アンチ悪としての善行=ロクでなし街道まっしぐら

よく、「善 対 悪」みたいに、善と悪を対立する対等な概念・エネルギー・在り方etcなものだと思ってる人いますね。

でも実はそうじゃなくて、この世の事象を霊的エネルギーで捉えた場合、そもそも「ネガティブなエネルギー」とか「ネガティブな波動、感情、想念」というのは、絶対値でいう0より低いマイナス値ではないというのは、おわかりでしょうか。

ネガティブというのは「低い(側)」ってだけなんです。ポジティブというのは、エネルギーの波動帯域として、「高い(側)」というだけ。

つまり、室温の「暑い・寒い」でいえば、0℃より低い温度は存在しない世界だとしてだいたい25℃を境に、それ以下なら「寒い(ほう)」、それ以上なら「暑い(ほう)」となるんです。

知能の高さ(IQ)や感情的な知能の高さ(EQ)などの概念で捉えると、よりわかりやすくなります。
IQやEQがマイナスという人はいません。あくまで、高いか低いか、ですよね。
で、IQが高い側になれば頭がよくて物事がより理解できたり知恵を発揮できて、低いと頭が悪いから、何か非効率的なやり方や、生産性の低い愚行などを延々と繰り返して学ばない、というような有様になる。
EQが高ければいわゆる心の機知を察することができて、空気が読めて、他人の気持ちを汲み取ることができたり、自分と違うノリなどにも合わせることができる。いろんな種類の面白さや魅力にも、感じ取って呼応して、自分自身がいろんな楽しさをアンテナでキャッチできて感性がどんどん豊かになっていく。低いと、KYの感じ悪いギスギスした気の利かない卑屈で面白みのない人になる。
感情も、それ自体が電磁波としてのエネルギーなわけですが、愛を最高として喜びや感謝、そういったポジティブとされる感情は、周波数が高いです。一方、怒りや恨み、悲しみといったネガティブな感情は周波数が低く、なかでも周波数が最低の感情は「恐怖」です。

で。

大は小を兼ねる、じゃないですが、高さは低さを内包する、というのがこれらの事象には、あてはまります。

高さ10メートルの建物があるとして、そこにハシゴなり階段なりがあるとすれば、なんなら1階で地上と同じ高さに立つこともできるし、最大10メートルまで1メートルでも2メートルでも、その範囲内の高さには対応できるわけです。

つまり。

IQが高い人は、頭がいいわけですが、同時に、そのIQまでのそれぞれの段階を内包しています。要は、「バカ(ここではIQが低いという意味)とはどういうものか」も、わかるんです。
EQが高い人も、しかり。その人のEQの値を上限として、それより低いEQの人がどう、感情的に稚拙で未熟で鈍感で無知かを、実は知っています。

感情もそうで、喜びや達成感、忠実さ、感謝、そして感情として最高の波動を持つ「愛」。これら高い周波数の感情を知っている人というのは、その周波数より低い感情のいろいろを、知っていることが多いです。
よく「悲しみを乗り越えてこそ、優しくなれる。弱さを知るからこそ、強くなれる」みたいな標語、あるじゃないですか。要は、あれ。

と、いうことは。

いわゆる「善行」と呼ばれる、高い周波数の感情やIQ的EQ的エネルギーなどに到達した人が行える、高い周波数の事象を生み出す?動かす?なんらかの行いというのは、必然的に、「悪行」と呼ばれる行いもなんなら可能だよ、ということを内包しているんです。
人に奉仕して助けるという善行ができている人というのは、なんなら他人を虐待して痛めつけるということもできる、ということ。
何かを冷たく見放すこともできるけど、それ以上に高い周波数のエネルギーもろもろにその人が到達しており、意思の面でも面倒がらずにベストを尽くすことを選択した場合は、結果として善行を行います。このことはつまり、そうでないときには、すごい善行を行える人であっても、サイテーのクズ的な悪行、愚行を行うことも可能だ、ということです。

逆に、ある高さの周波数エネルギーに到達してない人は、全力を尽くしたところでたいした善行はできず(というか、思いつかなかったり、思いついたとしても実行するだけの能力がなかったりする)、それどころか「その人にできる範囲内でベストを尽くしたが、結果的に悪行・愚行とみなされるようなことしか、できないのが関の山だった」ということは、往々にしてあります。

