗なエネルギーを付与するというわけじゃないということもあり、今は開き直っています。

この感想をくださった方のように、自分の本当の姿をエネルギー的に見て、落ち込むということもあるのだなぁと勉強になりました。

(私自身、自分の魂の波形を転写した水晶がこぢんまりしているように感じられて『えー?もっとこうパーっと華やかに輝いてくれよ!』と思ってがっかりすることもあります。でも見えているエネルギーのほうが事実なんですね。そしてエネルギー的にこぢんまりしてるか伸び伸びと輝いているかどうかは、気分とは関係ないことが多いです。個人的には、壁や課題にぶち当たって七転八倒して『ぶっ殺す、てか死にたい』と荒れてるときのほうが、エネルギーを見るとキラキラして『今まさに生きてる!って感じっす!めっちゃ、生きがい感じてます!この世に来たならではの醍醐味、万歳!』となっていたりして)

あと現在、魂の波形転写をした水晶が、数年程度で脆く崩れてしまうという報告を複数、受けており、私も頭を悩ませています。
やはり石自体に負荷がかかるのでしょうか。。。

転写自体は、別の石にしなおせばいいだけの話ですし、かつて転写をした石から転写プログラムエネルギーを抜くのは一瞬なので問題ないのですけれど、そんな簡単に壊れないでほしいなァというのが本音。

ただ、それで返金というふうには、申し訳ない?ですが、してないです。
ある意味、消耗品というか、年月を経て欠けたりするのは、宝石でも普通にあることですし。
(たとえばダイヤモンドを、プラチナで指輪の台をつくると、微細に微細にプラチナが削られていって、ユルユルのガバガバになります。が、だからといってこれは自然に起こることなので、宝石屋もそれでプラチナ分を全額返金とか、しないですよね)

壊れたときは壊れたとき、で、購入した石からはプログラムを抜き、手厚く葬り(水晶の葬り方はググるといろいろ出てくるかと)、新しいのを購入していただければと思います。

感想ありがとうございました。
※魂の波形転写サービスつきの水晶は、Celestie.jpマテリアルにて、不定期で販売してます。



ブログの過去記事に、実際に魂のブループリント封入したクリスタルを入手した方の感想を掲載しておりますので参考にどうぞ。










10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
関連記事
スポンサーサイト