インド産アメジストの感想いただきました

Celestie.jpマテリアルの商品を購入された方からの感想です。

商品が届きました。
ありがとうございました。
実際の商品は掲載写真以上にキラキラで、ワイヤーも石もとてもかわいらしく素敵でした。

感想ですが、商品到着の数日前から突然頭の上で浮遊していたなにがしかの意識のようなものが全てなくなりました。そしてそれはその日からずっと継続しています。

サイキックアタックの存在を知った時から、そんなの気のせいじゃない?とずっと思っていたのですが、なくなってみて初めて「あ、この想念の事をサイキックアタックと名付けられていたのね」とわかりました。

なんということはない他人から自分に向けられた想念、枠、意思のようなもの、単なる無意識、でも実際に向けられているもの。

前々から相手が自分に「この人はこうだな」という決め付けで私をみているな、というのが実際に分かり、若干腹立たしいのでその思い込まれ以外の行動をしようとするのに何故かその思い込まれ通りに行動してしまうという意味不明のことをしていたのですが、こちらが届いてからはその通りに行動するも何も自分に想念が届かないので、影響がなくなった、ようです。

反面私のことを「この人はスゴイ」と勘違い(?)してこられる方には私の実力以上のものが引き出されていたので、その点に関しては少々残念に思い ます笑

個人的にこれから講師業として人前に出る機会がとてつもなく増えるので、その点においても大変助けられるのだろうな、と。

と同時に、今独立開業準備中なのですが、ますます今の自分のテーマである「全て自分原因」に環境においても拍車がかかり、逃げられなくなってきた と言いますか。

自分でもこういう技を身につけねば、と思いつつも放置しているので時にはこういう商品でパッと解決できてしまう、現代日本ならではの恩恵というか…

しかも田舎住まいなのですが、日本のこんなど田舎でこんなすごいものが手に入る、本当にすごい社会だな、と痛感します。

購入できて本当によかったです。
大切にしてまいります。
ありがとうございまいした。

P.S
usamimiさんの商品を買った人には何かしらの影響のある本や動画がやってくる人が多い、とusamimiさんがどこかに書かれていたように思うのですがマドマギも封神演技も全てみてるし…となったところではっとしました。

夫がその日突然「全部100円になってたから、古本屋でGS美神(昔サンデーに連載されていました)全巻買ってきた!」と帰ってきたのが想念が一掃されたのと同じだったのです。

内容をご存知かわかりませんが、悪役の存在についてが描かれてた部分がとても腑に落ちたところだったので、ああ、これのことだなと。

ただ石を購入させてもらうだけで、こんなに素敵な効果がたくさんついていてこのお値段…
まさしくお値段以上、です。

あざっす!

この石には、自動サイキックアタック浄化のエンチャントをしたんでしたっけ(←早くもうろ覚え)。

お役に立ったようでなによりです。

感想で何より嬉しいというか励みになるのが、(究極的には『ただの偶然じゃね?w』というツッコミを完全には回避できないものの)単なる気持ちの問題で「幸せになった気がします」といった、ほんとかどうかわからない変化ではなく、物理的に、~~が~~になった、という変化が起きているのが綴られていること。

私は、(スピリチュアルな恩恵をあまりに物質的な側面のみに求めるというのはそれはそれでアレですが)物理現実で変化が起こって初めて、スピリチュアルなヒーリングなり、エネルギーワークの恩恵なりが発揮されたと言っていいと思っています。
あるいは、精神面・心理面でも、ただ感情がハイになって明るく楽しいというようなだけでなく、それまで抱いたことのない感慨や思考を持てた、気づけた、思いついたというような、明確に「以前とここが違う」と言えるものがあるといいよなぁと思っています。

特定の誰かや何かを指しているわけではなく言うのですが、スピリチュアルなサービスを行うヒーラーやパワーストーンのショップなどで「お客様の声」欄が

「とにかく癒されました!」
「涙が止まりません……」

など、まるで邦画のCM(試写会に来たと思しい一般人が、映画を観終えて映画館から出てきてロビーで取材を受け、涙目で『感動しました!』と言うのを何人も連続で映すアレ)みたいな、抽象的な感情表現の羅列みたいになってるのを、イタいしダサいし胡散臭いなぁと思って見ています。

だからそれはインチキ、と思っているわけでもなくて、一定以上のほんとのエネルギーワークはイマドキ、できてて当然だよなぁ、という前提はあるのですが。
ほんとにできてるだろうに、胡散臭く見えてしまうのがかえって残念というか。

その点でいうと、(こちらから催促しているわけでは決してないのに、お客様側の自主性で)感想を、しかも具体的だったり、読む側が何かしらしっかり受け止めるものがある文章をお寄せくださるというのは、何物にも代え難いです。

(ちなみに、『(褒める)感想ください』と暗に強制?強迫的にお願い?するヒーラーもいるらしいですね。お願いすること自体は悪いとは思わないのですが、それが褒めることの強制としての動機がもしあるのならば、どうなの、と思ったりします)
関連記事
スポンサーサイト