お金持ちの教科書

読みました。
  ↓


これは、もともとジャーナリスト&編集者だった著者がコンサルタントに転身して顧客などとして出会った金持ち富裕層150人から見聞きし、自身でもひと財産築けたマインド、金持ちが共通して持っている視点・価値観・ものの考え方を編纂したものです。

ジャーナリストのためか、既存のいわゆる「金持ち(指南)本」を俯瞰し、その傾向と問題点を指摘しつつ、それらと同じ穴の狢にならないように……という切り口でまとめてある点が、斬新でもあり、説得力があるなと感じました。

なにより、取材対象である金持ちたちの人数が100人を超えている。
金持ち本にありがちな「とある億万長者の、好き勝手なドリーム話(他人がそれを読んでも全然参考にならないし、本に書いてあるとおりにやっても同じく成功できる保証がまるでない)」的なフワフワした説得力のなさや胡散臭さを出さないよう、こだわった内容になっています。

金儲けの仕方、ではなくて、「金持ちになる考え方・行動特性」を客観的に、ジャーナリスティックに?書いてる点が、単に気持ちを高揚させる麻薬みたいな自己啓発本とは一線を画している印象。

たとえば

金持ちは友達が少ない、つくらない、できにくい

金持ちは飛行機のファーストクラスには乗らない


といった、他の金持ち本がなかなか言及しないような、また一般的には意外と感じられるようなテーマについて、「なるほど、だからか!」という説得力で鮮やかな論旨を展開します。(それが論理的なので納得いくし、読者が参考にして自分もやってみようとしてできる内容になっています)

書いてある内容は意外性が高いものが多いのですが、ぶっ飛んで非常識というものはありません。
むしろ、「バカな庶民」が、非効率なのに正しいと思い込んで(社会常識に洗脳されて)気づかない盲点を見事に指摘し、「普通に考えて、こうしたほうが、よくね? てか、金持ちたちは、それができてるから、金持ちなんだけどw」という正論すぎる正論(←めんどくさい理屈じゃなく、誰でも今すぐできることなのが嬉しい)に目からウロコ(の人も多いであろう)。

べつに高い意識や強い忍耐力、長期にわたる不屈の努力……といったものを要求する類のものではなくて、
「重曹は料理に使うだけのもの、と思い込んでない? でも実は掃除に使うと水回りの汚れがサッととれるよ」
くらいの、とっても身近ですぐ実践できる、暮らしの知恵的な気づきが多いのが、まさに「教科書」。

おすすめです。
いい本だし、去年発売されたばかりなのに、Amazonマーケットプレイス(中古市場)では、500円くらいに値崩れ起こしてるのが残念。
(やっぱり『貧乏マインドにすっかり洗脳されて堕ちて這い上がることを諦め、変わるだけの柔軟性を失った社畜が読むと、金持ちマインドのいちいちが、けしからん非常識に感じて反発する』んでしょうかね)

図解版もでています。
  ↓




最近、第2弾が発売されました。
  ↓


こちらは、スマホやクラウドといったIT技術の革新が社会構造を変え、ビジネスモデルを大きく変えたことがメインテーマになっています。

だからかつてのようなビジネスモデルを展開する大企業の社畜になるどころか、個人がどこの組織にも属することなく、うまいこと時流の変化に乗ったビジネスを展開できれば金持ちビジネスパーソンになれるよ、というノウハウ色が強い内容になってると感じました。

この記事をここまで読んだ人あるある「私には無理だ」

はい、意図は現実化します。人の第一希望としての願いは、必ず叶うようにこの世はできてます。
つ・ま・り・♪

「私には無理だ」と思った人、

夢が叶ってよかったですね❤️
関連記事
スポンサーサイト