エネルギーワーク未経験からいきなりマルチプルアバンダンス受講!

いわゆるスピリチュアルなエネルギーワークのセミナーは未経験だけどいきなり!マルチプルアバンダンスを受講された方からの感想をいただきました。

(以前、私のセッションを受けていただき、『どんなエネルギーワークをやっていったらいいですか?やっぱりシータヒーリングを基礎~応用まで受ける方がいいですか?』と聞かれ、創造主に尋ねたら『いきなりマルチプルアバンダンス1つでよい』という答えが返ってきたので、(マルチプルアバンダンス創始者である私がそれ言うのってなんだか宣伝みたいだなぁとも思いつつ、べつに自分の意見じゃなくて創造主からのチャネリングメッセージだったので)お伝えしたところ、参加いただいた次第です)

usamimiさん、こんばんは。
昨日は、マルチプルアバンダンスSkype講座にてお世話になり、ありがとうございました。
感想を送りたく、メールさせて頂きました。

まず、講座が始まってから数十分経った位の時に「私、大丈夫かいな?」と思いました。こういったエネルギーワークの講座は初めてだったので、「ハードル高すぎ!」と。
本当に、聖なる森に迷い混んだ一匹の子羊・・・図々しいですね、一匹の滞留したカワウソでした。
ただ、以前、usamimiさんのシータヒーリングのセッションを受けた時に、創造主に聞いて頂いた「いきなりマルチプルアバンダンス講座受けても出来る」との答えを貰っていたので、それを支えに、どんなに自分が泥臭くなってもいいから、必死に食らいついて、この講座についていく!ついていかなきゃならない!という妙な自信はありました。

最初はっきり分かったのが、まず私の人生に対する生き様が残念すぎるという事を認めるという事でした。
結構いい大人がこれを認めなきゃならないというので、生意気にも心の中は葛藤しましたが、認めて行動に移すギリギリのタイミングだと思い、正直に話しました。
ルシファーの呪いを(自分で選んでたのですが)usamimiさんに解除してもらってからだいぶ変わったんですが、やっぱり今までのこびりつき、癖のようなものがまだ残ってたんです。
ですが、昨日の時点で、エンパスごっこ(ネガティブ拾い)、ルシファーごっこは止めなければ、私はいよいよ[何かに]見捨てられると焦る気持ちが出てきたんです。

すると、認めた途端、何だか色々な気付きがふわぁ~っとやってくるように感じ、実習後の感想を求められても、自然と伝える事が出来た自分にびっくりしました。

シータはまだ習ってないんですが、自分の潜在意識の思い込み[金持ちや権力者はクズ・行動するとエネルギーが減る・時間をかけないとエネルギー感知や霊視は出来ない・自らが体験した事でないと分からない]がぶわぁ~っと顕在意識で分かって、これが分かった事は結構大きかったです(これらは自分で解除します)

それからは、実習で自分の事を視ていって、色んな答えが沸き上がってきました。(一つ一つとても大切なメッセージでした)

一日経ってみて、、今日はエナジーディスポージングがめっちゃ役に立ちました。いらないコミュニケーションってこんなにあったんだ、今までよく相手にしてたなとしみじみ感じました。

これからはしばらく、このマルチプルアバンダンスを使いながら、ずっとやりたかった事(私も何十年も寝かせているものが何個もあるので)にエネルギーを費やしたいと思います。
なので、スピ系のワークショップに参加するのはしばらく止めて、行動する事に全力を使います(usamimiさんにセッションはお願いするかもしれませんが)

usamimiさんが、ここ何ヵ月で習った楽器(音楽)での上達の早さのお話しはとても励みになりました。

本当にありがとうございました。

あざっす。

この方の感想にもありますが、マルチプルアバンダンスは、そこまでスピリチュアル大好きというわけでも、ひたすらスピリチュアル一辺倒というわけでもない、フツーに現世的なやりたいことがある、現世的に生活をどうにかしていくのをちゃんと第一にして生きていきたい、という人にこそ、向いています。

イマドキって、べつにコンピュータヲタクじゃなくても、スマートフォンやタブレットを使いますよね。
それどころか、主婦などのほうが、LINEや天気などの調べ物、家族との連絡などで、スマートフォンを持ってみたらサラリーマンなどよりよく使う……みたいな現実も明らかになってきています。

