マスターの魂を持ってるのに霊的成長至上主義なの!?

これわ見解が分かれるところ。。。

この世には、まさに人間としてこの世を卒業しようと頑張る、いわば学校でいえば「現役生」としての魂を持った人間と、実はすでに卒業済みのOB・OGなんだけど現役生に混じって、学校が潰れないように暗躍する、天界のマスターの魂を持った人の2種類がいます。

で。

現役生なら、卒業に向けて単位を取得するのにまっしぐら!でいいわけです。
(でもたいていの現役生は遊んでばかりなんだけどね。具体的にいえば『スピリチュアルなんてデタラメのまやかしだ!この世は生まれる前も後もない。この現世だけがすべて!そしてこの世はカネがものを言う、物質世界。感情はあくまでも物質的な豊かさに付随するものでしかない。だからこそ勝ち組と呼ばれるステータス各種を満たして、リア充として君臨する(ことを目指して全力を注ぐ)のがもっとも賢い在り方なのだ!現世的なモノサシでできるだけ上とされるものを手にいれることだけが、価値のあることだ。カネもないくせに愛情がどーたら、なんて精神論のすべては負け犬の遠吠えにすぎない』みたいな路線を信じ込む)

が。

マスターの魂を持って生まれてきてる人の場合、目的はこの世の卒業ではありません。

ここが厄介なんだよね。

スピリチュアルに傾倒する人ほど、ここを履き違える。

あえて、自覚的にはスピリチュアルな路線とは距離を置き、ただひたすらに自分の選んだ〜〜というキャリアを邁進する……という、一見、現世利益に呑まれたような在り方をしている人のほうが、実はマスターとしての本分を果たせているものだったりしてw

だから、現役生でスピリチュアルに目覚めて「霊的成長、魂のクリアリング、波動を上げて……」とやってる人たちに混ざって(気が合う者同士だから、居心地は良いよぉ〜)、

「うん!ちゃんと霊的なことを重んじた生き方ができてるし、これでOK牧場!」

となってると、実は……という罠。

もちろん、マスターにはマスターで、天界の中での階級を上昇するために、この世で得られる学びはあります。
マスターの魂を持ってたら成長しない、というわけじゃない。
ただ、その学びを得る方法が、いわゆる現役生たちにとって望ましい頑張り方とまったく同じでいいんかいな、ってこと。

得られるといいですよねー。(棒読み)

「えっ!?違うんですか?じゃあどうすればいいんですか?」

ねぇ、そこで「犬のウンコをひたすら食い続けること」って誰かから言われたら即、鵜呑みにして犬のウンコ食いまくる日々を送るの?

そうじゃないなら、なんで聞くの?どうして自分でなんとかしようとしないの?自分には能力とか知識がないからって?ふーん。

泉野明「知恵と勇気はどうしたんだよ」
関連記事
スポンサーサイト