「これだ!」と思えるものが見つかれば頑張れる!?

みんなが描く幻想。

嘘だって気づいたほうがいいですよ。

実際は、

「これだ!」と思うことにするもののために頑張ると決めたから頑張れる

です。

そもそも、漫画じゃねえんだから、何かに遭遇したときビビッときて「これだ!」となって、それまでのぐうたらな自分が何もかも変わって、それから一心不乱に何年でも凄まじい努力を続けて……なんて起きるわけねぇっつーの。

結果的に、(いちいち細かく説明するのが面倒くさいから)他人に成功の秘訣を聞かれたとき、

「初めて◯◯を見たとき、これだ!これしかない!と思ったんです。それ以来、もうそのことしか考えられませんでした」

的に話をまとめてるだけなんだってば。

だってその人がもし、初めて◯◯を見て以来、そのことしか考えてないとしたら、いわゆる社会生活を送れませんよね?歯磨きとか風呂とか全部なくして、服も着替えず、ホームレスというかターザンみたい?になって爪が何mも伸びてグルグルに渦巻いて……とかになりません?

初めて◯◯を見てから大成功を収めるまでに何年かあるとして、その間に旅行したり結婚したり転職したり怪我や病気で一時期入院したり、いろいろあったりしてそれをこなせてるのはなぜですか?


うまくいってる人は、放っておいたらヤル気などは自然と萎えてくるものなのをわかっていて、それしかないんだ!と決めて儀式的に自分を奮い立たせるようにしてるんです。

これ、勃起と同じ。
10代ならまだしも、20代後半以降にもなれば、ただタイプの女(べつに男でもなんでもいいけど)の裸をみたからといって脊髄反射的に勃起するのはそうザラにはありません。
そこに、顕在意識の一手間が必要なんです。
「俺はこれが好きだ。うおぉ、興奮するぜえ。俺は興奮した(ということにする)」
という自己暗示がプラスされて初めて、大人のおちんちんは元気になれるんですね。

第一、勃起を例にとるなら、何時間も何日も何週間も何ヶ月も何年も勃起し続けるとか、ないでしょう。起こって、おさまってのサイクルがあって当たり前。
勃起不全というのは、常に勃起し続けていないというわけではなく、興奮したら勃起して落ち着いたらおさまるという反応が起きなくなっているという意味ですよね。

ヤル気もそれと同じ。

ずーーーーーーーーーーーっとヤル気でい続ける人なんて、そもそも、いません。

毎日、寝ても覚めても◯◯に没頭するという生活を実際に送っている人ですら、1日の終わりには就寝の際にヤル気という意味ではおさまるはずです。でないと眠れない筈。

また、継続して◯◯をやり続けることができる人というのは、◯◯という作業をしているとき自体の楽しさを自分から無理矢理にでも増幅して感じ取り、自分自身をその楽しさのジャンキーに仕立て上げようとするような自己暗示行為をしていることがほとんどです。
◯◯をしているとき、めんどうくさくなったり、嫌で飽きた気持ちが沸き起こってきたら、休憩する。そして、「さぁ!また楽しい楽しい◯◯をやるか!」と自己暗示をかけて再開し、もしそれでも「楽しさ:面倒くささ=6:4」といった感慨を抱いたら、面倒くささ4を無視して、なんとしてでも楽しさ6のほうに自分で意識をフォーカスします。
そういうふうに、自分が◯◯を続けていけるための工夫に余念がないのです。


一方、

「もし私も、これだ!と思えることが見つかれば、今とは別人のほうになって頑張れるんじゃないかなぁと思うんですけどォ~」

といって、その「これだ!」が見つかっていないから頑張れないし、これまで「これだ!」が見つからなかったせいで今はこんなザマですが悪いのは私じゃなくて、見つかってくれなかった「これだ!」のほうです……という持論を正当化して相変わらず何もしない人たちがいます。

そういう人は、「これだ!」が見つかったら、何か別人のようになってしまい、今の自分ではない誰かが代わりに面倒な練習や作業、苦労をやってくれるものだといったふうに捉えています。

つまり、

「これだ!というものが見つかった後の自分」を、まるで他人であるかのように捉え、努力する面倒や苦労をその人に押し付ける
(今の自分が苦労したり、面倒と向き合うというイメージは脳内にない。自分じゃない誰かとしての、これだ!が見つかった後の自分に丸投げできたつもりでいる)


のです。

でもね、そうじゃないんですよね。

これだ!と思えたかに見えたことが、日が経つと、あれはいっときの熱に過ぎなかったというようなしらけた気持ちになったり、意気揚々とレッスンを始めたら先生から怒られたり課題をうまくこなせず自分の才能の無さに愕然としたり、いくらでもヤル気がなくなる出来事はこれでもか!これでもか!と押し寄せてきます。

それを、「これだ!と思うものが見つかったから」ロボットのように永久無限のヤル気状態で突っ走り続けるなんて、できるわけないんですよ。

これだ!というものが見つかりさえすれば、その後はまるでおとぎ話の「めでたしめでたし」くらい雑に何もかもがバラ色になる……なんて思ったら、大間違い。

そしていつしか、自分が何かのことを「これだ!」と思ったことすら忘れて、また、

「これだ!というものが見つかりさえすれば……」

を繰り返す。みたいなー。


クソリプ「それ、ただの意見でしょ?スピリチュアル関係ないじゃんw 主観じゃん。霊的真実じゃないでしょ?www (……と茶化してはみたものの、すごい動揺してる。傷ついたかも。だって私、これだ!って思えるものが見つかりさえすれば、そのあとの自分が勝手に努力してくれて何もかもうまくいく、と夢見ることで、絶望しないようにごまかしてなんとか生きてるんだもん。いつか頑張ろう、いつかうまくいく、だから今はサボって微妙で残念でも帳尻は合うどころか他の連中よりハッピーエンドで終わる運命だと保証されてる!って思うからこそ、こんなにショボい毎日でも、私は頑張ってる、悪いのは『これだ!』が見つかってくれないせい、といって自分を正当化できてるんだもん。そのすべてが、私自身の都合のいい思い込み・逃げだなんて認めたら、耐えられない!『これだ!』と思えるものはみんな見つかってないのに、自分で『これだ!』ということに決めて、嫌なこともあるし向いてないと感じて凹むこともあるのに、自分でモチベーションをどうにかして行動を起こして、楽しくなかったり苦労してると感じるような努力を続けていくわけ?いつ報われるか何の保証もないのに?……うまくいった人たちはそれができた人だって?それじゃあ私がそういう人よりチキンで怠け者ってことになっちゃうじゃない!ダメ!そんなのプライドが許さない!!私は悪くない!!!悪いのは!『これだ!』が見つからないせい!!そして!人は!『これだ!』が見つかりさえすれば!どこまででも!頑張れる!!!!!!!! だ~か~ら~、そんな私の心をかき乱すような不躾なことをほざくコイツを許すわけにはいかない!!!!黙れ!この嘘つき!!!)」
関連記事
スポンサーサイト