世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方

レジリエンス(翻訳によりレジリアンスと表記されることもあり混在)についてよくわかる1冊。



厳密?には、回復力のようなことをいうようですが、要はタフさです。神経の図太さというか。嫌なことがあっても寝て起きたらシャキーン!みたいな。寝なくても時間が経ったらケロッ!みたいな。まさに今、つらいことが起きててもへっちゃら、的なアレ。

脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方と併せて読むと、頭での納得は、多少はしやすいかも。

要は神経も筋肉や心肺機能などと同じく、耐えられるギリギリの負荷をかけて休息して超回復させて、を繰り返すと、物理的に強くなっていくんですね。
(これは例えではなく、ほんとに、顕微鏡で見ればわかる物理的な神経が、特殊な脂肪物質などでコーティングされて強くなります。それまでキツいと感じていたようなストレスを、まったくつらいと感じなくなる)

この記事タイトルの本は中盤から、良くも悪くも逸脱して、レジリエンスの話から、「いわゆる優秀な人の生活習慣、思考法」みたいな話題に広がっていってしまうのですが、まぁどれも優秀な人材になることを目指すなら常識とされることばかりなので、勉強にはなる予感。。。

(そしてたぶん、『こういうことを平気で言えてしまうのは、著者自身、生まれつき優秀な人間だからだ。普通の人間にはそこまでできない。誰もがこの本に書いてあるようなことをすぐに実践して本当に打たれ強い人間になんか、なれるもんか』系の(誰でも思いつく)反論をしたくてウズウズしちゃう人もいっぱいいるゥ〜?的な〜?)

まぁでもこの本の良さとして私が感じたのは、

「(誰もがそうなれるかどうか、強くて優秀とされる人がこの本に書いてあるとおりの仕組みで能力育成をしていってるかどうかは別として)優秀とされる動き方をできてる人はおしなべて、これこれこういうことができている」

という基本的要素一覧を列挙してくれた点。

今でこそ私自身、能力育成やどの能力をどこでどう活かせばいいかを他人様に(お金まで貰って!)アドバイスする立場にいますが、20代までの頃、まだ自己啓発本自体が今ほど隆盛でなく、

「いったい、優秀とされる人間は、どこが普通の人と違うのか。何をどうやれば、優秀さにつながるのか。(逆に、苦労するわりには優秀さの育成につながらない効率の悪い努力や、努力だと信じてやっているが実はさほど効果がないものは何か)」

を知りたくて知りたくて、どこの誰も(少なくとも目に入る範囲内では)言っていない的なジレンマを長いこと抱えてた身からすると、こういう本がサクッと手に入るというのは、信じられないほどの恩恵です。

まさにこの著者が勤務した、人材輩出企業として紹介されるガリバー企業に私が学生時代、同じ部屋で生活していた悪友が就職したのですが、採用試験に受かるだけあって?、この本で紹介されるような基礎的な体力・精神的体力・資質みたいなものは、すべて備えていたなぁ……。なんて思い出しました。

(それで思うのだけれど、『企業で実績を出して評価される人=いわゆる人間的にデキた、道徳的な善人。人徳者』というわけでは、ないんですよね。運動選手が、どれだけ性悪だろうと運動能力が高ければ評価されるように、企業もまた、その企業が求める業務(遂行に必要な能力……少なくとも、その能力を今後、育成していけるであろうとみなせる可能性(ポテンシャル))があれば、どれだけ人としてサイテーなサイコパスでも採るんだなぁとあらためて思います。その悪友、ほんと、人としてはサイテーすぎるサイテーっぷりだったのでw しかも、性根の部分では最低とされる路線でも、いざ企業に勤めて、そこでの評価で自分の給料が決まるとなれば、本音の最低さをうまいこと隠して、善良?かつヤル気に満ちてガッツもあり誠実に見えるキャラを、絶対に化けの皮が剥がれないように演じて立ち回ることもうすうす見当がついていて。だから企業からしたら、性根の部分である社員がサイテーな非道徳人間かどうかなんて関係なく、望む業績を上げてもらうことができるわけです。うまくできてんなァ……w)

ただ、それこそスピリチュアルに興味があると言ってる人の大半が現実のつらさに耐えきれず脱落したダメ人間ふう(レジリエンス最弱組!)であろうことを考えると、こんな本を紹介されたところで

「ふぅ〜ん。強く……なる?(with嘲笑) あー、ていうか、そういうのはいいから、どうすればラクして幸せに豊かになれるかを教えて? こういうのはスピリチュアルなことがわからず自力で業績でもあげないと豊かになれない、非スピな人間どもが読むものでしょう?w」

「単純にム〜リ〜。うぅ〜、『鍛える』なんて想像しただけで、、、怖い……。(withいたずらっ子的な(でもトシくってて全然可愛くない)テヘペロスマイル)」

らへんの反応で終わりなんだろうな、と。(書いてるそばから思う)

P.S

Kindle版の電子書籍は紙より相当、安いので端末で読める人はこっちでもいいかもね。
 ↓

関連記事
スポンサーサイト