これ、べつにITに興味があるとか、コンピュータガジェット好きだからとか、ましてやApple信者だからiPhoneとiPadは欠かさず持ち歩くとかでは全然なく、単に「使うと便利で、必要だから」持って使うわけですよね。

それと同じように、マルチプルアバンダンスは、主婦の使うiPhoneのように、

「べつにスピリチュアル自体に興味があるとか、ひたすら霊的に修練を積んで悟りを開きたいとかじゃなくて、日常生活を送ってよりよい人生にしていくために便利だから、有用だから、使う」

という位置付けこそ、ふさわしいと感じます。

べつに宗教じゃないし、何か教えを学ぶものでもない。現世を生きるうえで役に立つか立たないかよくわからない霊的成長とやらを目指したものでもない(結果として霊的成長に寄与する働きを持つプログラムも、マルチプルアバンダンスの中には多数、ありますが、それはあくまで、現世で人間として、物理現実も霊的な側面も大事にしたうえで人生をより良くしていくのに直結するならば、という範囲の中でやっています)。

便利に使う、ツール。アイテム。

霊的スマホ

って感じです。

この方のように、それまでスピリチュアルなワークとは無縁だった方が実際、何名か(も?)受講され、絵空事でなく現実をどうよくしていけばいいのか、どこを直せば自分の人間的な欠陥?を修正していけるのかなどに気づけるという感想を寄せられ、個人的にはとても嬉しいです。



この方の感想に出てくる音楽の話ですが。
(ちょっと前置きしますね)

私がマルチプルアバンダンスを創始し始めたのは、今年の3月です。

コンピュータプログラマよろしく、単独でいくつものエネルギープログラムを組み、アルゴリズムの(霊的)正当性やバグの有無チェック、機能テストなどを経て完成させ、それらをどうセミナーで伝えていくかの構成にも取り組みました。

β版、α版と、モニター的に参加していただいた方々からのフィードバックなどを踏まえて、ようやく完全版が完成したのが今年の8月です。

早いような、遅いような。

この期間中は、まさにITベンチャー企業の創業メンバーのように、寝ても覚めても、(エネルギー)プログラムの作業に没頭していました。

それと並行して、このプログラムでは

「口先で『癒えた~、霊的に進化できた~♪』と嘘でもいいからほざくのとは異なり、物理現実の世界でちゃんと、成果を出せること。自分が強く有能に変化し、望む豊かさを物理的に創り上げられる能力が育っていくこと。実際に行動に移せるような心身霊魂の状態に導いていくこと」

にあくまで、こだわりました。

もうね、嫌なんですよ。目に見えないからって、好き勝手、妄想し放題で「私はクリアリングが進んだ~」とか、頭にどんだけウジ虫がわいてんだクソが、みたいな人を誘発するようなスピリチュアルエネルギー業界の悪しき伝統みたいなのが。

ほんとにスピリチュアル的にすごかったら、ちゃんと現世的な分野でも、スピリチュアルに理解や興味がない人たちからも評価され、尊敬され、高い優れた成果を出せるはずでしょう?……という点に、異常なほど、こだわったんです。

スピリチュアルに理解がないいわゆる「フツーの人」たちから、蔑まれる路線で「変わってる」とか、「ダメな奴」と言われるようじゃ、なにがスピリチュアル的にクリアリングが進んだだよ、って思いがあって。
(かといって、人の評価はアテにはならないので、なんとしても人に褒められたいという承認欲求を満たすことを優先したという意味ではありません。あくまで、現実的に有能な人になっていき、物理現実やせいぜい道徳観念といった精神性だけを見ている人たちからしても、すごい人素晴らしい人と呼ばれるような人間になっていけるように、という意味です)

だから。
(はい、前置き終わり)

私自身、音楽をやりたいやりたいといっていて全然モノになっていかないとか、そういうダメダメな状態を、このマルチプルアバンダンスのプログラムを使うことで改善できないか、と、自分自身を実験台にしたのでした。

だって、そうでしょう?

