図解 頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?

読みました。
   ↓
図解  頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?図解 頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?
(2014/11/06)
高橋 政史

商品詳細を見る

タイトルが問いになってますが、要するに勉強でも仕事でも、「フレーム(=思考整理の本棚)」を頭の中に用意して、入ってくる情報をそのフレームごとに分けて受け取ることで、情報の断捨離が図れ、必要十分な情報だけを、パッと見てわかる(≒再現性が高い)ようにやるのが肝で、方眼ノートはその作業をやりやすいということのようです。

もともと、書籍
頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?
(2014/05/26)
高橋 政史

商品詳細を見る

で出版されていたものを、図解になおしたのが冒頭に紹介した本です。

図解されている分、

要は何をどうすればいいのかがわかりやすい

のがメリットでしょうかね。

この図解で出てくる方眼ノートの見本は、PDF形式で特典ページから無料でダウンロードできます。



個人的には、

・ノートはA4以上の大きさのものでとる(A6以下の小さいノートを使わない)
・縦長より横長で使う(ほうが、人間の視野の都合上、全体を把握しやすい)
・1見開き1テーマでまとめる
・ペンは3色で、色ごとに意味づけをして使い分ける(4色以上使わない)

らへんが参考になったっちゃなったかなぁ……。



ちなみにこの本での「頭がいい」とは、東大生や外資系コンサルタントという名称で括られています。
(そういう属性の人たちが本当に頭がいいのか。もし頭がいいとして、それはどんな意味合い、定義においてなのかはまったく本のなかで述べられていないのが残念ですが)

つまり、

そもそも物事には整理分類しうるフレームがある、という前提で事象を把握して整理するタイプの頭の良さ

のことを指しているようですね。

その対象範囲内のこと(勉強や、論理的に説明がつく類の会社の仕事)をするうえで能率を上げたい人には、知っていて損のない情報かもしれません。

まぁ、

本当に頭のいい人が、そもそもノートなんかとるか?

って疑問は置いておくとして。

天才でなく秀才という意味での、頭のよさ、ってことなんでしょう。

凡人がコツコツ、「やれば誰でも到達できる」レベルの範囲内でできるだけハイパフォーマーを目指すという意味で、このノートで悪い例としてでてくるようなノートの取り方をしている(頭の中身を持っている)くらいなら、騙されたと思ってこのノート術のとおりに仕事や勉強をやってみてもいいかもしれません。

できるコンサルタントは、「1万枚の法則」から生まれる
(1万枚、ノートをとるという実習を積めば、できるコンサルタントになれる)


という情報も出てきます。

何事も継続して研鑽を積んでこそ、のようですよ。

ちなみに私はノートをとるということを、大学卒業までまるっきり、してこなかったので、参考にしよう……かな。。。(すっごい後ろ向き)

個人的には、

枠や線があるノートを使うと、そこで脳の思考が制限されるから、無地のを使うべし

という、どこぞで聞いた情報のほう(この本には当然、載っていません)を信じているので、なんとも……。

P.S

この本の著者とナカバヤシがコラボして、

高橋 政史 × Nakabayashi ロジカル・シンクノート A4サイズ ヨコ ブラック・ブルー RP-A402DB高橋 政史 × Nakabayashi ロジカル・シンクノート A4サイズ ヨコ ブラック・ブルー RP-A402DB
(2014/09/04)
ナカバヤシ

商品詳細を見る
高橋 政史 × Nakabayashi ロジカル・シンクノート A4サイズ ヨコ ブラック・グレー RP-A402DN高橋 政史 × Nakabayashi ロジカル・シンクノート A4サイズ ヨコ ブラック・グレー RP-A402DN
(2014/09/04)
ナカバヤシ

商品詳細を見る
※これら2つの違いは、方眼が灰色(グレー)か青(ブルー)かの違いだけ

が発売されています。

この図解のとおりのノート術を身に付けたい人は、使ってみては。

ご参考までに。
関連記事
スポンサーサイト