パリギャンのエネルギーペインティング&リーディング

してもらいました。

パリギャンのことは、ググるといろいろ出てきますね。日本でも何人かがホスト役となって、来日時のワークショップやセミナー、セッションのコーディネートをしてるみたいです。

さて本題。

1時間12000円とゆう大金を払って、観てもらいましたよ!!

観えたエネルギーを絵にしながら言葉で説明するスタイル。

ちなみにできた絵はこちら。
   ↓
IMG_0145.jpg

決して、小学生が便所に描いた女性器の落書きではありません(たぶん……)。

Θマーク?

まぁいいや(雑)。

これね、話しながらどんどん描きたしていくので、最終形を見るとかえって意味がわからない感じなのね。

順を追って、何を言われたか記録してみようっと。

ちなみに、エネルギーを読み取るや否や、パリギャンが

「うわぁ、難しい……。どう説明すればいいのか頭が混乱する。こんなエネルギー組成の人は見た事がない。普通はエネルギーの源泉みたいなもの(といって両手で球のようなものをつくる)は1つなのに、あなたはいくつもある。そのそれぞれが複雑にエネルギーを放っていて、それらが織り合わさってるので、模様を紐解くのが困難だ」

と。いや、そこはどうにか頑張って(金払ってんだから)、と祈るような気持ちでセッションスタート。

【前半:エネルギー組成についてのリーディング】

■1:素のエネルギー状態

ほとんど隠れて見えませんが、ちょうど横の青い線と縦の赤い線が交差するあたりに茶色い小さい丸が描かれ、それが素の自分のエネルギーとのこと。

「ソフトで優しい。良くも悪くも境界線をひかず、世の中のありとあらゆるものを受容し、溶け込む。オールマイティにどんなエネルギーともうまくやれる一方、無個性に感じて自分が何者か、何がしたいかを見失いやすい。また主張が弱く、そもそも自分が何を主張したいのか、何を考えているのか見失いやすいので、強い外界や他人のエネルギーに振り回されやすい。本性があまりにシャイなため、自分の想いを表現することに躊躇う。それでいて、自分の思い通りにならないことに焦れて、抑圧された怒りが溜まっているため、すぐにキレやすい」

と。なんか当たってる感じ?

で、これまたほとんど隠れて見えませんがその茶色い球を覆うように、群青の線をスッスッと引きながら

「ここより奥(絵だと、下に相当)に、何か途方もない力が隠れてるのを自覚しているが、それが現れるのを怖れている。もし現れてきたら、その強大な何かが自分を乗っ取り、取り返しのつかないことをしてしまうのではないかと思っている」

とのこと。ほうほう。

そこで画面左側にカタカナの「ノ」みたいな黄緑の線を描きながら

「これは、自分で発している、エネルギーによるプロテクト。あたかも自分はたいしたことのない人間だ、と振る舞ってみせたり、霊能力者が霊視しても自分の本当の内面(前述の、『自分の奥深くにある、途方もない力』を自分が持っているということ)を他人に気付かれないように、自分の本性を隠すことに徹している」

と。なるほどなるほど。

さらにその上にこげ茶色で毛みたいなのを描きつつ、

「あなたにとっては外界にあるものは、くだらない、がっかりさせられるものに映っている。また、自分を見失いやすく自律できる自信がなくなると、同時に『他人からコントロールされるのでは』と怖れ、他人を拒絶し、排除しようとする。いま描いてるのが、そのエネルギー。とにかくこの世の余計なものとは一切、関わりたくないといって、常に『あっちいけ!しっしっ!!』と、周りのものすべてを追い払い続けている」

と。

そこで画面下部の青い横線をガシガシ描きながら

「そういうことのすべてが面倒だから、『自分はなんでもないから放っておいて。たいしたことのない無力な存在だから相手にしなくていいよ』といって、あくまでも自分の奥底にある、本当の何かが湧き上がってこないように、埋め立てている」

と。

さらに、あんまり見えないけど、緑でグチャグチャ塗りつぶしたようなものを描き、

「これは、彼女があなたを(弱い存在だからかわいそうだと思って)こうすればあなたでも自信を持てるよといって、良かれと思って吹き込んだ想念」

と。具体的には、

「スペシャルな何者かになることで成功とみなすとか、華々しい栄光を手に入れれば、(無力で弱い、哀れなあなたでも)せめて生きてる実感を持てる……と、その彼女が思ったみたい」

と。

これすごい納得!!

自分がまったく演劇好きでもないのに役者として売れるべきだと思ったり、音楽を習ってもいないのに音大を出てピアニストになるべきだと思ったり、よく考えたら自分の意見じゃないものに振り回されてた10〜20代だったわけだし。

でも「彼女って誰ですか?」と聞いても、目をそらして答えてくれなかった。

でも内心、「だろうな」と思った。心当たりがある。まぁそれについては、機会があればそのうち(といって書かない罠)。

パリギャンは緑のぐちゃぐちゃを指しながら

「彼女の言う成功は、あなたが望んでいることではない。あなたは、(彼女の言うような)成功をする必要がない。ただ人生を楽しめばいいのだ」

You don't have to succeed.Only you just enjoy your Life.