創始者自身が、自分の開発したエネルギープログラムで、どこも現実的に良くなってなかったら、それこそ詐欺じゃないですか。

で。

詳細は割愛しますが(ごめんなさい、ブログでもツイッターでも絶対に触れないと決めてる話なのです)、半年とは思えないほど、伸びたんですね。部分的にプロデビューできる話も持ち上がってきていて。

ツイッターではなんとなく経緯を書いてますが、私自身、マルチプルアバンダンスを活用して、今年の3~5月くらいまでより以前の自分とは、別人のように変わりました。

MEC食を実践して12kgの健康的な減量に成功し、今や意識せずとも自然と痩せていく食生活を確立。まだまだ痩せ続けている。
歯並びの矯正を始めた。
大学に入り直した。(しかも、母親が叶えられず引き継いだ『美大に入る』という家系的遺伝的カルマ課題を達成した!)
ウジウジと不幸で煮え切らない状態のほうが好き、と悪ふざけしてるガキっぽい部分を払拭して、真っ当に幸福を追究していく(←これ、不幸にまみれてるよりずっとハードで高度です。ひたすらネガティブにまみれて『こんな大変な思いに耐えてる私スゲエ』とかほざいてるほうが、どんだけ楽か)大人に自意識をシフト。
書籍の編集者になるという夢を叶えた。
毎日のようにヨガのレッスンに通い、ヨガとはなんぞや?どんな効果が?という片鱗くらいは見えてきた(気がする)。
太極拳を習い始めた。
プロに師事して作曲とDAWを本格的に習い始めた

などなど。

それも、ただ雑に思いつくままに習い事をたくさん広く浅く、というのではなくて、15年以上も前からずっと寝かせていた、気がかりだったことを、「なぜ、それをしたいのか」も明確にしたうえで、自分の人生の中での位置付けや優先順位もつけたうえで、始めたわけです。

それに伴って、惰性でしかないもの、本当の願望とは違うものなどは複数、スパッと、やめました。

手帳なども活用して(というか、忙しい予定をうまくこなすために、手帳を活用せざるをえなかった)、どれをやると決めて、どこまでやれたか、身についたかを記録して。

ただ「やった」のではなく「できた」率がグンと高くなり、

「大人になって、たった半年で、こんなに変われるものなの?」

というくらい、変わった実感があります。

今では、それ以前の自分を思うと

「よくそんなダラダラしたナァナァさで耐えられるね?ずさんな自己管理と達成状況でチンタラ生きてて平気だね!?」

と、青ざめる心地です。

食生活も運動なども総合的に「ちゃんと動けるように、やると決めたことを達成できるように」かなり見直し、しかも実践できています。

べつに意識が高いとか、プレッシャーだけど決めたことだからしぶしぶ続けてるというのでは全くなく、

「やりたいと決めたことを、ちゃんとやる。やりきりたい!」

という子供じみた純粋な熱意と面白さ、楽しさ、達成感や成長の実感が嬉しいから、やっているだけ。

そういうふうに、シフトしました。

できてるかどうかは自分だけで判断すると見誤るので、ちゃんと他人から評価されるようにしました。
大学に行けば、課題やレポートは講評され、採点されます。
会社に行けば、仕事ぶりが同僚や上司から評価されます。
習い事の稽古に行けば、先生からダメ出しをもらえます。

友達同士で意見を伺うだけだと、甘々になってしまうので、一定の厳しさや真剣さをもってこちらのパフォーマンスを見てくれる人がいる場を整えました。
(フリーランスで独立して6~7年も、誰かから査定されることなく気ままに生きていた私には、他人からマイナスに評価されるかもしれないと考えただけで、背筋がゾッとして、ビクビクするほど、メンタルが繊細で弱くなっていました。でもそれを振り切り、実際にけちょんけちょんに言われても、それでかなり落ち込んでも、『徐々に慣れていく!アドバイスもらえたところをなおして身につけて、もっと高い実力に到達してやる!』というほうに意識を向けて、我ながら健気に努力しました)

豊かさについてのプログラムを整備していくと、(それまで私は個人的にまったく興味がないから眼中になかった)幸せという概念にも目を向けざるをえません。
そして、「ただの精神論とか、自己啓発みたいな、屁理屈こねてるだけの幸福論は、まっぴら」という思いで、ポジティブ心理学にも行き着きました。

それは最初は、マルチプルアバンダンスの整備のために手をつけたものですが、結果的に、人間としての自分を蔑ろにしていた部分を大いに反省する、という副次的恩恵にもつながりました。

