思考のシンボリックリンクを解除する

シンボリックリンクとはIT用語(ですよね?)で、そのものズバリを自前で用意するのではなく、借りて使うといった意味合い(でいいですかね?)。

たとえば炊飯器でいえば、自分ちで自分用のを購入するのではなく、お隣さんのを必要なときに使わせてもらう、的な(←ニュアンスだけでも伝われ!w)。

思考のシンボリックリンクとは、自分自身の中にその思考そのものを生み出して保持するのではなく、他人が持っている思考回路にリンクを張り、必要なときにその人の思考回路でものを考えるようにする、というエネルギーワークです。

うまく意図的に思考のシンボリックリンクを張れるようになれば、識者と呼ばれるような頭のいい人、性格のいい人の思考回路でものを考えられるようになるので便利っちゃ便利でしょうかね。
(ただし私は今となっては、相手の思考エネルギーそのものにシンボリックリンクを張る、というのは、やりません。まず、相手の思考エネルギーを別領域にコピーして、そのコピーに対してシンボリックリンクを張ります←これ読んでピンと来た人もいると思いますが、私は『エナジーシミュレーター』と称する、想念など霊的エネルギーの開発環境・作業領域を持っていて、そこにいろんなエネルギーをコピーして置いておき、あれこれ試行錯誤したり、便宜上、そこに置いたデータファイルを実際にちょこちょこ使う(←整理整頓的にはあんまり望ましくないんだろうけど)ことをしていますw)

が。

ここで言いたいのは、無意識のうちに、どこかの時点で、自分が誰かに直接、張ってしまったシンボリックリンク。わかりやすくいえば、霊的エネルギーフックの一種なわけですが。

まず、自分以外の誰かと直接的にエネルギーが結合しているというのは、(メリットもあるっちゃあるんですが)そこまで合理的とはいえない。一蓮托生もいまどき古いよね、的なw

そして、よほど自覚的にリンクを張って、そのエネルギー的連携を管理できているならまだしも、そうでないならば、邪魔に働くことがあります。

私のことで具体例を挙げると、「美人恐怖症(ブサイクな自分がこんな人と接するのは身分不相応でつりあわないんじゃないか、向こうはこちらのことをバカにするんじゃないかと恐れてビクビクオドオドする)」をシンボリックリンクで、とある大学の同級生に張っていました。
(面白くて、意図的に張った自覚もあります)

自分に自信がないことで現実がショボくなりチャンスを逃す……ということを第一希望に願っている頃はそれでかえって満足してましたが、それもどうよ的になると、単純に邪魔w

しかも、自分がいつ誰にどんなシンボリックリンクを張ったか忘れてしまうと、いわゆる思考の掘り下げをしているとき、部分的に自分じゃない思考に移行する箇所が出てくるわけです。
そこで、「あ、この思考は自分本体のものじゃない」と気付けるところまで超感覚的に発達していればいいのですが(←ようやく私も、その程度まではこぎつけたようです)、そうでないと、掘り下げトークがぐちゃぐちゃになり、混乱させられてしまう。

余談ですがこれ、ヒーラーとして他人にワークするときも、そう。
部分的に、その人自身の思考じゃないものが出てくることはあり、それに気づけないと掘り下げ屋(Digger)としてはお粗末なわけですよね。
(シンボリックリンクだけでなく……というか、思考のシンボリックリンクを張るというのはどちらかというとレアケースで、一般的なのはその人の体内に巣食ったウィルスや細菌、重金属、タバコ、麻薬、アルコール、寄生虫、感染した呪(まじな)い的に入り組んだ集合意識etcといった他者の思考エネルギーであることが多々ですが)

そんなわけで。

自分でない他人に張っているシンボリックリンクは、いちおう必要かどうかだけ精査はしつつも、要らないならバッサリ、が賢いよねー。と。

そんなわけで、他人の思考へのリンクを一掃するキャンペーンを個人的に展開中。

なんかねー、もうねー、鬱陶しいんだよねー。
それまでは、若いうちの過剰なやる気だかで、自分だけでなく他人の思考も味わえて一石二鳥!社会勉強になるぅ~!と思ってたけど、もうさすがに、いいや。そういうのは。お腹いっぱいッス。

しかも自分の場合、「すべてを受け止めて許せる人間になろう」的なことを二十歳前後の頃に強く意識していて、わざと、感心できない思考を持ってる人たちに、いろいろリンクを張ってたんですよねー。(その頃は、バーチャルシンボリックリンクという技をまだ知らなかった&使えなかったから、直接、張っちゃってた)

でもさ、許容できない拒絶したいというのでもなく、

「うん、はい。あー、そう感じる、そう考えるわけね。うんうん、アリっちゃアリだよね。べつに禁止されてるわけでもないし。えぇ、そういう考えの人は、そりゃ、いるでしょうよ。そういう考えで生きてる人を裁く権利も義務も興味も、自分には無いわけだし」

という、いまさらもう何も学べるものが無い的な心境に至ってしまったんですわ。
これといって目新しい思考でもなく、ただ、「あー、あるある、そういうの。うんうん、そこそこいるよね、そういう考えの人」というだけで。

もう十分に聴き込んだ音楽やら音声英語教材やらを、それでもまだ聴き続けるような苦痛。
もっとべつのこと、あるでしょ?的な興味の推移。

そっちのほうを、認めて尊重することにしました。

なので、学び終えた、他人の思考へのリンクなんて、もう要らねっす。さようなら。

P.S

前に、(あまり尊敬できない類の人から)

「usamimiさんのブログは、わかりやすすぎ!そこまでいちいち解説しなくてもわかるよ!っていうことをチマチマ書いてる。読んでて、かえってめんどくさい。一言ズバッと書けばもう、わかるから!」

と言われたことがあり、鵜呑みにするわけじゃないけど、「そうかもなぁ」と思い、あえてわかりにくくというか、そこまで噛み砕かないでサクサク書くようにしようかな、ということを多少、心がけてます。

はたして吉と出るか。w
関連記事
スポンサーサイト