と。これは以前の自分が聞いたらがっかりして怒り狂うところなんだろうけど、今はむしろ「だよね?でしょ?」と納得&激同。

■2:守護されているエネルギーと高次元?神?とのつながり

高次元や神という単語をパリギャンが使ったわけではないのですが、まぁそういうことだよね的な。

まず右上の黒い丸。

「これは、あなた自身ではなく、外からもたらされたエネルギー。あなたを護っている。黒で描いているのは、暗く観えるから。でも黒といっても、邪悪なものというわけではなく……一見たしかに邪悪なもののように観えなくもないけど……そういうものではないみたいだ」

との謎の暗示w

そこに、ピンクで前述の茶色い丸(素のエネルギー)と黒い丸を結び、

「これはあなたが、『自分は弱いから、この守護のエネルギーが必要だ、と求める気持ちのエネルギー」

と。

むむぅ。このへん曖昧だけど、なんか明らかにしたいなぁ。。。

そのあとで縦に黄緑や水色の線を引き、

「これはあなたが『繋がって』(←どこに、かは言わなかった)、エネルギーを降ろす管。それが磐石にできている。まるで頭上に花が咲いているように、受け取れる」

と。まぁね、それでメシ食ってますからね。ひと安心w

それから赤い線を上描きしながら

「火のエレメントのエネルギーが降り注いでるね。これは自分の怖れやバリアを貫通して、自分の一番奥底にまで到達している」

と。これもまた苦笑い。

その、黄緑〜水色+赤の縦線を指しながら

「これは、あなた自身というよりは、リアルなあなた。あなたを超えている(beyond)あなたの在り方」

と。内心「へぇ、鋭いじゃん」とニヤリ(←何様だテメエ)。

ここまでが基本的なエネルギー組成、ということで、ひと段落でした。

前半のまとめとしては、

「あなたはこの(縦線を指して)、リアルなあなた、真のあなたの軸をもう、見出している。あなたは計画する必要がない。その日その日に自分が何を成すべきか、成したいかを本質的には知っていて、このリアルな自分やエネルギーを受け取る状態になりさえすれば、それができる。頭で考えたり、意義を見出そうと理屈をこねる必要がない。しかも、このリアルなあなたが願うこと、やりたいと思うことは、エゴとは全然違う。神聖な意図により、何を自分が成せばいいのかをクリアに見渡せる。頭で考えるとかえって、このリアルな自分とのつながりが弱くなり、他人の言うことや自分の見聞きするもの、入ってくる情報やエネルギーに影響されてフラフラしてしまう。あなたは人一倍、繊細な感覚をすべての方面に対して持っているから、リアルな自分とのつながりが弱いときに少しでも周りで何かが起きると、あっという間に方向を見失って迷走する」

と。いやーん、当たっててまいっちんぐー、的な(棒読み)。

【後半:自分の意思のエネルギーのリーディング】

■3:軸からブレてないときに発揮される好奇心、外界への関心

画面の下半分に、でかい半円が黄緑で描いてありますが、それを描きながらパリギャンは

「あなたがリアルな自分と繋がっているときは、自分の軸をブレさせずに、外界からいろんなものを吸収しようとする、このエネルギーが生まれる。この状態なら、自分の奥底にある『途方もない何か』を見ようと思えば、圧倒されずに見ることもできる(注:黄緑の半円が、青い横線より下にも及んでいるのはそのため)」

と。

■4:本当の自分を発見する

そのあと、中央にあるエメラルド色(シアン色?)で数字の0みたいな円を描き、

「自分の軸からブレずに外界を見ることを通じて、『自分は本当は何がしたいのか、何を求めているのか』が見えてくる。心をクリアにして、深く深く、まっすぐに、逃げずに、深淵を見つめていけば、いつか『途方もない何か』が何かわかるし、それがまったく怖れる必要のないもの、それどころか、とても価値がある(valuable)ものだと気づくだろう」

と。

そのなかで

「自分がしたいことはなんだろう、とか、自分は何色が好きなのか、とか……」

と、たとえばの話をいくつも列挙してくれたんだけど、急に?きっぱりした口調で、そして明確に、

「自分は本当はどんなジャンルの音楽が好きなのかに気づくのが次のステップだね」

といって、こちらを真剣な面持ちで見つめた。

おお、やっぱりそこ来るか、って感じ(←もっと真剣に受け止めろよ!)。

そこで、時間よりちょっと早く話すことが終わってしまったのを気にかけたのか、

「もう1回、もっと細かくエネルギー読めるかも」

といってこちらの手をとってリーディングをしてくれたんだけど、

「うーん。これがすべてだね。とにかく、本当の自分、真の自分のエネルギー状態(といって縦の赤い線を指す)からブレないこと。この、ブレないってことだけがすべてだ。そうすれば、すべてがうまくいく」

あんまり抽象的?都合のいい?ことを言ってるなと自分でも思ったのか、ちょっと首をかしげるように、また申し訳なさそうに苦笑いしながら、「もう、これしか言うことが残ってない」と言ってくれてセッション終了。

まあでも1時間のところ、56分やってくれたから、いっか。
(あくまでケチな私)



セッションを終えると、今回パリギャンをコーディネートした、テイクイットイージーの鷲尾さんから

「差し支えなかったら、描いてもらった絵の写真を撮らせていただけますか」

と言われ承諾。

絵を見るなり、

「えー!!初めて見る。こういうのを描かれた人は初めてですよ」

と驚かれた。ああ、そうですか(雑)。


この日は朝から、自転車やら車やら、いろんなものに轢かれそうになり、またこちらも

「べつに轢いてもらってもいいんだけど?」

と、ぞんざいな感じでいたんだけど、なんだろうね、このセッション聞きたくないブロック的な想い故かしらね。
(他人事感100%)

あー、でもまさかの?「自分の内面を見たくない」なんてありがちなエネルギー状態に、ここまでまんま、自分が当てはまっているなんて心外だわ……。(←ここに来てまさかのプライドw)

まあいいや。なるようになるさ。しょせんはこんなの気休めだもんね♪(←出たー!!女の気まぐれいい加減)

そんなこんなで、珍しい体験となりましたとさ。テヘペロ♪
関連記事
スポンサーサイト