神聖幾何学カードリーディングの感想いただきました

紹介します。

漠然とした、なんともいえない不満や不安が湧いては消えて、の日々を送っているという方からの依頼でした。

結婚を考える時期にさしかかり、このまま惰性で生きていてよいのか、親の勧めに従って受け身で誰かと結婚してしまうのでよいのか、などを考えたことが契機で、「いま、自分が置かれている状況は、自分のどんな意図が創り出しているのか。何を伝えるためのメッセージなのか」を読み解くという意図で、カードリーディングを依頼された女性です。

お世話になっております。
カードリーディングのセッションを受けさせていただいた者です。
昨日は貴重なアドバイスをありがとうございました。

先ず自分の思考がこんがらがって変になっているということに気づけて
(相談メニューに、カードセッションかヒーリングセッションかどちらを選ぶべきかも混乱していたので)
我に返ったという感じがしています。

自分の考えの幼稚さやレベルを思い知って痛いなと思う部分もあるのですが、
お話いただいたことを思い返して今とても腑に落ちています。
自分では自分ことを全然見れないので、
言っていただけて本当によかったなと思います。

おまけに、と言って話された
「『こうなってればいい』っていう基準がなかったら、
全部について不満足感が出てしまう。
『自分の考えを持っていない』というのは
自分が痛い目を見ること」
というところが目からうろこでした。
今度こそ結果が得られるようにがんばりたいと思っています。


あざーす。

この方の場合、「何がどうなっていれば満足、どうなっていないのが不満」という価値基準というか、生きる上でのポリシーが何もないままで、漠然と「すべての不満が消えて、満足感に満ち、幸せで充実した日々を送れるようになるのが幸せ。その日が早く来ないものだろうか」と待ちくたびれているようなところがありました。

が、自分がまず、何を良しと思うのかがないと、どんな現実が訪れても満足できないんですよね。
何が満足かを自分自身で把握していないわけですから。

その点が浮き彫りになる&感想をいただいたクライアントの方に気づいてもらえたカードセッションでした。



カードリーディングは、特定の相談内容を自分から投げかけるほど明確に状況を理解できておらず、ただなんとなく今、置かれている状況や、なぜか持ち上がってきてしまってなかなか去ってくれないトラブルなどが、どういうエネルギーで構成されているのかを全体的に雰囲気的にまず、把握できます。

そこから、問題を特定し、その問題を引き起こしていく自分自身の思考や行動などの問題点にアプローチしていくこともできます(ただしその場合はヒーリングセッションを別途、提供することになるかと思います)。

し、単に状況を読み解けたことで、ピンときて自分なりにどう動けばいいのかのアタリがつくようになる、という場合もあります(つまりカードリーディングだけで完結する場合)。

他人に指摘されると心や耳が痛い、という鋭いコメントなども出にくい(←何をどう受け止める感性をクライアントが持っているかにより個々人で印象は異なりはしますが)ですし、スピリチュアルな専門知識がないと理解できないというような難解さもありません。

その意味では、初心者の方でも気軽に?受けていただけるメニューかなと思っています。

あるいはスピリチュアルなワークをいろいろやっている方でも、今の全体的な状況についての客観的コメントを欲しい、という場合には有益になると思います。

いろいろなカードが世の中にはありますが、神聖幾何学カードは、特定のモチーフやイメージに意味合いを特定するというよりは、カードの文字通り、

「ここにこういう神聖幾何学(およびその神聖幾何学が司る性質)のエネルギーがあるよ」

を、まるで状況の写真を撮るように収め、表してくれます。

その意味では、抽象度が高いともいえ、読み解く側のスキル(カードの意味をテキストで暗記するというよりは、カードのあらわすエネルギーの波形(すなわち神聖幾何学)の意味合いと、それがクライアントの特定の状況に現れているのがこの場合は何を示しているのかを把握する、エネルギー読みの能力)が問われやすいカードでもあるのかな、と思います。

普段、カードリーディングをせずに直接、エネルギーを霊視してセッションを行っていますが、メモがてらというか、あるカードがそこにあり、目で見えるというのはプラクティショナーとしても、「メモをもとにプレゼンをする」ような安心感があり、話がいつのまにか脱線していくことの予防策としても機能するなぁ、なんて思ったりして。

そんなこんなで神聖幾何学カードは、日本では非常にマイナーなカードではありますが、個人的には重宝しています。

ちなみに私、創始者から直接「日本でこのカードリーディングの仕方を教えてもいいわよ」と許可をいただいているのですが、口ばっかりで一度も誰にも教えたことがありません。ぽてちん。
関連記事
スポンサーサイト