エンパスリンク(想念ポータル)を解除する

ドラえもんの「どこでもドア」みたいに、ある人の思考やエネルギー体に渦巻く想念をテレポートさせる、ポータル(扉)がある、つくれる印象。

私は「想念盗聴器」と称して自分でそういう装置をエネルギー的に開発し、他人に埋め込み、あるいは部屋(会社のオフィスなど)に設置して監視カメラよろしくその場にいる人が何を考えどんなエネルギー状態でいるかを常時監視するということを、会社員時代に(ある会社がどういう意図エネルギーの織り合わせで成り立ち、成長していくかを見るため)やっていましたw
(シレッと書いてますが、基本的にはこれ、マナー違反ですので)

意図的でなくとも、「私の想いをわかってほしい!」という自己顕示欲やら承認欲求やらが強い、サイキックな素養が知ってか知らずかある人たちは、こういった装置をつくりだし、お目当ての人に埋め込む(埋め込まれた側は、埋め込んできた相手の想念に強制的にエンパスし、もっと酷いと思考をジャックされる)……ということを、無意識のうちにしていることがある模様。

で。

個人的に、昨年の秋からダイエットというか、「もう太らない、普通にしてて健康健全な体&心でいられるようなカラダづくりプロジェクト」に取り組んでるんですが、その成果が本格的に現れはじめ、痩せてきたんです。
それに伴い、脂肪などの肉体組織(を構築するエネルギー)に付随していた、過去の記憶や、冒頭に述べた装置(他人から受け入れた)やらも、部屋を大掃除したときみたいに出るわ出るわで。

なかでも今年に入ってからは、自分の思考(の集大成である価値観、パラダイム)や記憶とはまったく関係のない想いがこみ上げてきて「これ誰の想念?」となることが増えたりして、想念デトックスのヤマ場といえる状況が。

そのなかで、この記事冒頭で触れた「装置」の解除を徹底的に行った、という次第。

そしたら、もう名前も覚えてない、「そういえばどこかでこいつと会ったことがあったような」というレベルの人由来の装置が、まさかまさかで、わんさと出てきました。
(相手が入れてきたのか、それとも自分のほうから『この人の想念を盗聴エンパスしよう』と勝手に作って持っていたのかも、もはやわからない)

どういう人の想念を転送してたかというと、一様に、太っている男性が多かったです。仲がいいとか格別気になるとかでは全然なくて、むしろ自分からすると「あんまり尊敬できるタイプの人間じゃないから、特段、キョーミなし」と思ってたような扱いの人々。
性格的には、どちらかというと「問題あり」という感じで、不機嫌で短気、思い込みが激しかったり、衝動的に周りの迷惑も考えず自虐的なことを言ったりしたりする、お騒がせタイプ。それか、陰気で、自分では何もできないくせに、活躍している人や明るくてみんなから好かれている人のことを「じー」っと恨めしい目で睨むような陰険な人。

入ったのは20代以前と思しく、その頃はわざと「悪徳とは何か」がわからずわかりたくてわざと問題ある人を選んで徹底的にそういう人を観察したり深掘りしていくような付き合いを積極的に選んでいたので、合点がいくといえばいくのですが……。物好き過ぎやで?

(ちなみに私が今の体型になったのは23歳のとき。半年間で半ば意図的に25kg、太ろうと思って太ったという経緯があります。まさにこの頃、わざーと、問題ある、よろしくないと感じる人たちと付き合いを持ってた)

汚染、と言ったら都合がいいのかもしれませんが、実質、今の自分の波動とはあまりにも、、、なエネルギーを、転送してゴンゴン、自分の内部にゴミ集積所ばりに溜め込んでいたんですね。そりゃ痩せないわ。。。w

さらに。

太った、性格の悪い男性シリーズが終わったと思ったら、その翌日は(実際には体験したこともない)演劇関係の嫌な夢を見る羽目に。

どれだけ稽古しても「まだまだ!頑張ろう!」と、洗脳されて狂ったように言い続ける周りの劇団員(←あいかわらず、知らない人ばっかり)を、どうやらその劇団の一員であるらしい自分が内心、ドン引きして見ている、というだけなんですが。
(そして、たいしてすごいとも思えない、さっきと代わり映えしないと感じる演技を誰かがしたとき『すごい!よくなったよ!』と周囲が盛り上がり、それを見てさらにドン引きというか)

で、ふとするともう周りに人がいなくなって、別の稽古場でリハーサルだかを始めてしまっており、出遅れた自分がヒヤリとする。
遅刻の言い訳を頭の中で考える。考えつつ、「なんで、ほんとは嫌なのに、言い訳なんて考えて、こっちが向こうに謝らなきゃいけないんだろう?」という根本的な問いも浮かんでいる。

その、なんともいえない居心地の悪さで目が覚めたり。

これってたぶん、演劇関係で付き合いを持った(どちらかといえば売れておらず食えておらずパッとしない路線で、ただ情熱だかに任せてほんとはやりたくないのに無理くり『やるって決めたから!』を引きずって痛々しく演劇活動にまだ勤しんでる)人たちにつながるポータルが、まだあるってことみたいだなぁ……と。

ようするに、段階に応じて解除できるようになる(条件が整うと、解除に向けての『問題発見→原因究明→対処法の立案→実行→任務遂行できたかのチェック→必要に応じてやりなおし→完遂』が訪れる)ということみたいです。

それでいうなら、太って不機嫌で性格の悪い男から学べるものは終わり、また自分自身がそういう属性をあえて帯びて、後ろ暗いしみったれた有様で生きてみるという目標?課題?は、終わりきった印象。
(なんていうか単純に、『普通に、良いものを求めて、幸せになっていきたい、人から好かれたいと願っているのに、どうしてわざわざ不利な在り方をしてしまうんだ?ナンセンスじゃないか。わけわからん』という感慨を持っていて、どうしてか知りたかった+しみったれた人生を成立させるため、自分がいわゆる『明るくて性格もルックスもいい人気者』な路線でいるとダメだからそういう人たちのエネルギーを借りた……らへんの理由。でもそのプロジェクトは満了ってことでw)

代わりに、「芸事を、たとえ避けられない苦労があるとしても磨いて体得していくことは目指したい。が、必要な苦労と不要な苦労というか、切り分けがいまひとつできていない」のもあり、同時にそこに何か答えを見出すタイミングでもあるのであろうから、演劇関係の知人からの想念ポータルの問題が浮上してきた、ということでもあるみたいで……。

自分の守護霊やらハイヤーセルフやらの意向でいうと、

「もう、他の誰かのエネルギーを身にまとう必要はない。むしろ、そうした『他のもの』を脱ぎ去り、自分自身のエネルギーを純度100%で周りに示す段階に来ている」

的なものらしく……。

不要な、外部の想念(で取り込んでしまっているもの)を吐き出す、エネルギーデトックスが今年のテーマみたいです私。

で、今の私のような、「不要なエネルギーエンパスのリンク」を解除するのがテーマの人は、他にもいるんじゃないかなぁ、ということで書いてみた次第でっすル。
関連記事
スポンサーサイト