理屈っぽく述べてきましたが。

善行は、その善行っぷりよりも劣る?低い?善行度合いのあらゆる行い(のほうを行うこともできたよ、という可能性)を含んでるわけです。選ばなかっただけで。

ということは。

誰かの悪行を咎めることは、場合(=たとえばその人がベストを尽くした結果、それしか思いつかず、それしかできなかった場合)によっては残酷であり、本質を見誤る(=例:いわゆる悪人という人がいて、悪いこと至上主義みたいな思想のもとに、あえて悪行とされることをしたと思い込む)ことがあります。

自分がテストで満点をとったからといって、それ以下の点数をとった人を「なぜお前は満点をとらなかったんだ?どうしてそんな反抗的なことをするんだよ!満点をとることを否定してるのか?そんなに満点をとることを愚弄したいのか!」とたしなめるようなもので。そのツッコミが本当に的を射ているかどうかは疑問でしょうね。

極論すると、「善か悪か」と、あたかも善と悪を対等に並べるような捉え方をして、そのどちらかを判別するような考え方の人というのは、この世の本質をそもそも見誤っているといえます。

光(その場を照らす可視光線としてのエネルギー)で例えてみると、もっと単純な話になります。

「光あれば闇あり」と言われ、それは確かにそうです(=明るいところでは、照らされたものに影ができる)が、光のない状態は、真っ暗です。闇の影に光はありません。

光と闇は、対等なものではなく、エネルギーの「有無あるいは高低の度合い」なんです。

言葉は悪いですが、利口な人はバカにもなれるが、バカは利口な人には、なれません。利口とされる知性に到達していないから、やろうと思っても、できないんです。
これはすべてのことにいえます。感情が豊かな人は無感情な人の状態を(選ぼうと思えば)選べるけど、無感情な人は、感情豊かな人という在り方を選ぶことは、できません。だって、それをできるだけの状態に、達していないから。

おわかりでしょうか。

人間が「悪」と呼ぶものの本質は、「エネルギーの不足、未熟、稚拙、貧しさ」なだけ


なんです。

偏差値の低いバカ学校と言われるようなところでは、生徒たちの間で
「勉強する奴のほうがバカだよな。全然世の中がわかってない」
というような、アンチ頭脳派みたいな考えが主流だったりします。
だって、勉強ができたほうがいいという考え方を認めたら、自分を否定してしまい、つらいからです。

それと同じように、悪魔と呼ばれる存在は、波動が低く、できることが限られている(というか、正確に言うと『完全なる無能』だ)から、
「神だの天使だのがいう善なんて嘘。悪のほうが、正しい。悪こそ、唯一の真実。怒りと嘆き、恨み、悲しみ。そういうネガティブこそが、この世の本質。それをわかっている奴こそがスゲエ」
という、まさにバカ学校の生徒が進学校の優等生をdisるのとまったく同じ図式が展開されます。

成績のいい人は、名門進学校に行こうと思えば行けるし、それ以下の偏差値の学校を選ぶこともできます(IQ250の天才なのに、0点常習者の月野うさぎと同じ高校に進学してしまう水野亜美のように)。
が、成績の悪い人は、どうでしょうか。考えるまでもなく、結果は明白ですよね。


話題がいつものようにぶっちぎりで逸れたかに見えるかもしれませんが、タイトルについての答え。

善か悪か、とそれら2つを対等な、対立する概念として捉えていると、それは霊的真実を見誤っていることになります。
人は深いところでは皆、霊的に成長して真実を理解していくことを志向しているので、「もし間違ってたらツッコミを入れてね」と宣言しています。
(志村けんの、受験生の勉強コントをご存知でしょうか。『(なぜか必ず女装をして三つ編みにセーラー服で、コタツで勉強しながら)あたしが寝たら起こしてね』と言った直後に寝て、起こし役の加藤茶などが、どんどん過激な起こし方をして『痛っ!!』というアレです。あれを私たちは、みんな宣言してるんです)

その宣言が、カルマシステムを利用するということだったりするんですがこのへんはまたいつか。(←といって延々としない罠)

となれば。

「悪はダメだ!善でなくちゃ!」

という考えでいると……。

「痛っ!!」

そこでメッセージの内容(=その捉え方は間違ってるよ)に気付けばいいけど、ムキになって

「私は!悪を!駆逐するまで!撲滅するまで!絶対に!諦めない!!」

と頑張っちゃうと……。

いかりや長介「ダメだこりゃ」

ジャンジャンジャンジャン!!

(例えが古くてわからない人、ごめんなさい←嘘。謝る気ゼロ。このくらいついてこいよ!勉強しろよ!と言いたい。日本の文化やで?←なぜに関西弁?)
関連記事
スポンサーサイト