そういうふうにして、何か1つが開けると次につながり、別の扉も開いて、今もなお、こうした流れを経て、毎日毎日、「ほんとに1日経っただけで、こんなに?」というくらい、可能性が開けて、具現化できてきています。

エネルギープログラムを整備したときは、「いろんな豊かさ」という意味合いで「マルチプルアバンダンス」と名付けたものの、自分でも

「随分とデカく出たもんだなオイw」

と思っていたんです。

でも、名前負けしないだけの内容になっていると、今は自信を持って言えます。

マルチプルアバンダンスがもつ、何よりも尊い?性質が、

スピリチュアルエネルギーへの依存目当て、他力本願、神頼み同然で寄ってくる人を助長しない

ことだと思っています。

しかも、

邪(よこしま)な目的でマルチプルアバンダンスを受けても、結果的に、エネルギープログラムを走らせると、自分の邪(よこしま)さに気づき、「あ、これじゃダメだ。こうしなきゃ」と、人間として真っ当な在り方になる決心を自分自身でつけることができるようになる

から、受講動機は不純でもOK!という。。。

だって人間はすべからく全員、神の一部ですから。

ちゃんとしたスピリチュアルエネルギーでの働きかけがあれば、どんなに悪魔的な状態の人でも、本来の神聖さを取り戻すんです。

そして、あくまでもエネルギープログラムは「補助的ツール」であって、根本的には本人の自助努力で、強く賢く健康で健全で幸せで豊かになっていく。
それを、物理的にも心理的にも精神的にも霊的にも、偏りなく全方向的に、満たす。

それができるツールだと自負しています。


受講生の方々からのコメントで、当初設定していた料金を「安すぎる」と言われ、今は初級~上級まですべて受けると15万円という、それなりの値段のエネルギープログラムになっています。
が、高すぎるとは思っていません。
同時に、このプログラムにこれだけの料金は出せない、というか持ってない……という人は、受けなくていいよ、と思います。
「今、貧乏なんで、奨学金的に、受講料を免除してくださぁい」
みたいな人の要望に応える必要もないと思ってます。
初級の3万円をちゃんと手に入れてから初級を申し込めば、と、あえてドライでいます。その条件が整うこと自体が、受講できる霊的物理的諸条件を満たしたことになる、なによりの目安だと思いますので。

この世は、いろいろな困難がいくらでも起こりうる、弱肉強食を根本原理とする場所。
その、諸々の敵対する力各種に打ち勝てるものだけが、生き残り、豊かさと幸せを味わえる。
厳しいようだけど、これはなにも、誰かが言わなくても、普遍的にこの世にある原則。

私の整備したマルチプルアバンダンスは、霊的な側面から、使う人がこの原則に沿って勝ち上がっていける(結果、豊かになる)ことをサポートしますが、それはどこまでいっても、ズルではない。
最後は、本人の、物理現実における、肉体的精神的霊的な力で、成し遂げる。
それを、霊的な根本原理からみて「違法」でない在り方で、支援するのみです。

感想いただいて感謝しています。
いわゆるスピヲタ的な、スピリチュアルにずっぽりな路線の人でなく、日常生活を現実的に送ることを意図している方が有用だと言ってくださるのが、なによりの励みです。

このプログラムは、私を経由してこの世にもたらされたけれど、私が好きにしていいものではないし、私が軽んじる資格もない。
母親が生んだ子供は、もうその時点で、独自の道を歩み始める。その子供の価値は、母親といえども、貶めることはできない。支配することもできない。
それと同じ。
もう生まれてしまった以上、いくら私が創始者だといっても、自分のものとばかりに好きにするわけにもいかないのです。

むしろ、個性と人格を備えて独自の道を歩み始めた、マルチプルアバンダンスという講座を。
その講座を受けて変わっていった人たちの思いを。
他人事のように、自分の問題とは切り分けて、大切に守っていく。

そういう役割になっていると思っています。

受けてみよう、と決意された方からの受講申し込みを、いつでもお待ちしています。
(初級は4時間、中級も4時間あれば開催可能です。Skypeや電話など遠隔でも可。個別の開催オファーも応相談です)
関連記事
スポンサーサイト